女性27歳「関係が近い距離の人と最終的に関係性がこじれてしまいます」【黒田勇樹のHP人生相談 118人目】

【黒田勇樹】「執着」と「情」について検証してみましょう。


 昔、コールセンターのちょっと偉い人のバイトをしていた時に「黒田君、他の同僚の倍ぐらいミスがある」と偉い人に呼び出されたので、数字を出し「皆の5倍の件数を処理しているので、2倍のミスなら、パーセンテージにするとミス率も僕が一番少ないです」と、突っ返したことがあります。

 わかりますか?

 分母が多いと、エラーの件数も比例して増えるということ。

 そして、何事もその事柄について、冷静に俯瞰して挑まなければいけない、ということです。

 そもそも人づきあいが好きで、多くの人と関係を持つタイプの相談者さんであれば、その分だけこじれる相手が増えるのも仕方がないことというのをまず理解して下さい。

 さて、その上で出来るだけ成功率を上げていくために過去のデータを振り返りたいところなんですが…

 話が、全部、主観!!!

 主題にいる親友さんとこじれたことについても「こじれた」とは書いてあるものの具体的なエピソードや原因の考察が全然書いてない!

 最初はいっぱい“現在も”いるように書かれていた「親友」たちも、途中では「皆とこじれた」みたいに書いてあり、「え?結局親友は皆、いなくなったの?それともスーパーマリオみたいに99機ぐらいいるの!?」と実態が伝わってきません。

 そして、「いなくなった」「履いて捨てるほど親友がいる」のどちらにしても、そんなヤツに芯の人間なんか築けねぇよ!と、思います。

「執着が強い」「情に厚い」というのも主観でしか書かれておらず、本当にそうなのか、どこを直せばいいのか全くこちらに伝わってきません。

 コールセンターでよくあるんですよ

「画面が真っ黒なんです!」っていう人に「コンセント刺さってますか?」って、聞いて「刺さってます!画面が壊れたんです!」っていうから延々、話し続けて何も問題がないから「お願いだから1回コンセント見てくれます?」「あ、抜けてました」みたいなヤツ。

 僕らは、相手が決めつけていることから疑っていくタイプなので、まずはこの「執着」と「情」について検証してみましょう。

 まずはその主題にいる親友さんと、その他の親友さん。

「どんな関係だったのが」「いつ頃、どんな風に崩れたか」「その時期に何があったか」

 出来るだけ主観を捨てて「相手がこう思ったんだと思う」は書かず「こういう行動・言動があった」と事実だけ、出来るだけ多くのケースを教えて下さい。

 それと、今続いている「親友」さんたちはどんな関係なのか、これも主観は捨て、「仕事が一緒でプライベートでは週3回ご飯を食べ、話題は趣味の話」という様に教えて下さい。

 こちらも出来るだけ多く。

 「親友」じゃない人については、一切いりません。

 多分、書き出している間に自分でも色々思うところがあると思いますが、そこで脱線せずに、まずはこの「親友リスト」をお返事頂ければと思います。お待ちしております。
黒沢清監督「スパイの妻〈劇場版〉」!蒼井優のココが凄い!!【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】
マスクが臭くなるほど泣いた「劇場版「鬼滅の刃」 無限列車編」の“ここが素晴らしい”!【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】
“全ッ員”に観て欲しい超傑作「ミッドナイトスワン」で想う“映画”という概念!【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】
五感に訴えかけてくるドキュメント映画「ジャズ喫茶ベイシー Swiftyの譚詩(Ballad)」!【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】
語り合いたい衝撃作「窮鼠はチーズの夢を見る」!【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】
女性28歳「人の名前が覚えられません」【黒田勇樹のHP人生相談 122人目】