ZOOM映えは立体感が命?プロが教えるヘアメイクのポイント

「Beauty Connection Ginza」のオンライン美容レッスンで講師を務める石橋千紘さん
 東京・銀座の「Beauty Connection Ginza」では、現在、無料のオンライン美容レッスン開講中。初回は人気スタイリスト・石橋千紘さんを講師に、「ZOOMで映えるヘアメイク・小顔講座」というテーマで約30名の女性が参加した。

照明やカメラ位置は超重要

 石橋さんははじめに、照明やカメラ位置のポイントを解説。まず、照明の真下に座るのは絶対NG。光が真上から差すことで、目のくまやほうれい線が影になり、余計に際立ってしまうそう。ポイントは、自然光。昼間の会議であれば、部屋の中で自然光が当たる位置に座ることで、顔色を明るくでき、肌に艶感を出せるという。部屋の間取りで自然光が入らないという人や夜の会議には、卓上ライトがおすすめ。ライトをつけたスマートフォンを自撮り棒などで固定して、直接顔に当てず、壁に反射させることで、自然な明るさになるそう。

 また、パソコンの高さも重要なポイント。下からのアングルで二重あごが気になるときは、パソコンの下に台を乗せるなどして、顔と平行の高さになるようにすると、小顔効果あり。画面の角度もなるべく垂直にして、下から煽る映りをとにかく減らすのが大事だそう。
各界をけん引するリーダーに<Beyond コロナ>へのアイデアを聞きます
コロナと共存・共生していく<With コロナ>の具体的な方策をシェアします
東京都、営業時間の短縮と都外への外出自粛要請を解除へ
GoTo開始から1ヶ月。小池知事が評価語る
小池知事、虹色ステッカー掲示店の見回りを強化
株式会社KSR副社長 新羅真二(湘南乃風・若旦那)氏「日本人のマイノリティーの叫びを拾い、自分のワンマンライブをデジタル化していきたい」