ZOOM映えは立体感が命?プロが教えるヘアメイクのポイント

小顔メイクはハイライトとローライトがポイント
立体感でZOOM映え!小顔メイクのポイント

 つづいて、メイクポイント。石橋さんによれば、ZOOMなどのオンライン画面は、肌補正機能はあっても解像度が低いため、立体感が出しづらいという。そこで、「ハイライトとローライト」で顔に立体感を出すことが、小顔への近道だとか。まず、ハイライトは、鼻筋の最も低いところ(目と目の間)、目頭、頬骨、顎先、上唇中央の上(谷型なっているところ)の計5ヶ所。この5つに明るめのファンデーションやハイライトパウダーをのせることで、光を集めて高さを出すことができる。

 一方、暗めの色で影を出すローライトは、頬から顎にかけてのフェイスラインのほか、こめかみにも忘れずにのせる。目元に向かって、三角形を描くように中に入れ込むのがポイントだそう。実物だと濃いめになりがちなローライトでも、画面越しだと違和感なし。いつもよりしっかりメイクで丁度いいと石橋さんは解説する。
各界をけん引するリーダーに<Beyond コロナ>へのアイデアを聞きます
コロナと共存・共生していく<With コロナ>の具体的な方策をシェアします
東京都、営業時間の短縮と都外への外出自粛要請を解除へ
GoTo開始から1ヶ月。小池知事が評価語る
小池知事、虹色ステッカー掲示店の見回りを強化
株式会社KSR副社長 新羅真二(湘南乃風・若旦那)氏「日本人のマイノリティーの叫びを拾い、自分のワンマンライブをデジタル化していきたい」