ZOOM映えは立体感が命?プロが教えるヘアメイクのポイント

顔まわりのくびれで小顔ヘアに
ひし形ヘアで小顔効果大

 ヘアセットにもポイントが。石橋さんによれば、ひし型シルエットでくびれを意識すると、小顔効果が出せるという。ポイントは、顔まわりと分け目。まず、顔まわりは、前髪横の毛束を少量とって、アイロンで外巻きに。次に、もみあげの毛を取って、ふわっと浮かせるように巻く。このとき、アイロンを横向きに持つと巻きやすいそう。この2つをおさえることで、顔まわりの毛にくびれができる。

 また、分け目は、いつもの分け目より指一本分ずらし、ジグザグに分けることで、トップにボリュームが出て、ひし形シルエットを強調できる。少しでも小顔に見せようと顔まわりを隠そうとする人が多いが、曲線を描いて適度に顔を出す方が、目の錯覚で小顔に見えるそう。そのほか、前髪ぱっつんの人は、左右に分けるなどして、いつもより前髪の量を薄めにすることで、またショートヘアの人は、左右どちらかを耳にかけることで、垢抜けた印象になるという。

 外出自粛で新たなTPOのひとつになった画面越しでのコミュニケーション。ポイントをおさえることでぐっと洗練された雰囲気になるので、今日からWEB会議で、オンライン飲み会で、ぜひ取り入れてみて。
<<< 1 2 3 4
各界をけん引するリーダーに<Beyond コロナ>へのアイデアを聞きます
コロナと共存・共生していく<With コロナ>の具体的な方策をシェアします
東京都、営業時間の短縮と都外への外出自粛要請を解除へ
GoTo開始から1ヶ月。小池知事が評価語る
小池知事、虹色ステッカー掲示店の見回りを強化
株式会社KSR副社長 新羅真二(湘南乃風・若旦那)氏「日本人のマイノリティーの叫びを拾い、自分のワンマンライブをデジタル化していきたい」