原宿カルチャーはコロナをどう乗り越える?

ラジオで日本を元気にする『JAPAN MOVE UP supported by TOKYO HEADLINE』
「日本を元気に」を合言葉に毎週土曜日午後9時30分からTOKYO FMで放送中。
ナビゲーター:一木広治/Chigusa
第372回5.16 OA 中川悠介(アソビシステム社長)
 きゃりーぱみゅぱみゅや中田ヤスタカらが所属する、アソビシステム。代表の中川悠介さんをゲストに、エンタメ業界がコロナウイルスとどう向き合い、乗り越えていくかを語りました。海外公演が延期になるなど、深刻な影響を受ける音楽業界。そうした中、「こういう時だからこそいろいろなことを考えるチャンス」と前向きな中川さん。「これまでの固定概念の中で動いていることに気づきました」と語り、座席ごとのチケット価格の変化や、オンラインLIVEの取り組みなど、今後へのアイデアも。原宿の街が生み出す「HARAJUKU CULTURE」は、さらなる進化を遂げて世界に発信されそうです。
「JAPAN MOVE UP!」では、コロナウイルスとどう向き合い、乗り越えていくかを考える「BEYONDコロナ」プロジェクトを推進中!
毎回ゲストの皆さんに「BEYONDコロナ/アクション宣言」を聞いていきます。

ポッドキャストも配信中!! 未公開音声もノーカットでお届けします!!  http://www.jfn.co.jp/moveup/
SDGsと未来を議論【JAPAN MOVE UP】
BEYOND 2020 NEXT FORUM 総合セッションの模様をお届け【JAPAN MOVE UP】
浜松コラボの新メニューとは?【JAPAN MOVE UP】
スモールワールズTOKYOで佐藤寛太も興奮!【JAPAN MOVE UP】
堀潤氏の見つめる震災10年
文系理系の枠超えた人材育成 朝日透氏(早稲田大学教授)