夏の風物詩が常設化!アートアクアリウム美術館 8月28日オープン決定

 東京の夏の風物詩として親しまれてきた、ゆらゆらと泳ぐ金魚たちとアートが融合するアートアクアリウムが常設化、「アートアクアリウム美術館」として、8月28日に、東京・日本橋に開業する。これまで期間限定で多くの人を楽しませてきたが、常設となることで、年間を通じて四季折々の楽しみを提供してくれそうだ。

 これまでの日本橋会場と比べると広さは約3倍となり展示空間は過去最大、アートアクアリウム史上最大の3万匹を超える金魚が出迎える。館内はエリアごとにテーマが設けられ、アートアクアリウムの基本コンセプトである江戸の花街を象徴するエリア、所蔵作品から過去の人気作品を選んで展示する企画エリア、さらには圧倒的なスケールかつ神秘的で幻想的な空間演出で不思議な感覚が得られるエリアなどが登場し、それぞれの世界観で楽しめる。伝統芸能のパフォーミングアーツが楽しめたり、カフェラウンジ、オリジナルグッズが揃うショップもある。

 総合プロデュースは、木村英智。

 公式サイト( https://artaquarium.jp/ )では現在、枚数限定でオープン記念限定チケットを販売している。
1 2>>>
世界で一番有名なペンギン「ピングー」 松屋銀座で40周年を記念した展覧会
個性派施設が続々登場!「アトレ竹芝」グランドオープン
「ブルーノート東京」から週末のディナーが自宅に届く「STAR TABLE」オープン
“黄金の梅”とライムが香る 期間限定の「かき氷パフェ」が登場!
縮小する喫煙環境に挑む“初の公衆喫煙所ブランド”
横浜駅のすきま時間に!新エリア「エキュートエディション横浜」オープン