“全ッ員”に観て欲しい超傑作「ミッドナイトスワン」で想う“映画”という概念!【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】

 こんにちは、黒田勇樹です。

 多くの方に三栄町LIVE×黒田勇樹プロデュース公演「ウィルス・ブルース」のオーディションに応募していただきました。

 ありがとうございます。少しでも多くの人に気にしていただけてうれしいです。今度は僕が面白いものを作る番、ということで脚本の執筆にとりかかっています。

 構想の段階からいい感じに進んでいますので、ご期待ください。

 今週は鑑賞記です。毎度のことながら、人生相談も引き続き募集中です。

 では始めましょう。
黒田勇樹
 「ミッドナイトスワン」を観てきました。

 この映画、以前に予告編を観た時点で、強烈な磁力に引き付けられるように「観たい!」と思っていたんですが、本当に凄かった!

 よく「コメディ映画としてココが良かった」とか「ミステリーとして」と“ジャンル”で作品を語ることがあります。この映画は、分類するなら「ヒューマンドラマ」なんでしょうが…

 もうね!“映画”!!! ジャンルというか、概念として“映画”!

 ラベリングする必要のない、純然たる圧倒的な「映画という概念の象徴!」って、感じでした。

 草彅剛さん演じるトランスジェンダーの人物が、育児放棄を受けている女子中学生を一時的に預かり、バレエを通じて心を通わせていく。って感じの話なのですが

「ジェンダー」「バレエ」「虐待」と“見る人を選ぶ”感が強い言葉が並びますが、全ッッッ然関係ない!

 全員!世界というか人類というか、全ッ員!に観て欲しい超傑作でした。

 映画というのは映像と音と物語で“人間”とか“人生”とか“愚かさ”とか“美しさ”を、表現していく媒体なのですが、この映画「台詞以外の部分でドラマを伝える」という部分がとんでもなくすぐれている。

 TVドラマは途中から見ても、家事をしながら音だけ聞いてもストーリーがわかる様に「なんでも台詞にする」というのが主流になっています。

 例えば映画なら「汚い部屋に入って顔をしかめながら鼻を押さえると“臭い”」という表現になりますが、TVドラマなら「くっさ!何この汚い部屋!」と台詞にするような感じ。

 最近は“TVドラマがメインの観客に向けた映画”が、特に邦画の大作では多いので、後者の手法がとられがちですよね。

 今作は、それを本当に少ないセリフで、音楽、映像、そして、“演技”と“ダンス”という身体表現でガンガンに伝えてくる。

 ふと踊るダンスとか、ポテチが生姜焼きに変わっただけで泣けます。

 前半の「予想できる王道の展開」にも十分感動できるんですが、後半の「劇的なことが起こりまくる展開」が、その身体表現の素晴らしさで強烈に説得力を増す。

 皆さん、勿論素晴らしかったんですが、草彅剛さん、水川あさみさん、服部樹咲さん、上野鈴華さんの4人はずば抜けて「もうその人にしか見えない」という表現をされていて圧巻でした。

 ああ!文字数が足りない!観て!とにかく観て!

 映像!音!物語!演技!“人間”!“人生”!“愚かさ”!“美しさ”!全部スクリーンに映ってます!

 主人公の家にあった漫画がTS(トランスセクシャル)、まぁ、「性転換モノ」とでもいうんですかね?の殿堂「らんま1/2」だったのは「やりすぎだろ!」と、思いましたが(笑)

 超大大大傑作でした!
<人生相談の宛先はこちら
黒田勇樹に相談したい方はメールにて相談内容をお送りください。メールには「ニックネーム、性別、年齢、ご相談内容」をご記載ください。メールアドレスは「sodan@tokyoheadline.com」になります。

黒田勇樹(くろだ・ゆうき)
1982年、東京都生まれ。幼少時より俳優として舞台やドラマ、映画、CMなどで活躍。
主な出演ドラマ作品に『人間・失格 たとえば僕が死んだら』『セカンド・チャンス』(ともにTBS)、『ひとつ屋根の下2』(フジテレビ)など。山田洋次監督映画『学校III』にて日本アカデミー賞新人男優賞やキネマ旬報新人男優賞などを受賞。2010年5月をもって俳優業を引退し、「ハイパーメディアフリーター」と名乗り、ネットを中心に活動を始めるが2014年に「俳優復帰」を宣言し、小劇場を中心に精力的に活動を再開。
2016年に監督映画「恐怖!セミ男」がゆうばり国際ファンタスティック映画祭にて上映。
現在は、映画やドラマ監督、舞台の脚本演出など幅広く活動中。

公式サイト:黒田運送(株)
Twitterアカウント:@yuukikuroda23

<最近の黒田くん>


「更新頻度アップキャンペーンちゅう!」
http://ameblo.jp/kurodax-blog

「ファンクラブ始めました!
https://camp-fire.jp/projects/view/10006


五感に訴えかけてくるドキュメント映画「ジャズ喫茶ベイシー Swiftyの譚詩(Ballad)」!【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】
語り合いたい衝撃作「窮鼠はチーズの夢を見る」!【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】
女性28歳「人の名前が覚えられません」【黒田勇樹のHP人生相談 122人目】
いよいよ開幕のSSFF&ASIA2020!CG部門もハンパないぞ!【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】
女性30歳「彼氏以外の男から口説かれたことを彼氏に報告しないのは隠し事になるのでしょうか?」【黒田勇樹のHP人生相談 121人目】
ジョニデ!サムライミ!リンチ!? “泣ける”ゾンビ映画「ブラックガイアンドラ」がSSFF&ASIA2020で上映!【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】