氷なしハイボールがノンアルに!銀座のバー「ロックフィッシュ」は純喫茶として営業中

 4都府県で「緊急事態宣言」が発出され、東京都は酒類を提供する飲食店に休業を要請する中でのゴールデンウィーク。ファンの間で“ハイボールの聖地”と呼ばれる銀座のバー「ロックフィッシュ」では、急きょモクテル(ノンアルコールカクテル)を開発し、「純喫茶」として営業を続けている。

◆ ◆ ◆

 銀座・コリドー街のほど近くにあるビルの7階、十字型にスリットの入った琥珀色のドアを開くと静かなジャズが流れる。オーセンティックバー「ロックフィッシュ」は昨年の「緊急事態宣言」後、クラウドファンディングを利用してアクリル板などを設置、軽食メニューを充実させて「お食事処ロックフィッシュ」に変身し、酒類小売業免許を取得しておすすめワインを販売するなど、工夫を凝らしつつ営業を続けてきた。ところが、ここにきて酒類を提供する飲食店への休業要請。店主の間口一就さんはアルコールの提供をとりやめ、3種類のモクテルを開発して営業を継続することにした。

「当初は、アルコールを提供せずに営業できるかどうかも分からなかった。酒販免許を取っていたので角打ちができないかとか持ち込みはできないかなど、専門家にも意見を聞いていろいろな角度から調べたのですが、食品衛生法上の飲食店で届け出ている敷地内では一切アルコールの提供はできないという結論でした。(期間の)直前でお酒を出さずに営業する外食チェーンが出てきたので、うちもそうしようかなと思ったんです」

 その理由には昨年の苦い経験がある。「2カ月ほど店を閉めて6月1日から営業を再開したのですが、かなり集客が弱くなりました。またゼロからかと思うと、そういうことは二度とやりたくないので、今回は絶対閉めないと決めていました」と間口さん。

「ロックフィッシュ」の看板メニュー、氷なしのハイボールをノンアルコールで再現した「あのハイボール」900円(税込)(撮影:蔦野裕)

 開発したモクテルはハイボール風の「あのハイボール」、苦味ビール風の「ビタール」、自家製ジンジャーエールを使った「ジンジャーリッキー」の3種類。間口さんは「もともと自分の頭の中にあったレシピですが、提供したことはありませんでした。今回初めて世に出すことになりますが、味わいにはまったく問題ありません」と自信を覗かせる。ちなみに詳しいレシピはすべて秘密とのこと。

 早速、モクテル3種を試飲させてもらう。「あのハイボール」は「ロックフィッシュ」の看板メニュー、氷なしのハイボールをノンアルコールで再現したもの。ウイスキー風のカクテルベースを炭酸で割り、見た目もハイボールと見紛うクオリティ。ひと口含むと柑橘の香りとかすかなスモーキーフレーバー、キリッとした濃いめの味わいはいつものハイボールに引けを取らない。「ビタール」は、ノンアルコールビールをベースに苦みをプラスした。赤みがかった美しい液色と泡がフルーツビールを思わせ、フルーティーな香りとほろ苦さ、ほのかな甘みがクラフトビール好きにおすすめ。「ジンジャーリッキー」は、しょうがとスパイスをかけ合わせたオリジナルレシピのジンジャーエールがベース。やさしい味わいのジンジャーエールがさわやかな一杯だ。

1 2 3>>>
薪窯バーベキューと初夏限定スイーツの共演!ホテルニューオータニ東京で「バーベキュー&スイーツビュッフェ」新シーズン
日本初!「IKEA新宿」に量り売りデリのテイクアウト「スウェーデン バイツ」オープン
『PUI PUI モルカー』クレーンゲームで獲れるど〜!「namco」で日本初のアミューズメント景品に
罪悪感ゼロのスイーツがオンラインに登場!話題の「2foods」濃厚ヴィーガンガトーショコラを食べてみた
きゃりーぱみゅぱみゅがバーチャル原宿のスペシャルサポーターに就任「バーチャルで原宿を楽しんで」 
Dance&Banana!!バナナの神様で元気に!チャージ