ブラサカ日本代表、国際大会で自己最高の準優勝!Twitterではトレンド入り

5日行われた「Santen IBSA ブラインドサッカーワールドグランプリ 2021 in 品川」の決勝戦。 ©︎JBFA/H.Wanibe

 ブラインドサッカーの国際大会「Santen IBSA ブラインドサッカーワールドグランプリ 2021 in 品川」の決勝戦が5日、品川区立天王洲公園で行われ、日本対アルゼンチンは0-2で、アルゼンチンが勝利。日本は惜しくも優勝ならなかったが、世界ランキング1位を相手に善戦し、3ヶ月後に迫ったパラリンピックでメダル獲得の可能性を感じさせた。

 2018年より開催の本大会は、昨年、新型コロナウイルスの感染拡大により中止を余儀なくされ、今年は無観客で開催。全試合の模様はライブ配信で伝えられ、決勝戦では「#ブラインドサッカー」が国内Twitterトレンドランキング4位に入るなど、盛り上がりを見せた。参加国は、日本、アルゼンチン、フランス、スペイン、タイの5カ国。海外から参加する選手たちには、日本へ出国する15日前よりPCR検査を義務付け、選手や運営スタッフの一部には、一定期間外部との接触を断つ「バブル方式」を適用するなど、コロナ禍での大会運営を実現させた。

1 2 3 4>>>
東京パラリンピックが閉幕。「コロナ禍で見せる最高の大会」として歴史刻む
無観客開催で東京オリパラの大幅赤字は確実。負担を巡り国と都が綱引き
東京都と香取慎吾がコラボレーション! ぬりえでパラリンピックを応援
ユニークな多様性の祭典「パラリンピック見どころ総まとめ」【パラリンピックギア&ガイド編】
ユニークな多様性の祭典「パラリンピック見どころ総まとめ」【競技編】
パラスポーツを応援する東京都「TEAM BEYOND」。東京2020パラリンピック開会前に選手の皆さんにエール!