かなで、撮影中は草川拓弥にキュンキュン!TOKYO MX新ドラマ『デブとラブと過ちと!』

 電子書籍サイト「コミックシーモア」で累計6000万DLを突破した超人気コミックが待望の実写化! TOKYO MXでドラマ『デブとラブと過ちと!』がいよいよ11月7日(月)夜10時にスタートする。ドラマ初主演のかなで(3時のヒロイン)と、W主演を務める草川拓弥(超特急)に放送を間近に控えた現在の心境を聞いた。

◆ ◆ ◆

TOKYO MX『デブとラブと過ちと!』に主演するかなで(3時のヒロイン、右)と草川拓弥(超特急)(撮影:上岸卓史、衣装:神波憲人、衣裳アシスタント:岩切よしの、ヘアメイク:オオクボエミコ、森美登里)

「こんな醜い姿の私が、美しいあなたを好きになってはいけなかったんだ」。会社の屋上から転落し、記憶喪失となり超ポジティブに変身した幸田夢子(かなで)。退院後の初出勤の日、会社近くの公園で荒い息をしている苦しそうな男・結城圭介(草川拓弥)と出会うが……。

 主要キャストが発表されると、イメージとぴったりのキャスティングに原作ファンから絶賛の嵐が巻き起こった『デブとラブと過ちと!(略称:デブラブ)』。オファーを聞いてどう思いましたか?

かなで「最初はめちゃくちゃ驚きましたが、 “やっぱり” と思ったのと、すごくうれしかったです」

“やっぱり” というのは……?

かなで「主人公の夢子が私に似過ぎていたので。コミックシーモアさんの宣伝がスマホに出てくるんですけど、ネガティブな頃の夢子の顔が “めっちゃ似てる!” と思って読み始めたんです。読んだら夢子のポジティブ過ぎるところがすごく面白くてハマってしまい、相方とかにも “実写化するなら私だよ” と言っていて(笑)。 “まさか本当にオファーがくるとは” とびっくりしました。

 記憶喪失になった夢子はすごく明るくてめちゃくちゃポジティブなんですけど、もともとのネガティブな部分が私に似ていると思いました。役作りは特にしてないんですけど、撮影現場でも夢子っぽく元気でいようと思っていて。撮影初日に松陰寺尊役の高橋健介さんから “太陽みたい” と言われたので “これはずっと太陽でいなきゃいけないな” と(笑)。現場ではテンションを高めにしていました」

草川拓弥(以下、草川)「僕はオファーをいただいてから原作を読んだんですけど、すごく面白くて、夢子のポジティブで明るい言葉にとても勇気づけられました。コメディー要素だけではなく、感動もあればミステリーもあって、続きが気になるストーリーだなと思いました。

 タイトルの “過ち” という部分はドラマでも描かれるんですけど、僕が演じた結城は過去を背負った深みのあるキャラクターで、それを演じられるのがすごく楽しみでした。僕自身は割と童顔で原作より前髪が短いので 、“副社長に見えないんじゃないかな” と思って、姿勢や仕草、佇まいなどから作り込みました。サラリーマンの1日の過ごし方や、副社長と一般社員ではどう違うのか、企画部にいたという設定なので、キャンディーの企画が出てから商品になるまでの期間など、実際の製菓会社の資料をあらかじめ用意してくださってすごく入りやすかったです」

超ポジティブに変身した夢子(かなで)は、公園で苦しそうな男・結城圭介(草川拓弥)と出会う
1 2 3 4 5>>>
WOLF HOWL HARMONY、三角関係でハモる最新曲をリリース! MVも公開へ
山田裕貴、赤ちゃん怪獣育てるウルトラマン役で「これが父性か、と」
映画館で見た時とは、なんか違う「サマーウォーズ フィルムコンサート」
アメリカ移住発表の声優・三森すずこ「やっぱり日本に残ろうかなと思っていたら…」事務所の応援に感謝
キスマイ宮田俊哉、アイドルとしての方向性を心配される?「君はそれで大丈夫?と事務所の方に」
「大泉洋は嫌いでも…」元AKB48川栄李奈「それはダメです!」