ド派手消防アクション『フラッシュオーバー 炎の消防隊』を観た!【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】

 こんにちは、黒田勇樹です。

 先週お知らせした12月の三栄町LIVE×黒田勇樹プロデュース公演「リライト!」のオーディションなんですが、多くの方にご応募いただきました。ありがとうございます。

 いい作品にできそうな予感しかしません。ご期待ください。

 では今週も始めましょう。

『フラッシュオーバー 炎の消防隊』 © 2023 ALL RIGHTS RESERVED BY UNIVERSE ENTERTAINMENT LIMITED /ASIA PACIFIC CHINA (BEIJING) FILM CO., LTD.

 中国映画で、タイトルになっているフラッシュオーバーというのは、局所的な火災が連鎖するという意味だそうです。
 物語は、まさにタイトル通り、立て続けに起こる火災と戦う消防士たちと、そこに関わる被災者や家族の人間関係が、ひたすら描かれ続けます。

 爆発と、煤まみれの隊員たちが、とにかく動き回る。

 かなり派手な火災や消火活動、救助、次の現場への移動などの動きがある描写が沢山続き、飽きが来ず凄くかっこよくて、調べてみたら『マトリックス』や『スパイダーマン』のアクションに携わっていた方が、今回のアクションシーンを監修されているそうです。

 炎と水、爆風にふっ飛ばされる人間、あと消防車!車が出てくればカーアクションもできる!

 これだけの要素が映っていれば、眼と耳だけでも楽しいから、もう全然2時間観れちゃうので、前半は「これはアクションを見せるエンタメ映画なんだな」と、気を抜いていたのですが、後半の人間ドラマもヤバい。

 ファミリーストーリーからラブロマンスまで、丁寧に「命がけの仕事している人たちの人生」みたいなことを、しっかり表現していた印象。

 そもそも「消防士」という存在自体が“見知らぬ誰かの命を守る“という“正義の象徴”みたいなところがあるじゃないですか。そこが忠実に描かれ、意見の対立はあるものの、あくまでも“敵”は、炎であって“悪人”が、出てこない構成も「出てくる人を嫌いにならないでいい」という、観客に優しい作りで素晴らしい。

 名作映画『トップガン』を思わせるような訓練シーンも挟まれていて、消火や救助のシーンを見ると「あんなに辛い訓練をしてまで、命を守ってくれているんだ」と、涙がちょちょぎれそうになりました。

 とても“真っ直ぐ”な映画で、興奮も感動もきちんと提供してくれる傑作なので、是非皆様御覧下さい!

<人生相談の宛先はこちら>

黒田勇樹に相談したい方はメールにて相談内容をお送りください。メールには「ニックネーム、性別、年齢、ご相談内容」をご記載ください。宛先はコチラになります。相談お待ちしています。


黒田勇樹(くろだ・ゆうき)
1982年、東京都生まれ。幼少時より俳優として舞台やドラマ、映画、CMなどで活躍。
主な出演ドラマ作品に『人間・失格 たとえば僕が死んだら』『セカンド・チャンス』(ともにTBS)、『ひとつ屋根の下2』(フジテレビ)など。山田洋次監督映画『学校III』にて日本アカデミー賞新人男優賞やキネマ旬報新人男優賞などを受賞。2010年5月をもって俳優業を引退し、「ハイパーメディアフリーター」と名乗り、ネットを中心に活動を始めるが2014年に「俳優復帰」を宣言し、小劇場を中心に精力的に活動を再開。
2016年に監督映画「恐怖!セミ男」がゆうばり国際ファンタスティック映画祭にて上映。
現在は、映画やドラマ監督、舞台の脚本演出など幅広く活動中。

公式サイト:黒田運送(株)
Twitterアカウント:@yuukikuroda23
青木崇高「韓国映画は撮影現場ですぐに映像イメージを共有」日本との違いに観客も驚き
青木崇高、韓国アクションチームに「日本刀の振り方が違うと言われた(笑)」
Snow Man佐久間大介「スタッフかと思って一緒に弁当食べた」相手は正体不明 土屋太鳳も「誰!?」
土屋太鳳、時間を止めて「育児と仕事をかみしめたい」父役・杉本哲太は「初共演は兄妹役」と感慨
THE RAMPAGEの鈴木昂秀 ワンチャンドッキリと思った主演映画で魅力ジワリ〈ただ、あなたを理解したい〉
やす子「心が疲れたら好きなだけ学校を休んで」子どもたちにメッセージ