SearchSearch

「ジャパンインターナショナルボートショー2020」今年も開催!

2020.02.07 Vol.web original
 日本マリン事業協会(JMIA)は6日、「ジャパンインターナショナルボートショー」を3月5〜8日の4日間、パシフィコ横浜と横浜ベイサイドマリーナ、みなとみらい ぷかりさん橋にて開催すると発表した。  国内外から240社・団体出展、約260艇を展示する国内最大のイベントで、「海・ここが夢の入り口・・・」をコンセプトとし、会場では、各メーカーが新型モデルのボートや水上オートバイなどを展示する。  初心者からベテラン、女性まで受講できるセミナー「海ゼミ」や、「MARINE KIDS PROGRAM」として海の紙芝居やペーパークラフトでのマリーナづくりなど、世代を超えて海を楽しむ、海に触れられる、海を知ることのできる多種多様なプログラムを用意する。  また、ベイサイドマリーナでは、特別公開プログラムとして、豪華クルーザーの乗船見学や、マリンライフをイメージしながら食事ができるフードコートも併設。  さらに、係留展示されるボートを眺めながらのピクニッククルーズ(当日予約)、ボート免許がない人でも操船体験ができるなど、5種類の体験プログラムを実施(全て事前予約制)。  ぷかりさん橋では、帆船“みらいへの体験航海”や、工場夜景を海から眺める「工場萌えナイトクルーズ」や婚活クルーズパーティーといったナイトクルーズなどを実施予定。  日本マリン事業協会 柳弘之会長(ヤマハ発動機会長)は「今年50周年を迎え、新たな需要創造に向けた取り組みをし、子ども、女性や若者層など幅広いファンへのPRに力を入れる。4日間で5万7000人の来場者を目指したい」と述べた。

“逸品”から“外道”まで…“釣魚”を料理! 来年1月「釣りめし」自慢の店が東京に集結

2019.11.14 Vol.Web Original
 第1回『釣りめしスタジアム』メディア向け試食会が13日、都内にて行われ、2020年1月17日から3日間にわたって開催される『釣りフェスティバル2020』の目玉企画『釣りめしスタジアム』に登場する、釣り対象魚を使ったこだわりの“釣りめし”が報道陣に披露された。 「釣りファンの拡大に向けて新たな層にアプローチするべく、誰もが楽しめるフェスティバルにしたい」と、2020年の開催からは『ジャパンフィッシングショー』を『釣りフェスティバル』へ名称を変更。釣り用アイテムの新商品発表に加え、グルメやアトラクションなどが楽しめるフェスティバルゾーンを充実させる。フェスティバルゾーンでは、釣り対象魚を使ったグルメが集結する「釣りめしスタジアム」、実際に釣り体験ができる「リアルフィッシングワールド」、釣りとアウトドアの関連企画をそろえた「アウトドアフィールド」を開催する。  この日の試食会には、まさに魚料理、そして釣りめし文化の奥深さを感じさせる、7品の多彩なメニューが登場。  青森県八戸の「炭火焼 ごっつり」からは、日本一脂が乗っているといわれる「八戸前沖さば」の串焼きが登場。会場でも、皮はパリッと、中はジューシー、サバの脂が香ばしい焼きたての串を提供。他、ご当地グルメとして人気の八戸せんべい汁も出品。

攻めるか、守るか!? お城ファン大興奮の3日間/12月22日(金)の東京イベント

2017.12.22 Vol.Web Original
 全お城マニア参加必須のイベントが今年も開催! 城郭文化の振興と発展、城郭を擁する地域の観光振興を目的として開催される『お城EXPO 2017』が本日、開幕。    目玉の一つでもある「城めぐり観光情報ゾーン」「城下町物販ゾーン」には、日本各地のお城を有する自治体やお城グッズを販売する企業など62団体の出展が決定。

Copyrighted Image