メルセデス・ベンツの情報発信拠点「メルセデス ミー 東京」の最新施設をマギーが体験

2019.10.24 Vol.web Original
 TOKYO HEADLINE 特集記事としてメルセデス・ベンツの情報発信拠点「メルセデス ミー 東京」の最新施設をマギーが体験。そのメイキング動画をお届けします。

大人気SUVが刷新!メルセデス・ベンツの新型「GLC」「GLCクーペ」発表

2019.10.13 Vol.723
 SUV派を中心に高い人気を誇り、昨年度にはメルセデス・ベンツブランドのSUVの中で最多の販売台数を記録したプレミアムミドルサイズSUV「GLC」、SUVクーペ「GLCクーペ」が内外装を一新。最新システムの数々を搭載し新登場!

メルセデス・ベンツが続々と注目の新型モデルを発表。話題の電気自動車も!

2019.07.05 Vol.720
 メルセデス・ベンツ日本が6月から7月にかけ次々と新モデルを発表し注目を集めている。  6月6日に発表されたのは7年ぶりのフルモデルチェンジとなった新型Bクラス。対話型インフォテインメントシステム「MBUX」が新型Aクラスに続き搭載されSクラスと同等の安全運転支援システムも採用された。ラゲッジスペースの容量が大幅にアップしアレンジも可能に。スポーティーなエクステリアデザイン、より上質さが増したインテリアと合わせて、若い世代のアウトドア派やファミリー層などにも好評を得そう。  6月18日にはフルサイズSUV、新型GLEが発表された。GLE史上初となる3列目シートを採用したことで乗車定員が7名まで可能に。3列目を使用しないときには最大2055Lとなる大容量ラゲッジスペースは大きな魅力。エンジンのラインアップはガソリン、ディーゼル、ガソリン・ISGの3種類がそろう。  そして7月4日に発表されたのが、メルセデス・ベンツの電気自動車「EQC」。メルセデスの中長期戦略「CASE」のうちの“電動化”を進めるべく登場した注目の車。欧州仕様車によるテストでは航続距離400キロを実現。また、ヒートポンプを利用した効率的冷暖房システムによりを航続距離を最大化させ、冬季になると航続距離が減少するという電気自動車の課題にも対応。「MBUX」と合わせて、標準設定されるテレマティクスサービス「Mercedes me connect」はEQC専用タイプとなっており、より電気自動車に適したプログラムを利用できる。また、Sクラスと同等の安全システムが搭載されているだけでなく高度化されたカメラとセンサーにより機能が大きく強化されている。  発売記念特別仕様車「EQC Edition 1886」は7月18日11時から先着順でWEB商談予約を開始。納車は10月以降。また「EQC 400 4MATIC」の納車は2020年春を予定。  また、充電サービスや充電器設置費用、メンテナンスなど多彩なサポートも用意している。

モデル近藤千尋が「メルセデスと過ごす時間」を借りてみた!Part.2

2019.06.16 Vol.719

メルセデス ミー 東京(六本木)でレンタルサービス「メルセデス・ベンツ レント」を体験

 メルセデス ミー 東京(六本木)にてこの春から始まったメルセデス・ベンツ公式のレンタルサービス「メルセデス・ベンツ レント(MBレント)」。試乗とは異なる、レンタルだからこそ味わえる「メルセデスと過ごす時間」を、人気モデル近藤千尋が体験!

モデル近藤千尋が「メルセデスと過ごす時間」を借りてみた!Part.1

2019.06.16 Vol.719

メルセデス ミー 東京(六本木)でレンタルサービス「メルセデス・ベンツ レント」を体験

 メルセデス ミー 東京(六本木)にてこの春から始まったメルセデス・ベンツ公式のレンタルサービス「メルセデス・ベンツ レント(MBレント)」。試乗とは異なる、レンタルだからこそ味わえる「メルセデスと過ごす時間」を、人気モデル近藤千尋が体験!

銀座にオープン「Mercedes me GINZA」

2019.05.11 Vol.718

 メルセデス・ベンツの魅力を伝える女性のためのブランド発信拠点「Mercedes me GINZA the limited store」が期間限定オープン。メルセデス・ベンツの車両展示や試乗体験、雑貨などの販売に加え、メルセデス・ベンツの世界観をより身近に感じることができるさまざまな企画を展開。プロダクト・エキスパートが同乗して銀座の街を試乗できる無料試乗プログラム「トライアルクルーズ」も実施。

人、家、車がつながって進化する「EQ House」[Part.2]

2019.04.12 Vol.717

メルセデス ミー 東京 (六本木)にてモビリティーとリビングの近未来を体感できる「イエ」期間限定公開

 メルセデス ミー 東京 (六本木)に隣接するスペースにて、2年間の期間限定で公開された体験型施設「EQ House」。キッチンやリビング、寝室もある“家”の中には、なんと車が! 実は、いくつもの最先端技術が隠されているEQ House で体験できる“車と家と人の近未来”を紹介!

人、家、車がつながって進化する「EQ House」[Part.1]

2019.04.12 Vol.717

メルセデス ミー 東京 (六本木)にてモビリティーとリビングの近未来を体感できる「イエ」期間限定公開

 メルセデス ミー 東京 (六本木)に隣接するスペースにて、2年間の期間限定で公開された体験型施設「EQ House」。キッチンやリビング、寝室もある“家”の中には、なんと車が! 実は、いくつもの最先端技術が隠されているEQ House で体験できる“車と家と人の近未来”を紹介!

究極のハイパフォーマンスと官能的なデザイン「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」登場

2019.03.09 Vol.716
 AMGが手掛けるスポーツカーMercedes-AMG GT ファミリーに、広い室内空間をそなえた4ドアタイプ「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」が登場! “AMG GT”ならではの官能的なデザイン、パワフルなパフォーマンスを誇りながらも、ラグジュアリーな快適性を仲間や家族と分かち合うことができる、自由な大人のあこがれの1台となっている。

メルセデス ミー 東京 (六本木)のクリスマス! 特別なひとときをメルセデスの世界観で、もっとスペシャルに。

2018.12.20 Vol.713

 メルセデス ミー 東京 (六本木)ではゴージャスなクリスマスツリーやシーズン限定メニュー、ギフトにぴったりなグッズを用意してクリスマスをお祝い! 

マギー、新型Aクラスにメロメロ 「1人ドライブも好きだから、こんな“相棒”が欲しいな(笑)」

2018.12.19 Vol.713

スポーツカーも運転できてしまうマギーが選ぶならやはり大きな車?

「実はそうでもないんです(笑)。私の中で“好みのタイプの車”と“日常の中で乗りたい車”の2つがあるんです。もちろんGクラスやSクラスも乗りたいけれど、今の私のライフスタイルを考えると日常で乗るなら、都内の狭い路地にも楽に入って行けたり立体駐車場も確実に利用できたりするサイズの車がベストかな、と。都会で車を乗っている人にとって駐車しやすいというのはけっこう重要ですよね。駐車が大変だったりすると、それだけで車で出かけるのが嫌になっちゃうこともあるし。私も自分で運転していくときは、きちんと停められる駐車場があるか確認してから出かけるようにしています。新型Aクラスなら、立体駐車場でも入るかどうか気にしなくていいし、そのストレスが軽減されるのはかなりポイント高いんですよね」

実際、乗ってみての印象は?

「メルセデスの車って、どのクラスもレベルがどんどん上がっていますよね。この新型Aクラスは特にすごいと思いました。まず運転席に乗り込んだ瞬間、メルセデスのラグジュアリー感を感じました。内装のデザインもそうだし、2画面の大きなディスプレイがついたコックピットが、カッコよくてラグジュアリー。実際に運転席に座った感じも狭いという感覚はなかったです。シートも細かく調整できるから座りやすいですね」

Copyrighted Image