メルセデス・ベンツが新たなSUVモデル2車種を発表、国内最多のSUVラインアップ

2020.06.25 Vol.Web Original
 メルセデス・ベンツのウェブ発表会が25日、行われ、SUVモデル「新型GLA」と「GLB」が発表された。メルセデスのSUVラインアップは9車種となり国内最多。  新型GLAは2014年にデビューしたコンパクトSUV。今回が初のフルモデルチェンジとなる。都市をアクティブに移動する際にも最適なボディーサイズとクーペのようなスタイリッシュさが、幅広い世代に好評を得そうな都市型のSUVとなっている。  GLBは「Gクラス」からインスピレーションを受けた、まったく新しい本格SUV。メルセデスでは9番目のSUVモデルとなる。スクエアなエクステリアデザインと高い悪路走破性を持ち、室内空間も7人乗車が標準となる広さ。それでいて取り回しのよいボディーサイズで、都市部でも運転しやすい、オフロード、オンロード両方で魅力を発揮する本格SUVとなっている。  どちらもメルセデス・ベンツの対話型インフォテインメントシステム「MBUX」やSクラスと同等の最新の安全運転支援システムを採用。

マギーがメルセデスの100%電気自動車EQCでドライブ「電気自動車のイメージが…!」

2019.11.15 Vol.Web Original
クルマ好きで知られるモデルのマギーが、メルセデス・ベンツの情報発信拠点メルセデス ミー 東京 (六本木)で“近未来”を体感。メルセデス・ベンツの100%電気自動車「EQC」のハンドルを自ら握り、その走りをチェック!

武豊「馬もこれくらい走ってくれたら(笑)」。メルセデス・ベンツの電気自動車「EQC」発表会に登壇

2019.07.04 Vol.Web Original

 メルセデス・ベンツの電気自動車「EQC」プレス発表会が4日、メルセデス ミー 東京(六本木)にて行われ、メルセデス・ベンツのブランド・アンバサダーを務めることとなった騎手の武豊が登壇。メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎代表取締役社長兼CEOとトークを行った。

近い未来、車は家の中に!? メルセデス・ベンツ、初の電気自動車を“未来の家”で展示

2019.03.13 Vol.web original

 メルセデス・ベンツの電動モビリティー「EQ」ブランドのプレス発表会が12日、メルセデス ミー 東京 (六本木)にて行われ、電気自動車「メルセデス・ベンツ EQC」の参考展示や、メルセデス・ベンツ日本と竹中工務店がコラボレーションした近未来的な体験型施設「EQ House」がメディアに公開された。 「EQ House」は、メルセデス・ベンツ日本の親会社ダイムラー社が中長期戦略として提唱する、次世代の自動車社会の概念を変える言葉「CASE(Connected=コネクト、Autonomous=自動運転、Shared & Services=シェアおよびサービス、Electric=電動化)」が普及した未来のライフスタイルを、竹中工務店の最先端のデザインと技術で具現化した体験施設。建築にはAIが搭載されており、モビリティースペースとリビングを仕切るガラスのインターフェースに手をかざしたり、音声指示することで、照明や空調などをコントロールできるほか、人が近づくと曇りガラスが透明になったり、環境に合わせて室内を快適な状態に保つなど、人と環境の双方に対してダイレクトにつながる建築となっている。また、ハウス内には電気自動車「メルセデス・ベンツ EQC」も3月18日まで参考展示されておりガラスインターフェースで車の状態などを確認することができる。

尾上右近、免許を取ったらメルセデス・ベンツで鎌倉デート!?

2018.07.25 Vol.Web Original
 メルセデス・ベンツ新型Cクラスの発表イベントが25日、新橋演舞場にて行われ、歌舞伎俳優の尾上右近が登壇。振付を特別にアレンジされた「石橋(しゃっきょう)」を披露した。  所せましと動き回り、迫力の舞で会場を圧倒した右近。万雷の拍手の中、舞台が回転し、仁王立ちになる右近と入れ替わるように2台の新型Cクラスが姿を現すという演出に、さらに拍手が起こった。  伝統を受け継ぎながらスーパー歌舞伎などの革新的な表現にも挑む歌舞伎は、メルセデス・ベンツが担う“伝統と革新”の精神と通じるものがあるとして、今回のコラボが実現。メルセデス・ベンツ日本の代表取締役社長兼CEO上野金太郎氏とのトークでメルセデス・ベンツについて尋ねられた右近は「うちは、父も母も乗っていて、歌舞伎界にも乗っている人が多いので、車といえばメルセデス・ベンツ。ベンツしか知らないくらい」ときっぱり。ところが「でも僕自身は免許を持っていないんです」と明かし、会場も思わず笑いに包まれた。

フォロワー4万人超えのカリスマキャンパーが語る“おしゃキャン”に行きたい理想の車

2018.05.26 Vol.Web Original
 アウトドアキャンプをオシャレに楽しむ“おしゃキャン”がいま幅広い世代で人気。そんな“おしゃキャン”人気をけん引するカリスマキャンパー、松尾真里子さんが26日、六本木のMercedes me Tokyoにてトークショーに登壇。自然を満喫しながらSNS映えもするキャンプの楽しみを語った。  松尾さんはインスタグラムでカリスマ的人気を博すキャンプ愛好家。年間50泊以上のキャンプを行い、センス満点の写真をインスタグラムにアップ。そのオシャレなキャンプスタイルは大きな注目を集め、フォロワー数は4万人を超えている。

超新星が祝福! smart BEAUTE PROJECT”世界に1台のスマート”発表

2013.10.26 Vol.603
 メルセデス・ベンツが開発したマイクロコンパクトカー『スマート』と、アンファーの『スカルプ Dボーテ』とのコラボで行われたオリジナルデザイン公募企画『ART DESIGN CONTEST CAMPAIGN』の最優秀作品の発表イベントが22日、六本木のメルセデス・ベンツ コネクションにて行われ、プレゼンターとして韓国の人気アーティスト・超新星が登場。会場につめかけたファンとともに受賞者を祝福した。

Copyrighted Image