葵わかなと三吉彩花がカップル演じる話題のミュージカル『The PROM』3月上演決定!ビジュアルも公開

2020.11.27 Vol.Web Original

 葵わかなと三吉彩花がレズビアンカップルを演じることで話題の「Broadway Musical『The PROM』Produced by 地球ゴージャス』が2021年3月に上演決定、アメリカの卒業ダンスパーティであるプロムをイメージしたビジュアルも公開された、  本作は、トニー賞7部門にノミネートされて話題をさらったブロードウェイミュージカル。アメリカの小さな町にある高校を舞台に、レズビアンの主人公エマがさまざまな人たちと触れ合うなかで、自分らしく生きることを貫くために奮闘する姿を描く。主人公のエマを葵、エマの恋人アリッサを三吉が演じる。   劇中では、女子高生カップルが引き起こしたできごとは全米から注目を集め、彼女たちを応援することでイメージアップを図ろうと、落ち目のブロードウェイの俳優たちが乗り込んでくる。そのキャストも豪華だ。ブロードウェイスターのD.D.アレンを、大黒摩季、草刈民代、保坂知寿がトリプルキャストで、夢をあきらめたばかりのミュージカル女優アンジー・ディクソンを霧矢大夢が演じる。  そのほかにも、校長をLE VELVETSの佐賀龍彦、Skoop on SomebodyのTAKEがダブルキャストで、ブロードウェイの俳優バリー・グリックマンを岸谷五朗が、鳴かず飛ばずのミュージカル役者トレント・オリバーを寺脇康文が演じる。日本版脚本・訳詞・演出は岸谷五朗が担当する。  12月には、メリル・ストリープ、ニコール・キッドマンらでNetflixで映像化も決まっている。  東京公演は、2021年3月10日~4月13日で、TBS赤坂ACTシアター。大阪公演は、5月9~16日、 フェスティバルホール。

葵わかなと三吉彩花がLGBTQの女子高生カップル! 地球ゴージャスがブロードウェイミュージカル

2020.10.12 Vol.Web Original

 岸谷五朗と寺脇康文による演劇ユニットの地球ゴージャスが初のブロードウェイミュージカルに挑戦する。2018年にブロードウェイに登場し話題を集めた『The PROM』で日本では初上演。2021年3月に開幕し、東京と大阪で上演する。  LGBTQのティーンエイジャーが自分らしい生き方を貫く物語。LGBTQの高校生のエマが、同性のパートナーとプロム(卒業パーティー)に参加することを表明したことがきっかけでプロムは中止に。インディアナの小さな町で女子高生カップルが引き起こしたできごとは報道されて全米から注目を集める。そこに彼女たちを応援するという名目でイメージアップを図ろうと、落ち目のブロードウェイの俳優たちが乗り込んできて……。  主人公のエマは葵わかな、その恋人アリッサを三吉彩花が演じる。  地球ゴージャスに初参加の葵は、「演出の岸谷さんはじめとする共演者のみなさんとお稽古させていただく中で、どんなエネルギーが生まれるのか、今からとてもワクワクしています」としたうえで、「この作品を通してエマの中で一貫していると感じたのは、いつでも自分を誇りに思っているという事です。そんな風に、かっこいいくらいに優しいエマの思いに寄り添いながら、精一杯務めていきたいです」 「お話を伺った時、口が開いたまま暫く瞬きが出来ないくらいうれしかった」と三吉。「プレッシャーを感じておりますが、生き生きとした三吉彩花を皆様にお見せできるように。そして男女という壁にとらわれず、ありのままの自分でいることの素晴らしさを皆様に伝えられるように、チームの力をお借りしながら精進して参ります!」と、意気込んでいる。  日本版脚本、訳詞、そして演出は岸谷が担当する。  他出演に、大黒摩季、草刈民代、保坂知寿、霧矢大夢 佐賀龍彦 (LE VELVETS) TAKE(Skoop On Somebody) ら。岸谷、寺脇もキャストに名を連ねる。  東京公演は2021年3~4月にTBS赤坂ACTシアターで、大阪公演は同5月にフェスティバルホールで行われる。 岸谷五朗 コメント 今年、10万人のお客様に観劇いただけなかった25周年祝祭公演。 あの無念を心に、地球ゴージャスが満身創痍の中お贈りする新作は初のBroadway Musical! しかも!2019年度のトニー賞候補作品。 しかも!世界初の海外プロダクション公演。 しかも!Netflix版が完成した直後に日本での舞台公演! 2019年、実際にBroadwayで観劇してから日本で絶対に公演をしたいと思った作品です。コロナを吹き飛ばすには最高の演目、骨太なテーマに巧みな登場人物。Broadwayならではのコメディーセンスと最上級のダンス・ナンバー! ゴージャスがゴージャスにBroadwayを料理する、大ミュージカルになるでしょう!乞うご期待下さい。 寺脇康文 コメント 今回のキーワードは、「リベンジ&チャレンジ!」そう、リベンジ。悔しかった。25周年祝祭公演が8公演しか出来ず、皆さんとの貴重な共有時間が奪われてしまった!その想いを胸に、皆さんでリベンジしましょう! そして、チャレンジ。 地球ゴージャス初のブロードウェイ作品への挑戦!ゴージャスパワーとの化学反応へチャレンジします! そして今回も、豪華キャストが集ってくれました。劇場でお待ちしております。皆さんと共に前へ!

【大黒摩季】ヒット曲満載の全国ツアー開催

2020.10.12 Vol.734

 大黒摩季が動き出す! 今年計画していたツアーは新型コロナウイルスの影響で延期、そして中止となってしまったが、いよいよツアーを再開。ヒット曲と新曲を携え、北海道から九州までの主要都市14カ所で、アツいライブを開催する。  ツアー再開にあたり、大黒は自身のブログで長文のメッセージを公開。大黒自身をはじめミュージシャンもスタッフも音楽に心を支えてもらったり命を救われたからこそ、恩返しをしよう、自分も人の心を動かしたいと音楽の世界に飛び込んだとし、「それこそが、今すべきことなのではないか、このコロナ禍を生き抜くエネルギーを、自分を未来を信じる光を届ける時なのではないか、と。」と綴っている。  再開とはいえ、当初計画していた内容は一新。ツアータイトルで「MAKI OHGURO 2020 PHOENIX TOUR 〜 待たせた分だけ100倍返しーっっ!!!〜」とうたい、ヒット曲を網羅、レア曲、コロナ禍において毎月発表してきた新曲も披露する。セットリストは豪華で、歓迎すべき“蜜”な構成になりそうだ。  ツアーはいずれの公演も、新型コロナウイルス感染症対策を講じた運営体制のもとでの開催となる。会場への入場には、検温・手指消毒、厚生労働省の新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」のインストールを確認するほか、アンケートの入力などが必要になる。  チケットは、ローソンチケットのみでの販売で、電子チケットのみ、申し込みはスマートフォンからのみできる。

パワフルで情熱的な歌声 大黒摩季「MAKI OHGURO LIVE TOUR 2020」

2020.01.15 Vol.726
 2020年、「50th/50 try = 50歳・50トライ」をスローガンに掲げ、さらなる飛躍に挑む大黒摩季。  その50トライの一つとして、50本に及ぶ全国ツアーに挑むという。  その新しい全国ツアー「MAKI OHGURO LIVE TOUR 2020」の前半の日程がアナウンスされた。  毎回、さまざまな経験を経た大黒の音楽に対する想いが伝わる圧巻のステージとパフォーマンスを見せつけてくれるが、復帰後、通算3回目となる今ツアーでも、前回以上に、パワフルで情熱的な歌声と、キラキラしたステージで多くのファンを楽しませてくれそうだ。  ローチケでは、プレイガイド最速先行を17日から実施する。注目の公演のチケットをいち早くゲットしよう!

大黒摩季らがサーフィンを応援する音楽イベント開催 【NISSAN X-TRAIL presents Surf in MUSIC】

2018.04.17 Vol.Web Original
 音楽でサーフィンを盛り上げ、応援するプロジェクトLIVE「NISSAN X-TRAIL presents Surf in MUSIC」が5月19日、千葉県いすみ市太東ビーチパークで開催される。2020年に迫った東京五輪で正式種目に決定するなどサーフィンに注目が集まるなかで、より大きなサーフムーブメントを作り出すとともに、サーフィンやビーチカルチャーがより日本に浸透、そして定着することを目標に掲げて行われる。    ビーチミュージックやサーフミュージックというジャンルが存在するように、こと海外では海やビーチ、そしてサーフィンと音楽のつながりは強い。ゼロ年代に入ると、新世代の海外アーティストの盛り上がりを受けて日本でも音楽やカルチャーに注目が集まり、サーフィン文化が再び注目を集めている。  その勢いにさらに加勢するのがこの「Surf in MUSIC」のプロジェクトだ。今年で15周年を迎える人気サーフイベント「Surf Town Festa (サーフタウンフェスタ)2018」と連動して展開する。  ライブには、大黒摩季をはじめ、シンガーソングライターの光永亮太、レゲエシンガーのMOOMINら、サーフィンや海、音楽を愛するアーティストやスタッフによって結成されたコンセプトチーム「波音組(はねぐみ)‐Surf Music Lovers‐」が出演。「音楽とサーフィンを応援する」というコンセプトの下で、ステージを展開する。海や空のようにどこまでも広がるスケールの大きなライブ、スカッと気持ちのいい歌声に、もう波に乗りたいという気持ちが高まりそうだ。  波音組は、サーフシーンの応援・ビーチカルチャーの形成、サポートに向けて、一体となり活動を行っている。    チケットは現在、ローチケにて発売中。 イベントの詳細は、公式サイト( https://www.surfinmusic.jp/ )で。

神宮外苑花火大会をTHE RANPAGEが盛り上げる!

2017.07.14 Vol.694

 注目度上昇中のグループ、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEが、8月20日開催の「2017神宮外苑花火大会」に出演することが決まった。グループが出演するのは神宮軟式球場で、他にも韓国の男性アイドルグループのUP10TIONの出演も発表された。  神宮軟式球場の出演者はその外にも、ゴールデンボンバー、岡崎体育、lol、JamFlavor、MeseMoa.、メロディー・チューバック、UNIONEの出演が発表されているほか、オープニングアクトを足立佳奈、JEY-J、橋本裕太が務める。  もう一つの会場である神宮球場には、大黒摩季、miwaが出演。オープニングアクトとしてBeverlyが登場する。  神宮外苑花火大会は、毎年1万2000発の花火で夏空を彩る東京の夏の風物詩。都内で唯一、山手線内で行われるコンサート付きの都市型花火大会で、毎年、出演ラインアップも注目を集める。コンサートは、神宮球場と神宮軟式球場で行われる。花火大会は、2011年からは、東日本大震災復興支援の目的で、収益の一部を義捐金として、被災地に届けている。また、今年も熊本地震のチャリティー活動も実施する。  チケットは発売中。

大黒摩季が怒涛の全国47都道府県ツアーを開催

2016.12.10 Vol.680
 圧倒的な歌唱力で多くのファンを魅了し、ミリオンヒットを立て続けに放ってきた、大黒摩季。2010年にいったん活動を休止したが、2016年8月にはアーティスト活動を再開。パワフルでエモーショナルな歌声を響かせている。  2017年は全シングル完全収録のベストアルバムを携えた全国47都道府県を巡るツアーでキックオフ。既に2月25日の埼玉・羽生市産業文化ホール 大ホールでの公演を皮切りとした6月までの日程18公演が発表された。  心から熱くなる大黒摩季のライブ。参加して勇気と元気をもらいにいこう。 一般発売開始:12/17(土)10:00? 関東圏の公演 【日程】2017年2月25日(土)埼玉・羽生市産業文化ホール 大ホール、2017年3月4日(土)茨城・常陸太田市民交流センター パルティホール 大ホール、2017年3月5日(日)栃木・栃木文化会館 大ホール ※いずれも17:00開場/17:30開演 【料金】6,800円(全席指定・税込)【備考】4歳以上有料。3歳以下膝上可(ただし席が必要な場合は有料)【チケットの購入および問い合わせ】 http://l-tike.com/

Copyrighted Image