「ケンカを売ってる」!? 注目の映画祭が本日開幕

2017.11.18 Vol.700
 2000年に誕生し、今年で18回目を迎える『東京フィルメックス』が11月18日から開幕。毎回、一つの地域に注目し新進気鋭の監督たちの作品を集めて紹介する『東京フィルメックス』。今年は、とことんアジアにこだわり注目作をいち早く上映する。オープニング作品には現代の中国を舞台に3世代の女性を描いたシルヴィア・チャン監督・主演作の『相愛相親(そうあいそうしん)』、クロージング作品には2016年に亡くなったイラン映画界の巨匠アッバス・キアロスタミ監督の遺作『24フレーム』が選ばれた。

ショートフィルムの映画祭『SSFF & ASIA』グランプリ発表

2016.06.25 Vol.669
 アジア最大級の国際短編映画祭『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2016』(SSFF & ASIA)が、今年も盛況のうちに閉幕。13日に行われたアワードセレモニーでは、気になるオフィシャルコンペティションなどが発表。はたして今年、米国アカデミー賞を目指すのは!?

Short Shorts Film Festival & Asia 2016 6.2(Thu)〜26(Sun)

2016.05.22 Vol.667
 米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2016』(以下:SSFF & ASIA 2016)。グランプリ受賞作が、翌年の米国アカデミー賞ノミネート候補作に選出されるオフィシャルコンペティションをはじめ多彩なプログラムに世界のショートフィルムが集うカーニバル開幕!  特集ページはPDFにてご覧に頂けます。 https://www.tokyoheadline.com/wp-content/uploads/2016/05/20202100/SSFF2016.pdf

個性派から地域系まで、この秋見逃せない映画祭&特集上映情報

2015.10.12 Vol.652
SSFF&ASIA『シネマミュージアム -秋の特別上映会-』  ショートフィルムの国際映画祭『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA』の特別上映イベント。厳選ショートフィルムや、SSFF & ASIAとAKB48のコラボ企画で制作された横山由依主演の『漁船の光』を初上映する他、観光映像作品の上映、クリエイティブディレクター・長谷部守彦氏が世界で評価される映像制作のポイントなどを語るワークショップを開催。料金はすべて無料! 【会期】10月13日(火)〜16日(金) 【会場】東京都美術館、アンダーズ 東京 【URL】 http://www.shortshorts.org/ 『シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2015』  スペインの名物映画祭で注目を集めたファンタ系作品6作品上映。 【会期】10月24日(土)〜 【会場】東京:ヒューマントラストシネマ渋谷 【URL】 http://www.shochiku.co.jp/sitgesfanta/ 『第6回東京ごはん映画祭』 “食”が印象的な映画を選りすぐって上映する人気の映画祭。 【会期】10月31日(土)〜11月13日(金) 【会場】シアター・イメージ フォーラム他 【URL】 http://tokyogohan.com/ 『ちちぶ映画祭2015』  観光地としても人気の秩父で開催するご当地映画祭。今年はオープニングを飾る『KANO 1931海の向こうの甲子園』をはじめ、秩父が舞台の『心が叫びたがってるんだ。』、秩父で撮影された『トワイライト ささらさや』などを上映。 【会期】11月14日(土)〜15日(日) 【会場】秩父歴史文化伝承館他 【URL】 http://www.chichibufilmfestival.com 『第16回東京フィルメックス』  独創的な作品を選りすぐって上映する国際映画祭。今年のオープニング作品は園子温監督作『ひそひそ星』、クロージングはジャ・ジャンクー監督作『山河故人』。他、ホウ・シャオシェン特集上映も開催。 【会期】11月21日(土)〜29日(日) 【会場】有楽町朝日ホール他 【URL】 http://filmex.net/2015/ 『第25回TAMA CINEMA FORUM』  毎年、豪華ゲスト来場で話題となるTAMA映画賞や若い才能を発掘するコンペ部門など多摩を映画で盛り上げる。 【会期】11月21日(土)〜29日(日) 【会場】パルテノン多摩他 【URL】 http://www.tamaeiga.org/2015/

SSFF話題賞に市原隼人「映画の素晴らしさ実感」

2014.06.10 Vol.619
20140610a.jpg
  アジア最大級のショートフィルムの映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2014(SSFF)」のアワードセレモニーが9日、都内で行われた。

  5月29日に開幕した映画祭の締めくくりとなるイベントで、代表の別所哲也を筆頭に、映画に出演したキャストやゲストが集結。グランプリ作品などを発表するアワードセレモニーでは、ショートフィルム文化の発展・普及に貢献した作品や人物に贈られる話題賞を、ショートフィルム『Butterfly』で監督・主演をした市原隼人が受賞。市原は、「自分が初めて監督をして、主演もした作品となりました。今回の映画を通して映画の素晴らしさ、楽しさを実感でき、SSFFのこの場と、スタッフの皆様に敬意を表したい」と、コメントした。

 グランプリに輝いたのは、『ホールインワンを言わない女』(ヨセプ・アンギ・ノエン監督)。 

 セレモニーでは、各部門の授賞作品が発表されたほか、オフィシャルコンペティション作品のなかから、優秀な女優に送られるベストアクトレスアワードに有村架純が選ばれた。

 横浜会場・ブリリア ショートショート シアターでは、15日まで、映画祭の作品を上映する。

Copyrighted Image