変化を力に! オンライン拡充で、いつでもどこでも映画祭を楽しめる【Short Shorts Film Festival & Asia 2020】

 1999年にスタート以来、毎年6月に東京で開催されてきたが、新型コロナウイルス感染症の影響により9月に延期して開催となった今年のSSFF & ASIA。ソーシャルディスタンスや感染症対策によりリアル会場は制限されるものの、代わりにオンライン企画が格段に充実! 米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭として、世界110以上の国と地域から集まった約5000本の中から選りすぐりの約200作品をリアル会場とオンラインで上映する。延期に伴い、映画祭テーマを「ボーダレス」から「(ニュー)ボーダレス」へと変更。そこには「その表現がどんな境界(ボーダー)を越えた新しい表現であるか」を考える、というメッセージが込められている。国内外の映画祭が実施や延期、オンラインでの展開などさまざまな選択を迫られるなか、SSFF & ASIA 2020がショートフィルムならではの強みを生かして新しいかたちの映画祭に挑む!
オンライン配信限定『違反』出演:ジュリエット・ビノシュ
 これが新しい映画祭のカタチ。今年の映画祭はオンラインで世界とつながる! 感染症対策として今年は会場の入場者数を制限するとともにオンライン会場を拡充。8月1日にいち早くオープンしたオンラインで上映される配信作品や多彩なオンラインイベントが増えたことで、新しい形の映画祭としてより充実したラインアップとなっている。過去オフィシャルコンペティション優秀賞作品をはじめCGアニメーションや地球を救え!部門など注目部門の作品も多数。中にはオンライン限定で上映される作品やイベントも。さらに豪華な顔ぶれがそろう映画祭オープニングイベントやアワードセレモニーもオンラインで配信! 今年は会場に足を運ぶことができない人もオンラインで参加しよう。
コロナ短編映画祭2020観客賞/オンライン配信限定『隔離』
オンライン配信限定『放課後ミッドナイターズ ショートムービーズ』監督:竹清仁
オンライン配信限定『おやすみ』(イタリア)

自粛期間からスタートしたトークシリーズも大好評


 誕生から続いてきた6月開催が延期となった今年。映画業界のさまざまな立場からゲストを迎えて現状と未来像を語るオンライントークシリーズを6月4日の「ショートフィルムの日」を皮切りにスタート。第1回は行定勲監督らを迎えて「映画祭のニューノーマルとは?」をテーマに開催。第2回は海外でも高く評価される深田晃司監督、第3回はクリエイティブディレクター・小説家の高崎卓馬氏、第4回は「コロナ短編映画祭」の創設者デヤン・ブチン氏、第5回はフィルムメイカー・俳優の斎藤工、第6回は監督・俳優の前野朋哉ら、第7回はCGアニメーション部門審査員を迎えさまざまな視点で意見を交わした。
Short Shorts Film Festival & Asia 2020(ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2020 )【9.16(wed)〜9.27(sun)】
【上映会場】表参道ヒルズ スペース オー、iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズ 、渋谷ストリーム TORQUE SPICE & HERB,TABLE & COURT、赤坂インターシティコンファレンス他
※開催期間は各会場によって異なる
【料金】無料上映(一部、有料イベントあり)
【URL】https://www.shortshorts.org/2020
※SSFF & ASIA 2020新型コロナウィルス感染拡大予防対策の実施については公式ホームページを確認
ハリウッドに飛んでけ!『SSFF&ASIA2024』グランプリ!森崎ウィン監督『せん』を観た!【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】
『SSFF & ASIA 2024』レッドカーペット 審査員・永作博美は膝上スカート、ゲストの叶美香は大胆スリットドレス
小池都知事、世界に東京をPR 片岡鶴太郎は「江戸切子を東京のお土産に」
森崎ウィン、初監督作がグランプリ“ジョージ・ルーカス アワード”受賞で「スピルバーグとルーカスを制覇」米国アカデミー賞挑戦へ
清水美砂「日本の素晴らしさ表現したい」受賞した主演作の舞台・成田空港はインバウンドで人材不足
山崎紘菜「タクシーの運転手さんを観察しました」BASE FOODのブランディング映画で初挑戦