【明日何を観る?】『影裏』

2020.02.14 Vol.727
 今野は、転勤で移り住んだ岩手で日浅に出会う。慣れない地でただ一人心を許せる存在。まるで遅れてやってきたような成熟した青春の日々に、今野は言いようのない心地よさを感じていた。しかしある日、日浅は突然姿を消してしまう。

綾野剛と松田龍平はボケとツッコミの関係? 映画『影裏』完成披露試写会

2020.01.30 Vol.web original

 映画『影裏』完成披露試写会が30日、都内にて行われ、綾野剛と松田龍平、大友啓史監督が登壇した。  沼田真佑の処女小説にして芥川賞受賞作「影裏」の映画化。見知らぬ土地でただ1人心を許した友が姿を消したことで、その本当の姿を探していく主人公の青年の喪失と再生を描くヒューマンミステリー。  撮影は、小説の舞台・盛岡で1カ月弱にわたり行われたといい、大友監督は「無事2人が現場に来てくれさえすれば、あとは場の空気とキャッチボールしながらやってくれるので僕はとくに何も言わなかった。半分、この2人のドキュメンタリーを撮ろうと思っていた」と、2人への信頼をあらわにした。綾野も「盛岡で全編撮影できたことが最大の役作りになった」と振り返った。

ヒロインに夢中!『カルテット』

2017.07.14 Vol.694
 松たか子、満島ひかり、高橋一生、松田龍平という30代を代表する豪華キャスト4人が揃い話題を呼んだドラマ。脚本は『Mother』『最高の離婚』などを手掛けた人間ドラマの名手・坂元裕二。恋、涙、笑い、秘密、嘘が入り乱れる、ビタースウィートな大人のラブストーリー&サスペンス。俳優陣の演奏シーンはもちろん、謎めいた人間関係や物語の展開、何より坂元脚本ならではの巧みな会話劇に引き込まれる。  ある日“偶然”出会った4人の音楽家・真紀、すずめ、諭高、司。彼らはカルテットを組み、軽井沢でひと冬の共同生活を送ることに。しかし、その“偶然”には大きな秘密が隠されていた…。 販売元:TCエンタテインメント 発売中 DVD-BOX1万9000円(税別)

「忙しくて脚本読んでない」相棒・松田龍平に大泉洋キレる!?

2017.02.02 Vol.683
 映画『探偵はBARにいる3』の製作会見が1日、都内にて行われ、大泉洋、松田龍平、新ヒロインの北川景子が登壇。三者三様に意気込みを語った爆笑会見となった。  同作は、東直己の人気小説を原作に、札幌・ススキノを根城とする探偵とその相棒の活躍を描く人気シリーズ。  冒頭、主人公の探偵を演じる大泉は「2が終わったときに3の製作は決まっていたが、じっくり良いものを作ろうということで、約4年ぶりの新作となりました。久々の探偵役に高揚しております」と挨拶。ところが、相棒・高田役の松田が「大泉さんが忙しかったせいで4年ぶりとなりました」とまぜっかえし、これに大泉が「あんたこそ今、連ドラの仕事を入れてるでしょ?」と、現在放送中のドラマ『カルテット』でバイオリン奏者を演じている松田に反撃。「バイオリンを弾きながらアクションをしたい」と何食わぬ顔で言う松田に大泉は「できるわけないだろ! こっちは何年も前からやるって決まってたのに、なんでこのタイミングで連ドラの仕事を受けるの!」と返し、劇中さながらの掛け合いに。その後も大泉は、2月からのクランクインに向け「心配なのは松田くんのスケジュール。ドラマのほうはタイトルを『トリオ』に変えて、松田君抜きでやってもらうしかないかなと」などと答えていたが、そんな大泉の心配が的中。なんと、脚本の感想を聞かれた松田が「まだ自分のところしか読んでないんですよね。ドラマが忙しくて」とポロリ。「シンプルに、探偵の原点回帰というか…」と、しれっと感想を続けようとする松田に、大泉は「読んでないんでしょ!? やめて、当てずっぽうで言うのは!」と絶叫し、会場は大爆笑。  そんな2人の姿に、シリーズのファンだという北川は「本当に探偵と高田みたい」と喜んでいた。  同作は2017年冬に公開予定。

『ジヌよさらば〜かむろば村へ〜』主演 松田龍平

2015.03.23 Vol.639
 昨年は、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」で演じた水口琢磨役で“ミズタクフィーバー”を巻きおこし、主演作『舟を編む』では日本アカデミー賞をはじめ数々の映画賞で主演男優賞を総なめに。今最も目が離せない俳優・松田龍平が、10年ぶりに鬼才・松尾スズキとタッグを組んで挑むのは“お金恐怖症”の青年というユニークすぎる役どころ!

日本アカデミー賞『舟を編む』が最多6冠!

2014.03.10 Vol.612
 第37回日本アカデミー賞授賞式が7日、都内にて行われ、各部門の最優秀賞が発表。石井裕也監督の『舟を編む』が作品賞、監督賞、脚本賞、主演男優賞(松田龍平)など、最多6部門で最優秀賞を受賞した。

『舟を編む』は、三浦しおんの同名小説の映画化で、松田演じる真面目で不器用な主人公が、膨大な年月をかけ仲間とともに辞書編纂という仕事に取り組む姿を描く。

 主演男優賞に輝いた松田は「大島渚監督の『ご法度』で新人賞を頂き、こうしてまた最優秀主演男優賞を頂いた。僕の親父(松田優作)を好きだった人に期待されているな、と。いろいろな人に影響を受けて、その中で自分のやりたいことを見つけていければいいと思います」と感慨深げに語りつつ、最多6部門での最優秀賞受賞について「たくさん賞を頂きましたが、作品賞が一番うれしい」と喜びを見せた。

 石井監督は「松田さんをどうしても勝たせたかった。みんなで作った映画なので、一緒に戦ってくれたスタッフとこうしてこの場にいることができて本当にうれしい」と語った。

 また『さよなら渓谷』で最優秀主演女優賞、『そして父になる』で最優秀助演女優賞というW受賞に輝いた、真木よう子は「本当にうれしいです!(助演賞を)リリーさんと一緒に取れたことがとてもうれしいです 」と笑顔を見せた。

探偵はBARにいる

2012.02.27 Vol.542


 大泉洋と松田龍平が探偵コンビ役で共演した話題作。札幌在住のミステリー作家・東直己の"ススキノ探偵"シリーズが待望の映画化。酒好きで美女に弱いが正義感の強い探偵"俺"役に大泉。つかみどころがないがケンカが強い相棒・高田役に松田。他、魔性のヒロイン・沙織役に小雪。ススキノの裏も表も知り尽くした探偵"俺"は行きつけのバーで相棒の高田と飲んでいた。そこへ"コンドウキョウコ"と名乗る女から電話が入り奇妙な依頼を引き受ける。ところが予想外のトラブルに巻き込まれてしまい...。「相棒」シリーズのスタッフが描く極上のミステリーエンターテインメント。




販売元:アミューズソフト 発売中 DVD通常版3390円(税込)

©2011「探偵はBARにいる」製作委員会




Copyrighted Image