終わりよければすべて良し? 矢地祐介が復活の逆転KO勝ち【12・29 BELLATOR】

2019.12.30 Vol.Web Original

上迫博仁に3R、逆転のKO勝ち

「BELLATOR JAPAN」(12月29日。埼玉・さいたまスーパーアリーナ)のメインで矢地祐介が上迫博仁を3RKOで破り、3連敗からの復活勝利を挙げた。  矢地はRIZINスタート時から快調に白星を重ね、ライト級のエースとして活躍したが、昨年8月にルイス・グスタボに敗れてから歯車が狂いだし、その後、ジョニー・ケース、朝倉未来と3連敗。今年開催されているライト級GPへの出場も逃すなど2019年はどん底に突き落とされた年だったが最後に劇的な逆転勝利を挙げ、1年を締めくくった。  試合は1Rから上迫がプレッシャーをかけ詰めるところを矢地がフットワークを使って回っては反撃する展開に。矢地は左ハイに左ストレートを的確に当てていく。両者のパンチが交錯する中、上迫が左目じりから出血。ラウンド間にこのカットは有効打によるものとコールされた。  2Rも上迫のプレッシャーは強烈。矢地はカウンターの右フック、左ハイで反撃も、上迫のプレッシャーは弱まらない。終盤、矢地が足を使ってケージ伝いに回るところ、上迫の右フックをもらい矢地がダウン。上迫はサッカーボールキックを狙うが、矢地は寸ででかわすと、上迫が上のポジションを取りパウンドを狙う。

3連敗中の矢地が自分探しの旅から帰還「年末らしい動きのある試合になる」【12・29 BELLATOR】

2019.12.27 Vol.Web Original

大会を締めくくる第14試合で上迫と対戦

「BELLATOR JAPAN」(12月29日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)の前々日会見が12月27日、都内で開催された。  現在3連敗中の矢地祐介が「またこの季節がやってきたなという感じ。非常に楽しみです」と試合を2日後に控えた心境を明かした。  矢地は「RIZIN提供試合」で大会を締めくくる第14試合で上迫博仁と対戦する。  上迫については「カーフだったりサッカーボールキックだったりと一本極められる技を持っているいい選手だと思います」と話し、試合展開については「どうなるんすかねえ。まあ、噛み合うとは思いますけどね。上迫選手も打撃主体で俺もストライカー。年末らしい動きのある試合になるんじゃないかと思います」と激しい試合になることを予想した。  前回の朝倉未来戦での敗戦後は「自分を知るっていうことが大きなテーマだった。自分がどんな選手なのか何が得意なのか今までぼやっとしか分かっていなかったので、“自分の強みってなんなんだろう?”ということを中心に自分を知る期間だった」と振り返り「自分がどういうファイターかを現時点では周りのアドバイスや周りの力を借りて理解することができた。今までは良くも悪くもふわっとしていたが一本軸ができたと思います」などと心機一転して試合に臨めるよう。

5カ月ぶりの復帰戦に矢地祐介「己を知る期間だった」と進化を強調【12・29 BELLATOR】

2019.12.17 Vol.Web Original

「自分自身が何者なのかということが分かっていなかった」

「BELLATOR JAPAN」(12月29日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)に出場する矢地祐介が12月17日、都内で公開練習を行った。  矢地はRIZIN提供試合で元DEEPフェザー級王者の上迫博仁と対戦する。  この日は2分間のミット打ちを披露。左右のパンチにミドル、ヒザ、そしてヒジ打ちと多彩な動きを見せた。  練習後の会見では「いい感じ。あと2週間。試合当日に向けて徐々に調子が上がっている。試合当日には120%の仕上がりになる」と順調な仕上がりのよう。  練習メニューについては「基本に立ち返ってやっている。打撃、寝技、レスリングと全体的な底上げをしている」という。かねてからロータス世田谷に出稽古に行っていたのだが、それは現在も継続中。そして田中路教や元谷友貴らKRAZY BEEに出稽古にきている選手とも練習を重ねているようで「ここ最近の試合で、自分自身が何者なのかというところが分かっていないところがあった。そういうところをチームメイトとの練習や出稽古先で、“俺ってこういうところが強いんだ”というところが分かった。そういう己を知る期間だった。それは打撃だとこういう時、寝技だとこういう時というように各分野でのこと。自分自身で分かっていなかったそういう強みに気づけたことで試合運びや展開とかが作りやすくなると思う」などとこの7月に朝倉未来に敗れて以降の約5か月間で大きな進化を遂げたよう。 「自分の強みを生かせる展開になったら自信を持って戦える。そういう場面が増えた。それがどこかは言えないですよ(笑)」と言いながらも「ダメなところは打ち合いで顔を背けるところ。打ち方とか目を離さないこととか、タックルの入り方などをしっかりおさらいした」と弱点の克服も順調だ。

朝倉未来が大晦日に参戦。Bellatorとの対抗戦に出場【12・31 RIZIN】

2019.11.14 Vol.Web Original

大晦日に参戦予定だった堀口恭司がケガで欠場

 年末恒例の格闘技イベントとなる「RIZIN.20」(12月31日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)と「BELLATOR JAPAN」(12月29日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)のカード発表会見が11月14日、都内で開催された。  この2大会でRIZINとBellatorの対抗戦が行われるのだが、この日は5カードが発表された。29日にケージで3試合、31日にリングで2試合が行われる。  31日には朝倉未来がジョン・マカパと対戦する。マカパは柔術仕込みの寝技と変則的な打撃を得意とするファイター。MMAで23勝4敗2分の戦績を誇り、UFC参戦経験もある強豪。  未来は「試合は出ようかどっちでもよかった。海の試合を楽しみにしていた人がいて、なくなったので出ることにしました。俺が一番すごい試合をするので楽しみにしていてください。大将は強さに自信あるので任せてください。フェザー級選手についても返り討ちにするので、ベルトをつけてもらえれば。相手はいい選手、これから追い込みを頑張りたいと思います」と話した。31日は元谷友貴vsパトリック・ミックスも行われる。  またこの日は合わせて、大晦日に朝倉海との対戦が決まっていた堀口恭司の欠場が発表された。堀口は右膝前十字靭帯の断裂と半月板損傷で緊急手術を行い、全治10カ月と診断された。海のカードは後日発表される。

朝倉未来が矢地祐介を圧倒。ライト級GPについては「興味ない」【7・28 RIZIN.17】

2019.07.29 Vol.Web Original
未来が打撃で主導権
「RIZIN.17」(7月28日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)のメーンで行われた矢地祐介vs朝倉未来の一戦は3Rを戦い切り、3-0の判定で未来が勝利を収めた。  2人はカードが発表された神戸大会のリング上からこの日まで、メディアを通じて舌戦を繰り広げてきた。  1R開始早々に2人の蹴りが交錯し矢地がバランスを崩すが、未来は追撃はせず。  未来の強烈な左ローに1Rから矢地の右足が流れ始める。  矢地の前蹴りに未来がボディーからのワンツーを合わせるなど、未来が打撃で主導権を握る。  1R終盤には未来のプレッシャーに矢地がずるずると下がる場面も。

矢地祐介と朝倉未来、前日計量恒例のコメントもなく決戦ムード最高潮【7・28 RIZIN.17】

2019.07.27 Vol.Web Original
矢地と未来が静かに火花
「RIZIN.17」(7月28日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)の前日計量が27日、都内で開催され、全選手が規定体重をクリア。全12試合が予定通り行われることとなった。  メーンで対戦する矢地祐介と朝倉未来はともに厳しい表情でステージに上がる。先に秤に乗った朝倉は69.85kgでパス。続けて秤に乗った矢地に朝倉が視線を投げたが、矢地は正面を見据え秤に乗る。その後は視線をかわすことはなかった2人だが、フェイストゥフェイスでは静かに火花を散らす。

矢地の「完膚なきまでに叩き潰す」に未来も「圧倒的に勝つ」【7・28 RIZIN.17】

2019.07.26 Vol.Web Original
メーンで矢地祐介vs朝倉未来
「RIZIN.17」(7月28日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)の前々日会見が7月26日、都内で開催された。  メーンで朝倉未来と対戦する矢地祐介はコンディションについては「絶好調」と笑顔を見せたが、対戦相手の朝倉については「最近勢いに乗っている選手という印象」とそっけない。  試合については「完膚なきまでに叩き潰す。レベルの違いを見せつけるというイメージで生活している」と話した。  矢地は現在、2連敗中なのだが「2連敗してすべてを見つめ直しているなかで、この試合が決まって、さらにクオリティーを上げざるを得ないいいきっかけになった。試合がない期間にひとつひとつレベルアップできたので、すごい自信があるし、どれだけ成長した姿を見せられるのか自分でも楽しみ」という。  今回の試合にあたっては階級差がたびたび話題となるのだが本人としては「そこまで戻すタイプじゃない。70kgでも、世界の相手と組み合っても組み負けたことはない」としたうえで「やっぱり70kgでやらなかったほうが良かったと、みんなも本人(未来)も思うと思う」と話した。

矢地祐介が「朝倉未来の化けの皮をはがす」【7・28 RIZIN.17】

2019.07.22 Vol.Web Original
「ライト級GPのことは頭にない」
「RIZIN.17」(7月28日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)に出場する矢地祐介が7月22日、都内で公開練習を行った。  矢地はメーンで朝倉未来と対戦する。  2人は対戦が発表された6月の神戸大会のリング上からコメントで火花を散らし、RIZINのオリジナルドキュメンタリー番組「RIZIN CONFESSIONS」や雑誌のインタビューでもエスカレート。  7月8日に行われた会見では矢地が最後の2ショットでのフォトセッションを拒否し会場を後にするといった事態に発展していた。  矢地はこの日は2分間のミット打ちを披露した。  その後に行われた会見では先日の会見よりは柔和な表情を見せた矢地。  現在のコンディションについては「絶好調。体重もバッチリ。精神的にも肉体的にも日曜日には100%に持って行けるコンディション」と話した。  今回の試合は矢地にとっては事実上、ライト級GPへの出場をかけた試合という意味合いもあるのだが「ほとんど頭にない。結果を出さなければ出られないのは当たり前。出たい気持ちはあるが、まずは目前の相手を叩き潰してそこから考えようという感じ。後のことは何も考えていない」という。

試合順発表。メーンはもちろん矢地祐介vs朝倉未来【7・28 RIZIN.17】

2019.07.18 Vol.Web Original
メーン前には“バンタム級四天王”の2試合をラインアップ
「RIZIN.17」(7月28日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)の試合順が7月18日、発表された。  メーンは矢地祐介vs朝倉未来。その前に“バンタム級四天王”の2試合「石渡伸太郎vs佐々木憂流迦」「元谷友貴vs扇久保博正」がラインアップされた。  オープニングマッチはキックボクシングルールの「渡部太基vs Hideki」となり、その後、「KINGレイナvsステファニー・エッガー」「ハム・ソヒvs前澤智」の女子2試合が続く。  休憩前の第5~7試合にはライト級GPの査定マッチの意味合いもある「ホベルト・サトシ・ソウザvs廣田瑞人」「川尻達也vsアリ・アブドゥルカリコフ」「北岡悟vsジョニー・ケース」の3試合が並んだ。

メーン登場の朝倉未来が「打撃の余裕がない」と対戦相手の矢地をばっさり【7・28 RIZIN.17】

2019.07.16 Vol.Web Original
「矢地選手のことはもう丸裸にできている」
「RIZIN.17」(7月28日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)のメーンで矢地祐介と対戦する朝倉未来が7月16日、東京都内で公開練習を行った。  この日は弟の海がミットを持ち、3分間のミット打ち。サウスポー、オーソドックスと変化しながら、コンビネーションもまじえ多彩な重いパンチを打ち込んだ。  朝倉はRIZINに参戦し、ほぼ1年。今回のメーン出場については練習後の会見で「想定していなかった。早かったですね」としつつ「(メーンだからといって)特になにもない。試合を盛り上げるだけ。1試合目でもメーンでもそれは関係ない」と話した。  朝倉は試合にあたっては綿密な戦略を練って臨むことはすっかり知られるところとなっているが、今回も「いつも通り相手を研究して、相手の癖に合わせる練習はしているが、それ以外は普通の練習。矢地選手のことはもう丸裸にできている」とのこと。そして矢地の弱点について「打撃の余裕がない。待てないのとフェイントに対しても大きいリアクションしか返せない」などと話した。

髙田延彦がRIZINライト級GPについて「五味隆典待望論がある」【髙田横粂の世相談義】

2019.07.09 Vol.Web Original
「RIZIN.17」での矢地祐介vs朝倉未来について「過酷で冷徹な現実」と解説
 元総合格闘家で、総合格闘技イベント「RIZIN」で解説を務める髙田延彦が元衆議院議員で弁護士の横粂勝仁氏とともにMCを務めるインターネット配信番組『髙田横粂の世相談義』( https://www.youtube.com/channel/UC6pk9bSToNFTW8ehb5TXeYA )で「RIZIN.17」(7月28日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)で行われる「矢地祐介vs朝倉未来」について語った。  髙田は同大会で最も注目されているカードとしてこの2人の対戦を挙げ「未来選手が出てくるまでは矢地選手が日本の中量級を背負って立つといわれていたが、現在2連敗。そのさなかに未来選手が試合内容はもちろん、試合前後のコメント、そしてその生き方で見る側の心をつかんだ。これからこの階級、ライト級GPが予定されているので、生き残りをかけた戦いになる」などと解説した。  そして矢地については「GP出場当確だった男が地獄に落ちる可能性もある」、未来については「彼がいないと集客にも響くんじゃないかというくらい影響力がある」などと現在2人が置かれた状況を説明。そのうえで「矢地はルイス・グスタボとジョニー・ケースに敗れている。未来はグスタポに勝った。矢地が汚名返上してまた主役に躍り出るには未来を倒すのが一番早い」と矢地側の視点からこの試合の意味を語った。そして「互いにこの半年から1年において転機になる大きな試合」と話し「見ている側としては、これだけ言葉でばちばちぶつかりあった2人がどれだけ自分のプライドを見せることができるか。過酷で冷徹な現実。間違いなく白黒が付く」などと2人のぶつかり合いに期待した。

Copyrighted Image