マツコ・デラックスが化粧品CM初出演「いつ死んでもいい」

2019.03.13 Vol.Web Original
 マツコ・デラックスが資生堂の新しいファンデーション「薬用 ケアハイブリッドファンデ」のアンバサダーを務めることになり、13日、都内で行われた発表会に出席した。  化粧品CMに出演するのは初めて。マツコは「資生堂がこんなことしていいのっていうさあ……。まあ、IKKOさんが出てたけど、おかまが好きな会社ね。ありがたい話ですよ、ダイバーシティ!」と手放しで喜び、「資生堂のCMに出させていただくなんてもう、いつ死んでもいいですよ!……全クライアントに言っているんだけどね」と、付け加えた。  つねにしっかりメイクのマツコ。「ファンデーションをうまく使えば、いろんなものを隠せるんだってね。私なんて、取ったら普通の46の太ったおじさんですからね。どうにかなるのよ。ファンデは大事! ちょっと薄すぎると思うんだよね、日本人のファンデって。もっと塗っちゃっていいと思うのよ。バカバカバカバカって、1つ1週間で使い切るくらい。そうしたら、資生堂さんが儲かるから!」と、笑った。

お風呂で使える“泡パック”が誕生!【腕利き宣伝マンが猛プッシュ コレよ、コレ!】

2017.12.19 Vol.701

 満島ひかりのCMでおなじみのスキンケアブランド専科から、手軽なスペシャルケア製品が発売。ずぼら女子の間で人気拡大中だ。 「20代、30代の女性を応援するブランドとして2016年にリニューアルした専科は、すき間時間で簡単手軽にスキンケアができる『パーフェクトホイップマスク』を今年9月に発売しました。その年代の女性は未婚や既婚、また子どもの有無に関わらず、忙しい毎日を送っています。時にはメイクを落とさずに眠ってしまうことも。きちんとしたいけど、時間や気力がなく、なかなかできない女性にとって、日々の生活の中でプラスアルファのスキンケアは、簡単ではありません。そこで、お風呂に入りながら、ついでにスキンケアができるものがあればと開発されたのが、この商品です」  どのくらい手軽かというと…。 「メイクを落として洗顔後、泡を顔に乗せ3分経ったら洗い流すだけ。泡立てる必要もありませんし、泡をのせている間、体を洗う、ヘアトリートメントを浸透させる、湯船につかるなど他の事ができます。お風呂の中では蒸気で肌が柔らかくなっているので、スキンケアするには理想的な環境。短時間でしっかりお肌を保湿してくれます」  乾燥が気になるこれからの季節にいいですね。 「泡を顔に塗布すると、だんだんと肌に密着してきます。それが浸透し肌の上に潤いのベールができるため、洗い流した後もお肌はしっとり、潤いが持続します。通常、お風呂上がりの保湿ケア制限時間“保湿リミット”は、約10分といわれていますが、この商品を使うと、入浴後の水分量が2倍になり、保湿リミットも60分と大きく延びるという研究結果も。約75回分とコスパもいいので、時間、手間、お金をかけずにプラスアルファのスキンケアができるアイテムとして、ぜひお試しください」

吉田沙保里が髪なびかせウオーク「意識高くいきたい」

2017.02.08 Vol.683
 吉田沙保里が8日、期間限定でサナギ新宿にオープンした「艶ミュージアム-私を艶髪にしてくれる28のこと-」のオープニングイベントに最初のゲストとして出席、真っ白なワンピースでレッドカーペットをウォークした。  イベントには資生堂トップヘアメークアップアーティストで、この日の吉田のヘアも手掛けた計良宏文氏も登壇。吉田の髪を「20代前半の髪質」と褒めると、吉田は「本当は34ですけど…ケアはしているので、うれしいです」とニンマリ。「20代の髪を続けられるように、意識高くいきたい」と話した。  ミュージアムは艶のある髪“艶髪”になるための28の秘密を見て学べる空間。来場者がレッドカーペットの上を歩く姿をスタッフが撮影するという試みもある。また、希望者は無料で「艶髪スタイリング」も体験できる。  一足先にミュージアム内を鑑賞した吉田は「モナ・リザを艶髪にするというので、隣りで写真を撮りました」とニコニコ。さらに「髪の大切さが分かった」とコメントした。  10日まで。期間中は12~20時まで。入場無料。  

Copyrighted Image