大黒摩季らがサーフィンを応援する音楽イベント開催 【NISSAN X-TRAIL presents Surf in MUSIC】

2018.04.17 Vol.Web Original
 音楽でサーフィンを盛り上げ、応援するプロジェクトLIVE「NISSAN X-TRAIL presents Surf in MUSIC」が5月19日、千葉県いすみ市太東ビーチパークで開催される。2020年に迫った東京五輪で正式種目に決定するなどサーフィンに注目が集まるなかで、より大きなサーフムーブメントを作り出すとともに、サーフィンやビーチカルチャーがより日本に浸透、そして定着することを目標に掲げて行われる。    ビーチミュージックやサーフミュージックというジャンルが存在するように、こと海外では海やビーチ、そしてサーフィンと音楽のつながりは強い。ゼロ年代に入ると、新世代の海外アーティストの盛り上がりを受けて日本でも音楽やカルチャーに注目が集まり、サーフィン文化が再び注目を集めている。  その勢いにさらに加勢するのがこの「Surf in MUSIC」のプロジェクトだ。今年で15周年を迎える人気サーフイベント「Surf Town Festa (サーフタウンフェスタ)2018」と連動して展開する。  ライブには、大黒摩季をはじめ、シンガーソングライターの光永亮太、レゲエシンガーのMOOMINら、サーフィンや海、音楽を愛するアーティストやスタッフによって結成されたコンセプトチーム「波音組(はねぐみ)‐Surf Music Lovers‐」が出演。「音楽とサーフィンを応援する」というコンセプトの下で、ステージを展開する。海や空のようにどこまでも広がるスケールの大きなライブ、スカッと気持ちのいい歌声に、もう波に乗りたいという気持ちが高まりそうだ。  波音組は、サーフシーンの応援・ビーチカルチャーの形成、サポートに向けて、一体となり活動を行っている。    チケットは現在、ローチケにて発売中。 イベントの詳細は、公式サイト( https://www.surfinmusic.jp/ )で。

Copyrighted Image