吉川ひなの「女の子同士で遊びたい」

ph


 アメリカの玩具メーカー・マテル社が昨年発売しブームとなった“歌う脱力系ゆるカワぬいぐるみ”「シンガマジック!」が日本上陸。その発表会にモデル・吉川ひなのが登場した。
 お腹の部分を押すと、口をパクパク開けておしゃべりやコーラスなどをする、音の出るぬいぐるみ。吉川は、今回発売の4色それぞれのぬいぐるみにニックネームを依頼され「赤は恋するイメージで“ラブ”ちゃん、ブルーは“空”くん、ピンクは絶対“姫”、黄色は“ダーリン”」。色は順次増えていくと聞き「廊下にざーっと並べたい!」。色ごとに音が異なるため複数揃えればハモらせて遊ぶことができるが、吉川がこのぬいぐるみで一緒に遊びたいヒトは、と質問されると「この子たちで遊ぶなら、女の子同士がいいです」。吉川はすっかりぬいぐるみを気に入った様子で「30歳を迎えましたが結婚は?」というストレートな質問にも音を出して遊びながら「まだいいかなと思ってます」と笑顔で答え、終始ご機嫌だった。
 冒頭、同社日本法人マテル・インターナショナルの大塚幸二社長は「5月5日のこどもの日が近いが、日常生活もままならない子供たちを思うと胸が痛みます。こんなときこそ玩具メーカーとして子供たちを和ませなければいけないと痛感しています」と語り、同商品1000個の寄付などを発表した。
 日本では4月23日より玩具店や大手スーパーなどで販売される。

【シンガマジック! 公式サイト】http://www.thesingamajigs.jp/