新型 E-Classで“未来”へ、ドライブ!

俳優・平山浩行がメルセデス・ベンツの最新“部分自動運転”を体験!
 それは、未来を感じさせてくれる車。メルセデス・ベンツが生み出した最新の部分自動運転システムの数々が搭載された新型E-Classが登場。車をこよなく愛する、俳優・平山浩行が新型E-Classで“未来”のドライブ体験!
車はこうして進化した! 赤坂の迎賓館で部分自動運転のシンポジウムが開催され、その中で新型E-Class(中央)の驚きの機能が紹介された
“上質”と“最先端”を極めたら“未来”が見えた

 メルセデス・ベンツのセグメントの中でも、洗練と革新を誇ってきたE-Class。この夏、日本で発売となった新型E-Classは、かつてないほどの革新を体現した車となった。2013年にリリースされたE-Classには、メルセデス・ベンツとして初めて、レーダーセンサーや複数のカメラにより車の周囲ほぼ360度を常に感知し、自動作動する安全運転支援システム〈レーダーセーフティ〉を搭載。そして今回の新型E-Classでは、その安全運転支援システムを拡充させる最新の部分自動運転機能の数々に、世界の注目が集まっている。新型E-Classに初めて搭載された新技術〈ドライブパイロット〉は、より、状況の検知の度合いや、アシストが作動する状況も拡大。より幅広い状況で部分自動運転のサポートを受けることができる。新型E-Classに搭載された数々の“初”のシステムにより、メルセデスの安全運転支援は新しい領域へと進化した。六本木のメルセデス・ベンツ コネクション(以下:MBC)でも新型E-Classの展示やトライアルクルーズを実施中。夢の完全部分自動運転をすぐそばに感じられる、驚きのドライブをぜひ体験してほしい。


ラインアップは〈2.0L 直4 直噴ターボのE 200 AVANTGARDE(675万円)、E 200 AVANTGARDE Sports(727万円)の他、10月以降に2.0L 直4 直噴ディーゼルターボのE 220 d AVANTGARDE(698万円)や3.5L V6 直噴ターボのE 400 4MATIC エクスクルーシブ(988万円)などをリリース予定(各メーカー希望小売価格・税込)
新型E-Classの“未来型”ポイントをチェック!

新技術「ドライブパイロット」
 新型E-Classに初めて搭載された「ドライブパイロット」により、車との車間距離だけでなく周囲の車両やガードレールなどを把握し、ステアリングアシストが作動する状況が大幅に拡大。車線が不明瞭だったり表示されていない場合での追従運転も可能になった他、システム起動時に高速道路上で自動停止した場合、30秒以内ならまた自動で再発進することも可能に。またウィンカーを2秒以上点滅させると自動で安全に車線変更を行うシステムや、ドライバーが無反応な状況に陥ると自動的に減速・停止するシステムなども初めて搭載されている。


コックピットはまさに近未来的!
 新型E-Classのコックピットにはセグメント初となる高性能ワイドディスプレイを設定。2つのディスプレイを一枚のガラスカバーで融合させたことで、コックピットの印象はより洗練され、未来的に。さらに新型E-Classでは、世界で初めてステアリングにタッチコントロール機能を装備。ステアリングの左右につけられたコントローラーのタッチパネル部分を指でスマホのように操作できるので、ハンドルを握ったまま各機能の操作が可能。また、安全運転支援システムなどをセンターコンソールでショートカット操作できるようになった。


新型LEDのヘッドライトが印象的
 新型E-Classの洗練されたフェイスデザインのうち、ひときわインパクトを放つのがヘッドライトだ。印象的な青いライトに彩られたマルチビームLEDヘッドライトの機能も、さらに強化された。このヘッドライトには84個のLEDが3段グリッド状に配置されており、それぞれ1個ずつを電子制御することで、道路標識に光を反射させないようにしたり、カーブを検知して配光パターンを制御するなど、きめ細かい配光を自動で行う。
運転好きな平山浩行が自動運転を体験したら…!?

カスタマイズで気分もアガる

 MBCスタッフの説明を軽く聞いただけで、新型E-Classで初めて搭載されたステアリング脇のタッチコントロールボタンを使いこなしてしまう平山。「ハンドルから手を離さずに操作できるし、目線をほとんど下げる必要がないのもいいですね」。センターコンソールのコントローラーも使って早速、調整開始。「室内灯は64色から? ディスプレイ表示のデザインも選べるんですか。これは気分が上がるなあ(笑)。ここまで自在にカスタマイズできるのに操作は簡単だし、あちこちに手を伸ばさなくて済むのもドライバーにはうれしいですね」。アンビエントライトはブルー系に、モニターデザインは〈スポーツ〉タイプにカスタマイズ!

安心だから心もより開放的に

 新型Eクラスに初めて搭載された新技術〈ドライブパイロット〉の安全運転支援システムには、運転慣れしている平山も大満足の様子。「車間距離だけでなく周囲の交通状況を監視してくれたり、実際のトラブル時に自動で反応してくれるというのは、運転していても安心感がありますよね。横から衝突されたとき乗員をドアから遠ざけるとか、衝撃音の耳への伝達を軽減させる音を出すとかどこまでも人に優しい。おかげで室内の上級感や、メルセデスならではの走りも心行くまで楽しめます」。ルーフを開いて風を感じながらのドライブも、より開放的な気分に!

縦列駐車も余裕でおまかせ

 ウィンカーを出すだけで高速走行時の車線変更も自動で行う。「しかも動きが滑らかできれい。もう信頼して任せられますね(笑)。自分で全部運転していないとつまらないと思っていたけど、この部分自動運転システムがあれば楽だし安心だし、よりドライブをリラックスして楽しめそうですよね」。さらに、駐車スペースを認知して自動で縦列駐車をしてくれる機能を体験。「おお〜(笑)! ハンドルを切るのが早い! シフトも自動で切り替えて…これはすごいな。スマホで駐車が操作可能になるというニュースも見ましたけど搭載が楽しみですね」。縦列駐車に苦手意識の無い平山もすっかり感心。
平山浩行(ひらやま ひろゆき)1977年10月17日生まれ。ドラマ、映画で幅広い役をこなす俳優として活躍中 ヘアメイク・西岡達也(vitamins)
平山浩行が新型 E-Classから感じた「未来を見るために大切なこと」

「本当に好きなんですよね、車を運転するのが。僕は仕事にも車で行くことが多くて、都内の移動くらいなら大抵、自分で運転しています。ドライブが大好きなので天気のいい日にハンドルを握っていると、そのまま遠出したくなってしまうんですよ(笑)」

 俳優・平山浩行が車を語るときの顔は、ドラマや映画で見るときとはまた違う魅力にあふれている。今回、新型E-Classのハンドルを握ってみた感想は?

「もともと前のE-Classに乗っていたことがあるのですが、E-Classがここまで進化していたことに驚きましたね。部分自動運転の機能は、実際に体験してみて感動しました。特に、自動で縦列駐車をしてくれる機能。ぎりぎり間に車が入るかというくらいの狭いスペースに、自動でハンドルが切られて、スーッと何の迷いも無く入って行くんですから。正確で無駄の無い動きにビックリしましたね。あと、高速走行時の車線変更や追従運転も、実際に体験してみたら予想以上にスムースでした。自分でアクセルやブレーキ、ハンドルを操作していないと眠くなるんじゃないかと思っていたのですが、実際は、そういう運転操作や緊張感による疲労で眠くなることが多いという話を聞いて、なるほどと思いました。もちろん部分自動運転ですから、ドライバーとしてきちんと把握していないといけないですけど、自分がうっかりミスするのではという不安が無い、その安心感は代えがたいものがありますよね。体験前は、自動で車が動くなんて少し不安に感じたのですが(笑)、動きが本当にスムースで安心感がありました。僕はよく益子に陶芸をしに行くので高速道路も使って長距離を運転するんですけど、こういう機能があれば、本当に快適でしょうね」

 陶芸は7年ほど前からの趣味。

「人の手で作るものが好きなんです。モノ作りに込めた思いが伝わってくるものに引かれるんですよね。新型E-Classにも随所にクラフトマンシップを感じました。シートに座った瞬間に上質感を感じるインテリアもそうですし、洗練されたエクステリアのデザインも、車好きの大人の心をつかむんじゃないかな」

 車好きになったきっかけは。

「僕の叔父が車やバイクが好きな人で、カッコいい外車を磨いている姿にすごく憧れたんです。僕も大人になったらカッコいい車に乗りたいなと思いましたね。やっぱり好きなものがある大人はカッコいいと思うんです。好きなもの、熱中できるもの。そういうものが多いほど、大人の男の余裕というか、魅力につながるんじゃないかな」

 今の平山こそ、まさにそんな魅力的な大人の男性の代表格。

「昔から好奇心が強くて、大人になった今も趣味が多いので、やりたいことはまだまだあります(笑)。車好きなのも変わらないですね。いまだに流線型のデザインにはゾクゾクするし、今回のように最新機能を体験するとワクワクしますし(笑)。あと、室内のライトやディスプレイのデザインをカスタマイズできるのも贅沢だなと思いました。僕にとって、一人でドライブする時間というのもすごく大切なんです。そのときの気分に合わせて照明の色を変えれば、より自分だけの空間を感じられますね」

 新型E-Classは、隣に大切な人を乗せたい車でもあるはず…。

「そうですね、母を乗せてみたいかな(笑)。快適さや安全を感じてほしいというだけでなく、この部分自動運転システムには、絶対に驚くと思うんですよ。僕らにとっても未来的なんですから、親の世代にとっては本当に“未来”だと思います。実は最初、僕は自動運転に機械の冷たさみたいなものを感じるかと思っていたのですが、衝突時にサイドからの衝撃を低減する機能だったり衝撃音から鼓膜を守る音を出す機能だったり、そういうところまで自動で行ってくれるということに、人を思う温かさを感じたんです。確かに自動で操作されるのはすごいことだけど、その根底にあるのは“安全”なんですよね」

 未来を先取りして、大人のドライブに必要な上質感と安心感を備えた新型E-Class。少し未来を感じたドライブを平山も満喫した様子。
MBCの夏イベント『Enjoy Summer』で限定グッズをもらおう!

 六本木のMBCでは8月31日まで夏のイベント『Enjoy Summer』を開催。期間中は、新世代メルセデス5モデルと、Cクラス(セダン/ステーションワゴン/クーペ)を試乗した人にもれなくG-Classのクラフトキットをプレゼント。他にも期間限定オープン中の“NEXTDOOR The TERRACE”のSNS写真投稿によるプレゼント企画も実施中。詳細は公式サイトにて。
【URL】 http://www.mercedes-benz-connection.com/


Mercedes-Benz Connection(メルセデス・ベンツ コネクション)
【時間】ギャラリー:10〜20時【住所】東京都港区六本木7丁目3番10号