マギーがメルセデスの100%電気自動車EQCでドライブ「電気自動車のイメージが…!」

2019.11.15 Vol.Web Original
クルマ好きで知られるモデルのマギーが、メルセデス・ベンツの情報発信拠点メルセデス ミー 東京 (六本木)で“近未来”を体感。メルセデス・ベンツの100%電気自動車「EQC」のハンドルを自ら握り、その走りをチェック!

マギー「こんな家で暮らすのが夢」。クルマが家の中に…! 近未来の“家”にワクワク

2019.10.24 Vol.Web Original
 クルマ好きとしても知られるモデルのマギーが、メルセデス・ベンツの情報発信拠点メルセデス ミー 東京 (六本木)で“近未来”を体感! “人・家・クルマがつながる空間”を実現したEQ Houseで、人と車がもっと近くなる近未来にトキメキ!

メルセデス・ベンツ「21世紀の超高級セダン」をはじめ多彩な電動モビリティーを披露

2019.10.23 Vol.Web Original
「第46回東京モーターショー2019」プレスデーが23日、東京ビッグサイトにて行われ、メルセデス・ベンツが100%電動のコンセプトカー「Vision EQS」をアジア初披露。他、ディーゼルプラグインハイブリッド車「E 350 de」など、日本初披露モデルも登場した。  メルセデス・ベンツ日本株式会社 代表取締役社長兼CEOの上野金太郎氏は、ダイムラーが提唱する「CASE」戦略のうち、電動化をさらに加速させていくと語り「ダイムラーは本年中に電気自動車とプラグインハイブリッドを20モデル導入、そして2030年までにはその販売比率を50%以上にすることを明言しています」と明かした。今年1月から9月までの累計で約4万9000台を販売し、純輸入車第1位を55カ月連続で維持しているメルセデス・ベンツ。上野社長は「現状に甘んじることなく、より多くのお客様にブランドに親しんでいただくために、何ができるかを常に模索しており、東京モーターショーでもさまざまな取り組みを行っていきます」と意気込みを語った。

メルセデス・ベンツが新型CLAおよびメルセデスAMG A35 4MATICを発表

2019.08.27 Vol.Web Original
 メルセデス・ベンツの新車発表会が27日、メルセデス・ミー東京(六本木)にて行われ、新型CLAおよびメルセデスAMG A35 4MATICが発表された。  メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎代表取締役社長兼CEOは「新しいコンセプトのコンパクトカー群では、MBUXの標準搭載やSクラスと同等の安全支援システムの搭載、高い走行性能、豊富なバリエーションという戦略を展開し、お客様の多様なニーズにフィットするモデルを提供することが可能となっています。すでに発表された新型Aクラスは8000台を突破し、国産、輸入車ユーザーを問わず、初めてのメルセデスとして多くの方に選んでいただいています」と新たなコンパクトカー群の好調な売れ行きを明かした。

ドライブ旅「必須快適良品」

2019.08.13 Vol.721
 残り少ない夏から秋の行楽シーズンに車でロングドライブを考えている人も多いはず。長距離移動はもちろん、渋滞にはまった時にどれだけ車内で快適に過ごせるかが旅の成功を大きく左右する。ということでドライブ旅に必須の快適グッズを探してみました。

メルセデス・ベンツ、好調の新型Aクラスにセダンが登場

2019.07.22 Vol.Web Original

 メルセデス・ベンツ日本は22日、新型Aクラスのラインアップに、新たに「Aクラス セダン」を発表した。昨年から販売を開始し、好調な売れ行きとなっている新型Aクラスに、フォーマルなセダンスタイルを加えることで、より幅広い層の獲得を目指す。 「Aクラス セダン」はメルセデス・ベンツ初となる、前輪駆動アーキテクチャーベースのプレミアムコンパクトセダン。コンパクトなボディーサイズながら、大人4人が快適に過ごすことができる広い室内空間を実現。Cクラスより一回り小さいサイズながら、室内空間は同等レベルの広さを確保している。

武豊「馬もこれくらい走ってくれたら(笑)」。メルセデス・ベンツの電気自動車「EQC」発表会に登壇

2019.07.04 Vol.Web Original

 メルセデス・ベンツの電気自動車「EQC」プレス発表会が4日、メルセデス ミー 東京(六本木)にて行われ、メルセデス・ベンツのブランド・アンバサダーを務めることとなった騎手の武豊が登壇。メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎代表取締役社長兼CEOとトークを行った。

この夏乗りたい! 走って泊れる北斎キャンピングカー登場

2019.06.27 Vol.Web Original

 東京・両国のORI TOKYOカフェにて25日、葛飾北斎のラッピングを施した新作レンタルキャンピングカーの発表会が行われた。  葛飾北斎作品の中でも、世界的に最も有名な代表作『富嶽三十六景 神奈川沖浪裏』。誰もが知っている浮世絵を全面にデザインしたキャンピングカーが、ORI TOKYOカフェとキャンピングカー株式会社とのコラボレートで誕生した。内装ものれんや座布団など和テイストで統一され、落ち着いた印象。もちろん乗り心地も抜群で、最大7名まで乗車しても広々とした空間を確保しているため、大人数でわいわい使うのにもぴったりだ。  現在、キャンプ愛好家だけでなく、インバウンド需要も高まっているというレンタルキャンピングカー。街中でもアウトドアでも目立ちそうな一台は、ジャパンキャンピングカーセンターにて6月28日よりレンタルが開始される。

道端カレンと尼神インター、メルセデス・ベンツ社長から花を贈られ「女ごころを分かってる」

2019.04.15 Vol.Web Original

 世界初となる女性のためのブランド情報発信拠点「Mercedes me GINZA the limited store(メルセデス ミー ギンザ ザ リミテッド ストア)」のオープニングセレモニーが15日、会場となるマロニエゲート銀座 2にて行われ、モデルの道端カレンとお笑いコンビ尼神インターの誠子、渚が登場した。 「メルセデス ミー ギンザ ザ リミテッド ストア」は本日15日にグランドオープンを迎え、8月25日までの期間限定でマロニエゲート銀座 2にて開催。期間中は、メルセデス・ベンツの車両展示や試乗、イベント開催や雑貨などの物販を行う。オープン記念として21日まで建物正面口に花の装飾をしたオープンカーを展示するほか、来店者に花を1輪プレゼントする(各日数量限定。無くなり次第終了)。

人、家、車がつながって進化する「EQ House」[Part.2]

2019.04.12 Vol.717

メルセデス ミー 東京 (六本木)にてモビリティーとリビングの近未来を体感できる「イエ」期間限定公開

 メルセデス ミー 東京 (六本木)に隣接するスペースにて、2年間の期間限定で公開された体験型施設「EQ House」。キッチンやリビング、寝室もある“家”の中には、なんと車が! 実は、いくつもの最先端技術が隠されているEQ House で体験できる“車と家と人の近未来”を紹介!

人、家、車がつながって進化する「EQ House」[Part.1]

2019.04.12 Vol.717

メルセデス ミー 東京 (六本木)にてモビリティーとリビングの近未来を体感できる「イエ」期間限定公開

 メルセデス ミー 東京 (六本木)に隣接するスペースにて、2年間の期間限定で公開された体験型施設「EQ House」。キッチンやリビング、寝室もある“家”の中には、なんと車が! 実は、いくつもの最先端技術が隠されているEQ House で体験できる“車と家と人の近未来”を紹介!

Copyrighted Image