まるで海の中から東京の絶景を眺めているみたい!/7月15日(日)の東京イベント

「海の地球ミュージアム 2018」9月2日まで開催中
日没後は幻想的なライトアップ演出で、まるで海の中から夜景を眺めている気分に
「海」に焦点をあてて地球のふしぎ、地球の過去・現在・未来を楽しく学ぶことができる体感型イベント「海の地球ミュージアム 2018」が六本木ヒルズ展望台 東京シティビューにて9月2日まで開催中。
沖縄の美ら海水族館からやって来たトラフザメの幼魚
 期間中は、東京の絶景が広がる東京シティビュー 屋内展望回廊に、沖縄の魚たちが泳ぐ巨大水槽が出現。透き通る美しいフォルムの水槽内で泳ぐのは、沖縄美ら海水族館の協力によって運ばれた沖縄の海にいる生き物たち。トラフザメの幼魚、ヒトデ、カクレクマノミ、チンアナゴ、ルリスズメダイ、ハリセンボンなど、色とりどりの魚たちが沖縄の美しい海を再現してくれる。
 日没後からは黒潮の豊かな海、深海のプランクトン、ザトウクジラやマンタ、ジンベエザメなどの姿を巨大プロジェクション映像で投影。迫力の映像を、東京の壮大な景色や夜景とともに楽しむことができる。まるで海の世界にいるような演出につつまれて眺める東京の絶景、夜景は非日常感も満点。
地球儀に手を置き力を入れると、その方向に映像が動く!
 また、同じ会場内には実際に触れて映像を動かすことができるインタラクティブなデジタル地球儀「触れる地球」を展示。実際の地震で発生した波の動きや台風が海をよみがえらせる秘密、マグロの回遊ルート、世界各地のペンギンの生息地など、多彩なコンテンツが用意されているので、地球儀に触れながらさまざまな地球の現象を学んでみよう。
「海の地球ミュージアム 2018」
【期間】2018年7月13日(金) 〜9月2日(日)
【時間】10〜22時 (最終入場:21時30分)
【場所】六本木ヒルズ展望台 東京シティビュースカイギャラリー1
【入場料】無料
※ただし、展望台入館料(一般 1800円)が必要
※展示生物は変更になる場合あり