15年ぶりの火星大接近を東京の絶景スポットで鑑賞/7月31日(火)の東京イベント

天体望遠鏡で見ると火星がさらに「近っ!!」
 15年ぶりとなる火星の大接近“スーパーマーズ”を観測するイベント「わくわく!!天体観測会」がSKY CIRCUS サンシャイン60展望台にて30日と31日の2日間限定で開催。ともに2018年に開業40周年を迎えるサンシャインシティとビックカメラの合同企画。

 火星は約2年2カ月の周期で地球に接近を繰り返しており、2016年5月31日の接近時は、地球と火星の距離が約7530万キロメートルだったが、今回は約5760万キロメートルまで接近。前回よりも約1770万キロメートルも距離が縮まると予想されている。ここまで接近するのは2003年以来の15年ぶり。火星は19時ごろに昇り始め、21時ごろの高度から見ごろになる予定とのこと。

 会場では、入門モデルから本格的な赤道儀タイプなどの天体望遠鏡で大接近の火星をはじめ木星や土星などの惑星観測も体験できる。今は今回のスーパーマーズ以外にも、木星や土星、金星、月などを観測するのに絶好な時期でもあるとのこと。海抜251mの高さからプロの解説とともに天体観測を楽しもう。また、この観測会に合わせて展望台内の一部照明を消灯するので、望遠鏡を使わない人も普段より引き立つ星空と夜景を楽しむことができる。
『わくわく!!天体観測会』
【日時】2018年7月30日(月)~7月31日(火)の2日間 
各日18時30分~22時 (最終入場は終了1時間前)
【会場】SKY CIRCUS サンシャイン60展望台
【内容】星空セミナー講師による天体解説、天体望遠鏡にて天体観測体験、照明を一部消灯
【入場料】SKY CIRCUS サンシャイン60展望台入場料:大人1200円、学生(高校・大学・専門学校)900円、こども(小・中学生)600円、幼児(4才以上)300円 ※VR料金別途