虎ノ門に「農場」や「棚田」が出現/10月11日(木)の東京イベント

『東京ハーヴェスト2018』本日11日より3日間、虎ノ門にて開催
駐車場が農場に!
 農家・漁師・酪農家といった食の作り手への思いを都心で深めることができる大収穫祭『東京ハーヴェスト2018』が本日11日より13日まで虎ノ門ヒルズ、新虎通りエリアで開催される。

 2013年にスタートし6回目の開催。今年は、ここでしかできない「日本の食を知る100の体験」を通じて各地域の風土・文化・歴史を楽しみながら再発見し、東京から全国、そして世界へと「おいしい日本」を発信する食の祭典を目指す。

 会期中は、イベントやワークショップ、フードや物販販売などさまざまなコンテンツが登場。3日間限定で出現する「農場」では野菜やしいたけの収穫体験や、世界に1台しかない特別な田植え機の試乗体験が可能。食事や子供たちが遊べるスペースも用意。家族で農場気分をたのしむことができる。
47都道府県の「ごはんのおとも」を具材におにぎりを握る
 また、47都道府県の「ごはんのおとも」を具材におにぎりを握ったり、豊洲市場オープン初日にセリにかけられた鮪の解体ショーを見ながらさばきたての鮪をおすすめのお酒といっしょに味わえるおいしいたいけんプログラムや、農家・生産者が直接教える講座など、食をめぐる16のワークショップも実施(事前申し込み制)。

“せんべろ”の聖地・北区赤羽から広がった、おでんの出汁と日本酒を混ぜて飲む「出汁割り」など、日本の酒と、それにぴったりのアテを楽しめる屋台も登場。GAP認証取得農産物だけで仕上げた、この屋台限定のおでんの他にも、岩手県山形村のブランド牛「短角牛」の希少部位、ヒレ肉を生産者が自ら焼いたり、宮崎県でたった4粒の種から復活した「奇跡のナス」をこだわりの味噌田楽で食べられる屋台も登場。
棚田をモチーフとしたインスタレーションも出現
 また、会場には“日本の原風景”棚田の美しさを表現した30メートルに渡るアート作品「棚田のテーブル」が出現。他にも、産地直送のすだちのつかみ取りができたり、福井の生産者から一斗枡でお米を量り売りしてもらったりと、生産者と向き合って食材を購入できるマルシェも毎年人気。ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」に掲載されている魅力的な地域食材を体験できるブースも登場するのでふるさと納税が気になっている人はお見逃しなく。
日本の酒とおつまみの新感覚マリアージュを体験
都心でしいたけ収穫体験
『東京ハーヴェスト2018』
【日時】2018年10月11日(木)・12日(金)16〜20時、 13日(土)11〜19時
【会場】虎ノ門ヒルズ、新虎通りエリア
【入場料】無料
【URL】http://www.tokyoharvest.com/