パラスポーツ観戦・応援イベントで熱狂! 小池都知事「だんだん盛り上がってきた」



 パラスポーツ観戦・応援イベント「BEYOND STADIUM」が24日、都内で行われ、約2000人が、パラ・パワーリフティングやウィルチェアーラグビーの試合を観戦した。

 第一線で活躍するパラアスリートによる試技やゲームを、それぞれの競技の専門家による解説やルール説明を聞きながら観戦したり、体験できるイベント。試合の前後や途中には応援のアドバイスも行われ、会場は時間が経つほどにエールや選手の名前が飛び交い、ヒートアップした。

 パラ・パワーリフティングでは、試技前のルーティンに熱い視線が集まったり、繊細なルールに客席も一喜一憂したりと、会場には公式試合さながらの緊張感が張り詰めた。それに乗せられて選手も本気モードに。非公式ながら記録も飛び出した。


 ウィルチェアーラグビーでは、埼玉のAXEとRIZE CHIBAが対戦。点の取り合いが続く緊迫した試合。タックルのド派手な音に圧倒されたり、相手チームの選手をフェイントで何人も抜く姿には大きな歓声が上がった。

 試合後、AXEの峰島靖選手は「応援していただいて、すごいテンションがあがりました。すごい楽しかったです。本番の試合では歓声でメンバーの声が聞こえなくなるんです。そういう環境の中で試合ができるのは大事なこと。それを今日、みなさんが作ってくれた。僕たちにもこれからの将来に役に立つこと。すごいうれしかったし、勉強になりました」と語った。
 
 ラグビーイヤーの今年、ウィルチェアーラグビーも「ウィルチェアーラグビー ワールドチャレンジ2019」(10月16~20日、東京体育館)など、いくつか大きな試合を控えている。峰島選手は「応援をお願いします」とアピールした。


 イベントには、コーラスグループのLittle Glee Monster、仮面女子の猪狩ともか、テリー伊藤、そして小池百合子都知事も出席した。イベント終了後の取材で、小池都知事は「だんだん盛り上がってきたと思う」と手応えを感じたようだった。
 
「BEYOND STADIUM」は、都が展開しているパラスポーツを応援する人を増やすプロジェクト「TEAM BEYOND」の取り組み。実際にパラスポーツを観戦・応援することで、競技やパラアスリートの魅力や応援の楽しさなどを体感してもらうのが狙い。プロジェクトでは、さまざまな観戦会などを行っている。