渋谷に新劇場『東急シアターオーブ』がオープン



ph_tokyo0300.jpg





 2012年春に開業予定の高層複合施設「渋谷ヒカリエ」に新劇場がオープンする。東急電鉄による渋谷駅周辺再開発事業「エンタテインメントシティしぶや」の象徴ともいえる同劇場は、「渋谷ヒカリエ」の11〜16階に位置し、総客席数は1972席(1〜3階)。地上約70mの高さから渋谷の街を一望できる開放的なホワイエと、浮遊感をコンセプトに空の濃紺と雲の白でデザインされた客席空間が特徴だ。同劇場では、ミュージカルや音楽劇をラインアップの中心に据え、ターミナル駅直結劇場の利便性を生かし、観劇文化の裾野を広げて行く。