本栖湖ファンドレイジングマラソン開催



ph_tokyo0400.jpg





 日本初の「ファンドレイジングマラソン」が9日、富士五湖である本栖湖で開催、参加したランナーは、湖畔の県道を往復する12キロのコースを日本屈指の景色を眺めながら、清爽な汗を流した。





“ファンドレイジング”とは、個人がNPO団体に寄付を集めることを意味する用語。同マラソンに参加した350名のランナーは、自分が支援したい団体を選び、自らが“ファンドレイザー”(=寄付を集める人)となり、JustGivingJapan(http://justgiving.jp/)を通じ、各々の目標を掲げて寄付を募るというもの。大会の発起人でもある長谷川理恵の『Smile&Run』をはじめ多くの著名人も参加した。





 なお、今大会で集まった寄付金73万5000円は、ランナーが支援した各団体に寄付される。