舞台版『もののけ姫』が渋谷で開幕

20130430c.jpg
  宮崎駿監督によるアニメ作品を舞台化した『Princess MONONOKE~もののけ姫~』の日本公演が29日、渋谷のアイア シアタートーキョーで開幕した。

 本公演を前に行われた公開リハーサルでは、ビデオテープ廃材を利用して作り上げられたタタリ神、原作に忠実でありつつも舞台ならではの表現が取り入れられた演出などで、観客を唸らせた。

 イギリスの若手劇団Whole Hog Theatre(ホール・ホグ・シアター)が舞台化。本国イギリスで行われた公演では、舞台作品への巧みな変換、斬新な演出や舞台装置などが絶賛された。その勢いのままに日本上陸を果たした本作は、作品の生まれたここ日本の観客も感嘆させた。

 演出のアレクサンドラ・ルターは「回を重ねるごとにどんどんいい舞台となっているので皆さん楽しみにしていてください」と、コメントを寄せている。

 5月6日まで同所で上演。詳細は公式サイト(http://princess-mononoke.jp/)で。

(c)Princess Mononoke 実行委員会
In association with WHT.
下駄箱から煮干しまで!?「ブラックサンダー」が提案するそれもありでしょ?バレンタイン
多国籍タウン・新大久保在住作家と歩くパワースポット「東京媽祖廟」とは?
『るろうに剣心展』開幕!描き下ろし新作ネーム、逆刃刀の展示も
124年ぶりの2月2日の節分に! くら寿司から「アマビエさん巻」登場
話のネタになるかも?レトロな「オリンピックヘリテージコレクション」が発売開始
【学研の図鑑】キン肉マンの次はスーパー戦隊!ゴレンジャーからゼンカイジャーまで掲載