『TOKYO HEADLINE 第2会議室』絶賛放送中!!

ガチンコトークやら、即興劇やら
アーカイブも放送中→TOKYO HEADLINE WEB(http://www.tokyoheadline.com/)
 昨今、USTREAMで動画を放送するインターネット放送局が多く出現している。
そのなかでも独自のプログラムで注目を集めているのが、文字通り北参道に拠点を置く「北参道放送局」だ。

 実はTOKYO HEADLINEも本社は北参道。そんなつながりで、6月10日の月曜日から隔週で『TOKYO HEADLINE 第2会議室』という番組を放送中だ。

 番組の内容は2種類。10日の記念すべき第1回は『TOKYO HEADLINE 第2会議室〜赤ペン瀧川先生と黒田勇樹のめくりあい〜』を放送。

 赤ペン瀧川先生は俳優でありながら、“なんでも添削家”という肩書きを持ち、ロフトプラスワンなどでトークライブを開催。エロメールをはじめとしたさまざまなテキストを添削しまくっている。日本テレビ月曜深夜の『映画天国』では『映画の玉』というコーナーで俳優ならではの独特の視線で新作映画を紹介している。

 黒田勇樹はかつては子役から多くのドラマ、映画、舞台に出演した人気俳優。最近ではイベント、執筆、ネット上でのさまざまな活動と、肩書きにとらわれない自由なスタンスで活躍中だ。最近では少々芸能ニュースを騒がせたりもしている。

 番組はそんな2人がTOKYO HEADLINEから気になる記事をピックアップ。それをネタに徹底的にしゃべり尽くすという内容。本番まで打ち合わせなしのガチンコトークとあって、全くの手さぐり状態。関係者も「どうなることやら…」と不安に思いながらも始まった瞬間から2人のトークは止まらない。誰もそんなところに注目なんかしないだろうという細かい記事に瀧川先生が突っ込めば、黒田は俳優としての視線でインタビュー記事に突っ込む。

 この放送の模様はTOKYO HEADLINE WEBで配信中。スタジオ観覧も募集中で次回は7月6日14時から。スタジオでは収録後に放送には乗らない番外トークもあるから危ない話が聞きたい人はスタジオに来るべし。詳しくは北参道放送局のホームページから。

 そして本日24日は2つ目のプログラムである『TOKYO HEADLINE 第2会議室〜生ネコバニーの冒険〜』を放送。こちらは女優・阿部恍沙穂主演、映画監督の山口ヒロキプロデュースのオンライン即興劇を中心に構成。即興劇に出演したゲストとお笑い芸人の安友健二(猫デココ)、俳優の根本豊がさまざまなトークを繰り広げる。

 この即興劇は自分の役の設定しか知らされない、相手は何者かも分からないという超ガチンコ。

 こちらも放送日の翌日以降はTOKYO HEADLINE WEBで配信されるので、見逃した人は要チェックだ。
次回のスタジオ観覧と放送日はこちら
『TOKYO HEADLINE 第2会議室〜赤ペン瀧川先生と黒田勇樹のめくりあい〜』
【観覧日】7月6日14時スタート 
【放送日】7月8日19時30分〜/『TOKYO HEADLINE 第2会議室〜生ネコバニーの冒険〜』
【観覧日】7月20日14時スタート 
【放送日】7月22日19時30分〜
【場所】北参道放送局(東京都渋谷区千駄ヶ谷4-3-5 東京メトロ副都心線北参道駅徒歩1分、JR代々木駅徒歩6分 
〔HP〕http://www.kita-san.net/