SPECIAL INTERVIEW 野村周平

人間のダークな部分を刺激する!?『パズル』主演
2009年にアミューズ全国オーディションでグランプリを受賞後、ドラマ・映画で存在感を放ち、昨年は『江ノ島プリズム』『男子高校生の日常』で大注目。今一番気になる旬な俳優、野村周平を直撃!
撮影・蔦野裕 ヘアメイク・川島享子(FACTORY 1994)スタイリスト・大石裕介(DerGLANZ)衣裳協力・アレキサンダーリーチャン(Chang CO.,LTD.)、エフティーシー(FTC TOKYO)
「デビューしたころに比べると、どんどん役者が面白くなってきています。最初は何も分からないので監督と話し合うこともできなかったし、自分のどこがヘタなのか、自分で気づくこともできなかった。あのころに比べると、少しは世の中のことも知り始めて自分の考えをちゃんと言えるようにもなったので、そういうことも楽しいです。少しは成長しているのかな、と思います。最初に比べると、ですけどね(笑)」

 もともとスノーボードの選手経験があったり中国語が堪能だったりと多才な野村。そんな彼が役者という仕事に見出した魅力とは?

「違う人の人生を送ることができるというのが一番の魅力ですね。役者ならではのだいご味だと思います。監督を信じて、自由な世界にのめり込めるのが、映画の現場の好きなところです。実際に、この役みたいなことはできないですからね。したいわけではないですけど(笑)」

 今回彼が挑むのは、人気作家・山田悠介の原作を『先生を流産させる会』で注目を集めた内藤瑛亮監督が映画化した衝撃の学園サスペンス。野村演じる湯浅茂央は一見ごく普通の男子高校生。しかしその内面には、屈折した欲望と鬱屈した思いを抱える。夏帆演じる女子高生・中村梓の心の闇に共鳴し、恐るべき計画を実行していく…という物語。

「湯浅のような常識では理解しにくい人物の役は、役者としてやりがいがあると思いました。といっても湯浅は、普通の男の子なんですよ。世の中が面白くなかったり、何か人と違うことがしてみたいと思ってる。ただ彼には、人とは違う欲求があるんです。食欲とか金銭欲とか性欲とか誰でも持っているものの他にもう1つ、かなり偏った欲求を抱えている人物なんです」

 ある事件が原因で自殺未遂を起こした梓。湯浅は彼女を“仲間”と認識し、自らの異常な“ゲーム”に引き入れようとする…。

「湯浅の中では、気になる女の子の気を引こうとしたり遊びに誘ったり、普通に青春してるだけなんです(笑)。だからこの映画は少しズレてはいるけれど、れっきとした青春ムービーだと思うんですよね」

 あくまで“一見、ごく普通”の表情で演じた野村によって、湯浅は底知れぬ不気味さを漂わせる。

「“表情に出ない”芝居は苦手ではないんですよ(笑)。むしろ、顔の表情を出して演技をするよりそっちのほうが好きですね。一見無表情でも、その瞬間にちゃんとその人物として思考していれば、そういうものがにじんでくるんじゃないかな、と。湯浅の人物像について、監督たちと一緒にモチーフとなる実在の人物をあげていたので、本人の言葉とか事件の背景を調べて、どんな人物だったのか、何を考えていたのか探っていきました。でもあの不気味な走り方は内藤監督から頂いたんです。あのシーンで普通に走っても面白くないなと思い、監督にちょっと走っていただいたら、いい具合に気持ち悪かったので“これだ!”と(笑)」

『先生を−』に続き、本作でも人間の闇を抉り出す内藤監督の素顔は?

「ある側面では湯浅と似ているところもあるんじゃないかと思います(笑)。この手の映画も大好きだし。バイオレンス的なシーンの演出も完全に本気なんです。冒頭のほうで、佐々木心音さん演じる女性教師が拘束される場面で、僕が彼女の口にトマトを押し込むんですけど、これ以上は苦しいだろうと思って手を止めたら監督は“もっと入れて!”って。佐々木さんも“本気で来てください”とおっしゃるし、もちろん僕も手を抜く気はないので本気で演じましたけど、あれは大変だったろうと思います。佐々木さんは“本気でやってくれたからあの表情が出た”とおっしゃっていて、すごいなと思いましたね」

 監督を信じてついていくことができる現場はとても楽しい、と湯浅。

「監督を信頼できないと成り立たないと思うんです。基本的に作品は監督のものだと思うので。だから作品がコケても監督のせいです(笑)。それは冗談として、やっぱり作品のことを一番考えているのは監督だから、まず評価されるのは監督であってほしいと思います」

 俳優としてますます成長していることをうかがわせる言葉。

「最近気づいたんですよ、僕はひょっとしたら出る側の人間じゃないかもしれない、って。人を見ているのがすごく好きで、自分の良さは分からないんですが他人の良さにはすごく気づくので。演じるのも当然好きなんですけど、いつか監督もやってみたいですね」

 本作を語る言葉からも、そのセンスはかなりあると見た。

「この作品は、グロいシーンの音楽や映像がすごくキレイで、グロさを意識しなかったりするのも面白いんですよね。一方で、なんてことない描写をグロく見せたりするので、血しぶきが無いシーンのほうが逆に不気味だったりする。そういう部分も楽しんでもらえるとうれしいです。人間のダークな部分を刺激するパワーがあるので、知らない自分を発見してしまうかもしれませんよ(笑)」

 本作の他にも、フジテレビで放送中のドラマ『僕のいた時間』や主演映画『クジラのいた夏』(5月3日公開)など話題作が続く、目の離せない存在だ。
(本紙・秋吉布由子)
NULL
『パズル』
監督:内藤瑛亮 出演:夏帆、野村周平他/KADOK
AWA配給/3月8日よりヒューマントラストシネマ渋谷他にて公開 
http://www.puzzle-movie.jp/http://www.puzzle-movie.jp/
©2014「パズル」製作委員会