尾上松也 バットマンの渋谷原宿ジャック「しびれる」

 歌舞伎俳優の尾上松也が23日、タワーレコード渋谷店で行われた『DC コミックス バットマン 75周年記念 渋・原ジャックイベント』のオープニングイベントに出席した。子どものころから『バットマン』の大ファンだという尾上。渋谷と原宿がバットマン一色、さながらゴッサム・シティ化されることについて「ゴッサム・シティって響きにしびれます」。この日はまた、75周年にちなんでバットマンの扮装をした75人も登場。尾上は「こんなたくさんのバットマンを見たことない!」と、ビックリ。「自分が着るならハロウィーンかな。バットスーツで楽屋入りはできないので。(コスチュームは)どこで売ってるのかな。あとで聞こうと思います」と、乗り気だった。

 ジャックは、11月3日まで。タワーレコード渋谷店にコレクタブルフィギュアなどを販売するショップやカフェが登場するほか、エリア内の人気ショップと連動した企画が行われる。 
ミッキーマウスの過去と未来を旅する日本初上陸の展覧会が六本木で開幕
フルーツのお酢「ホンチョ(紅酢)」から機能性表示食品シリーズが新登場!
今年のおうちハロウィンが可愛すぎる!密を避けたプライベート空間で安心
オレンジバックパッカーズ×丸山珈琲 山で飲みたいコーヒーで初コラボ!
新型コロナは私たちと「住まい」への価値観をどう変えたのか『SUUMO』編集長に聞く
「黒霧島」は炭酸割りもウマイ!「黒ッキリボール」特設サイトがオープン