日本エレキテル連合 単独公演『死電区間』で初の全国ツアー決定!

未亡人朱美ちゃんと細貝さんという強烈なキャラクターと「ダメよ〜ダメ、ダメ」というフレーズで昨年大ブレイクした日本エレキテル連合。そんな彼女たちが単独ライブを初の全国ツアーで開催。ライブのことをはじめ、コンビのことやコントにかける思いを語る。
撮影・神谷渚
 ネタ番組が少なくなったテレビではなかなかそのネタを見ることができないが、ファンやネット世代、また芸人の間では変わらず圧倒的な支持を受けている日本エレキテル連合の2人。突然の大ブレイクをどう感じていたのか。

中野(以下、中)「誰も想像していなかった事が起きたという感じです。会社の人も私たちも想像していなかった現象でした。色々分析しては見たんですけど…。でも分からないというか、当時のことをあまり覚えてないんです。マジックとかもしたような…」
橋本(以下、橋)「した(笑)。なんか、そういうふうにポイントだけ覚えているよね」
中「そう、本業じゃないこともいっぱいしたし。爆破とか…」
橋「あと踊ったりしましたね」
中「踊ったね、TRFさんのEZ DO DANCEを踊った。本当に色々なことをさせてもらって楽しかったです」
橋「テレビに出たことで、ご年配の方とか、幅広い年齢の方に知っていただけたのは良かったです。営業に行ってもいっぱい来ていただいています」
中「基本的に自分たちが作っているものは、テレビで全部できると思っているんですね。それがテレビ側の判断でできなかったりすると、そこが1番見せたいところだったりすることが多くて、消化不良で悔しいなと思うこともあります。でもテレビは本当に一気に知ってもらえる。一瞬でしたから。次の日からみんな知っているっていうのは、怖い気もしましたが、普通なら知ってもらえない層にまで知ってもらえたのは、本当にありがたいことです」

 YouTubeでは2年以上毎日ネタを発信、ストレス解消はコントで使う衣装探しとストイックなまでにコントを追求。そんなコンビのそれぞれの役割は。

中「私にとって橋本は最高のおもちゃ」
橋「中野は、最高のプロデューサー…、いや最高の監督です。私は自ら何かを生みだすことができないので、監督に作ってもらうのがすごく楽しい。次はどんなことをやらせてもらえるんだろうって」
中「橋本はすごい優秀な女優で、歯向かわないんです、監督に(笑)。言ったことは全部試してくれて、ちょっと違うなと思ってそれを言うとちゃんとやめる。すごく頭は悪いんですけど、ずっと使っていたいなと思うんです。この人形を(笑)」
橋「すごく昔から人形遊びが好きだったんだよね。私もその着せかえさせらえる人形感覚で演じている感じです」
中「この人は真っ白なんです。だからその分吸収力が半端ない。何もないから言われた事に対して、自我というか私というものがなくて、全部吸収してくれるので、本当にすごいです。何色にでも染まってくれる。だから最近ちょっと信頼を置くようになりました。私はいつも自分が、自分がって思っていたんですけど、この人のすごさを発見して今はリスペクトするようになった。私はあまり見抜けていなかったけど、橋本は色々なものになれる。それがこの人の強みです」
橋「私は中野が健康じゃないとプロデュースしてもらえないので、毎日三食必ず食べさせるように心がけています。昼ごはんを作ったら、すぐ夜は何を作ろうって考える。もちろん寝る前は次の日の朝ごはんのことを考えます(笑)」
中「なんでもやってくれるんです。でも私がやらせていて、悪い人みたいになっているんですけど、勝手にやっている。私が寝るときは、加湿器に水を入れて、それを枕元にセットし、クーラーとテレビのリモコン、電気のスイッチを切る棒を布団の横に毎日セットしてくれている(笑)」

 テレビのコントと舞台のコントの違い。

中「舞台だとテレビではできないことができますけど、私たちはもともと志村けんさんのテレビのコントで育ったので、あまりそこにこだわりはないんです。衣装やメイクの細かいところまで凝るので、舞台ではそれがなかなか見てもらえませんし、場面転換や編集ができないという制約もあります。本当はビームとか出したいんです。でも舞台はそれができないので、テレビのコントにあこがれはあります。ただ、舞台のいいところは私たちがやりたいことができて、それを見たいお客さんが来てくれるので、すごく楽しいです。もちろん際どいこともできますし、私たちもお客さんも楽しめていると感じるので、すごくいい。だから早着替えとかもどんどん進化させて、それも含めてショーにしていけたらと思っています」



撮影・神谷渚
 今度の単独ライブ『死電区間』について。

中「私たちの初の全国単独公演になるんですけど、このタイトルにはいろいろな意味が含まれているんです。例えば電車の電圧が西と東で変わる瞬間にちょっと停電になる時間があって、それは今の私たちの状況に似ているなと。去年ブレイクして、これから次のステップに進まないといけない、デッドセクションにいると思うんです。生きると死ぬのはざまにいるとても大事な時期なので、それを舞台でちょっと表現したいなと思っています。そんな感じでコンセプトも完全に固まっています」
橋「あとは色々とライブで使うものの素材をそろえたり、作っていく作業ですね」
中「新ネタも何個か入れたいし、結構セットとかにもこだわるので。コンセプトぐらいは今から固まっていないと、いろいろな方に迷惑をかけてしまう。あとはネタ作りとか稽古とか自分たちがやることが大量に残っているだけです(笑)」
橋「朱美ちゃんと細貝さんは?」
中「それはヒミツ。お二人にはオファーをかけてますが、忙しいって。ブレイクすると週末に営業が入るんですよね。でも朱美ちゃんと細貝さんのイメージで来てくれる人にはすごい裏切りで衝撃を与えますし、それも含めすごく楽しめると思います。とにかく視覚聴覚など六感全部使って…」
橋「六感? ああ、霊感も入るんだ(笑)」
中「そう、全部を使って体感してください。そして、会いに来てくれなきゃ…」
橋「ダメよ〜、ダメダメ」
中「そこは頼るんだ(笑)」
(本紙・水野陽子)
日本エレキテル連合単独公演
『死電区間


東京公演【日時】7月24日(金)19時、25日(土)13時30分/17時30分、26日(日)13時30分/17時30分 ※いずれも開演時間、開場は開演の30分前【会場】草月ホール【チケット】全席指定 4500円(前売)、5000円(当日)