有村架純 × 高良健吾 ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』で初共演&主演

 新ドラマが各局でスタートする。ドキドキやワクワク、スリル……さまざまなドラマが顔をそろえるなかで、やはり注目されるのが月9の本格ラブストーリー『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』だ。本作で初共演&主演する有村架純と高良健吾に聞く。
撮影・神谷渚 有村架純/メイク・尾曲いずみ、スタイリスト・瀬川結美子 高良健吾/メイク・竹下フミ(竹下本舗)、スタイリスト・澤田石和寛
音と練の出会いは運命。
見えない何かでつながっている。
本当の純愛じゃないかなって思う。



 ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系、月曜午後9時、18日スタート)。少し長めのこのタイトル、ラブストーリーというフレーズから、胸キュンで切なくてという物語を思い描いた人は少なくないはずだ。ただ、その想像、間違いではないかもしれないが、当たりとはいえないようだ。

高良健吾(以下、高良)「……ドキドキとかって恋愛の最初の部分だけじゃないですか? それを乗り越えちゃってる人たちだと思うんです」
有村架純(以下、有村)「うん、少なくとも胸キュン……ではないよね」
高良「ヘビーでもない……」
有村「全然ヘビーではないね」
高良「……どんなラブストーリーか、うーん、運命かな。あの出会い方!」
有村「それだ! 運命のラブストーリー。名前も電話番号も知らなくて、毎日連絡とってどうしてってことでもないのに、見えない何かでつながっている。運命だし、本当の純愛なんじゃないかな」

 本作で初共演を果たす2人。視線を交わしながらベストな表現を探り合う。急ぐわけでもなく、だからといってゆっくりというわけでもない。尋ねているほうも、心地よいテンポ。いいタッグが組めているのが、聞かずとも伝わってくる。
 互いの存在はさまざまな作品や関わったスタッフなどを通じて知っていたというが、現場で「はじめまして」と顔を合わせた。「会う前に、会う。そういうことをしなかったんですよ」と高良は言う。

高良「お世話になっている廣木(隆一監督)さんから、いろいろな話を聞いていました。廣木さんが撮影が始まる前に会って食事しようかと有村さんを誘ったそうなのですが、有村さんは現場で会いたいと答えたそうなんです。事前に会っておきましょうということが多いなかで、会わないというほうを選ぶ。僕もそれのほうが好きだなと。(現場で)会う前に安心するというより、現場ではじめましてというほうが正しいと思うんです。それで、(有村さんは)負けず嫌いだと聞いていたので、会った時に確かめてみたんですが、自分に! だそうなんです。すてきな子だなあ、と思いました」
有村「いろんな作品も拝見させていただいていて、とてもすてきな役者さんだとずっと思っていましたし、廣木さんが“2人は似てるよ”とおっしゃってくださったこともあって、本当に現場に入るのが楽しみでした。はじめましてって会ったとき、高良さんが手をとってくれたんですけど、本当にすてきな人だなって。一緒に頑張っていきたい、お互いが困ったら助け合いたいなって思いました」

 劇中では、互いに地方から東京に出てきた若者を演じる。有村演じる音(おと)は北海道に生まれ、育ての親に家政婦のように扱われてきた女の子。高良いわく、「健気だし、どんな状況になっても人のせいにしない子。有村さんがやっている音はいろんな人が応援したくなるはず」。

有村「音って、自分の欲をあきらめていた子なんですよ。恋をしたい、ものが欲しい、外でご飯を食べたいだとか、みんながやってることもあきらめちゃって、鳥かごの中で生活しているような。でもその中で楽しいことは楽しいとやってる感じで、全然生きていけるんですよ。ただそれって強いように思えるけど強くないというか、悲しいことだとも思います。自分の奥底にある感情は絶対になくしてはいけないと思うので、それを根本にいろんなことを表現できたらいいなって思っています」

 一方、高良演じる練(れん)は祖父がだまし取られた土地を取り戻すために、故郷の福島を離れて、東京で働く。

高良「撮影に入る前、台本を読んでいて練には怒られてるみたいな感じがしたというか、みんなが練のようにできたら世の中うまくいく、最高なんじゃないかなと思っていました。まあ、そんなふうにはいかないんですけど……。でも演じ始めてみたら、練が理解できるようになってきたというか、練みたいな行動をしそうな人、自分のなかにちょっといるなと思うんです。練だけでなく、音、悪友の晴太だったり出てくる人物が、誰の中にもちょっとある、撮影していてそんな発見がありますね」
有村「音についてもきっとそうです。あきらめちゃっていることって、みんなそれぞれあることだと思うので、音を見て、自分にもこういうことあったなって思い出してもらえたり、共感してもらえたらうれしい」

 それぞれの役について語るなかで、本作は「地方出身者ならより共感する」と口を揃える。有村は兵庫、高良は熊本。2人とも役どころと同じで、上京してきた身。音、練とはフィールドこそ違えど、東京でもがきながらも、楽しんでいる。

高良「僕は地元が最高! で、もし可能ならば熊本、それ以外ならば博多から通いたかった。でも難しかったから上京したんです。最初のころは、もんもんとしていたし、ここで生きていく覚悟もなかったから東京のせいにしていました。でも今は変わりましたね、おもしろい人たちに出会えるから。この世界で仕事をさせてもらっているから感じるのかもしれないですが、みんな気合が入ってるんです。東京はギリギリのところでやらなきゃならない場所。でも、仕事をするところだから、そういうのがいいんじゃないかと」
有村「私は早く上京したかったんです、仕事をするために。最初は、友達もできなかったから、お休みがあっても1人で寂しかったですけど、遊ぶためにきたわけじゃないしって。でもここ2〜3年かな、東京に自分の居場所ができたなって思えるようになりましたね」
高良「この台本にもあったんですけど、東京は思ったより緑が多いですよね。漠然とテレビで見ていた東京は、渋谷のスクランブル交差点だとか、映画や雑誌で見ている東京、歌詞のなかに出てくる東京だったんですけれど、少し離れると熊本と変わんないぞと(笑)。そういう東京の魅力もこのドラマで感じられることだと思います」

 初回放送を控え、撮影も順調に進んでいるという。音と練の呼吸もさらに合ってきた。

有村「本当にすごくやりやすい、ナチュラルな会話ができていると思います。坂元裕二さんの台本のすばらしさだと思いますが、日常の、なんてことない会話なのに、すべてが大切で削れない。会話のテンポもすごくいいんです」
高良「ちぐはぐなのに、2人の間では絶対噛み合っている、それがすごいおもしろいですね。初回に音と練の出会いがあるんですが、出会ってからの会話、そのテンポ。このテンポがすごいんです。この出会いは運命だなというのが感じられると思います。現場で、2人でこうやろう、こうやって演じようと話したりはしないんですが、最初からそういうテンポを出せたのは有村さんの音とだったからだと思います。自分の目の前に人がいることで、台本を読んでいて感じた感情が広がっていく。いい方向に変わっていきます」
有村「撮影を重ねる中での変化や発見って自分では気付きにくくて、自分の演技が具体的にどう変わったかっていうことは分からないですけど、絶対に心は動かされていますね。例えば、練くんを見ていると涙が出てくるし、練くんとのシーンはうれしいんです」

 一斉にスタートする連続ドラマのなかでも期待も注目も集まる月9。プレッシャーを感じないこともないだろう。それでも有村は「このドラマでスタートできるってこの1年いいことしかないんじゃないかなって思う」と瞳を輝かせる。高良も昨年から繰り越しだという目標、カメラの前で「ちゃんとその場所に入れる人になりたい」を達成するために、練、そしてこのドラマに向かい合う。
「とにかく一生懸命2人で頑張ります」。そう静かに意気込む“運命”のラブストーリーは18日から。
(本紙・酒井紫野)
つらい過去を背負いながらも明るく前向きに生きようとする音と練。そこに4人の男女の想いが複雑に絡み合いながら物語が展開する。悩みや困難を抱えながらも生きる若者たちの姿が多くの人の心を打ちそうだ。
見れば間違いなく泣いてしまう!
『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』1.18スタート


 有村架純と高良健吾。ともに映画やドラマ、CMなどで活躍し、顔を見ない日はないといっても過言ではない注目の俳優だ。そんな彼らが初共演&主演するラブストーリーを演じるのが、18日にスタートするドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』 (フジテレビ系、月曜午後9時)だ。

 本格ラブストーリー、群像ラブストーリー、そしてリアルラブストーリーというのがキャッチ。脚本を手掛けるのは、『東京ラブストーリー』をはじめ、『それでも、生きてゆく』、『最高の離婚』『mother』『woman』といった傑作ドラマを数々手掛けてきた坂元裕二。それだけに一筋縄ではいかない、いろいろな角度から楽しめる物語に仕上がっているよう。インタビューで、有村も高良も語っていたように、運命のラブストーリーだという。

 物語は、有村演じる音と、高良演じる練を中心に展開。音は北海道で生まれ育ち、育ての親に家政婦のように扱われながら暮らしている。一方、福島で畑を営む祖父に育てられた練はだまし取られた畑を買い戻すため、東京の運送会社で毎日へとへとになるまで働く。なんの関わりもない2人が、あることをきっかけに運命的な出会いをして……。

 音と練を取り巻くキャストも豪華そのもの。練の恋人に高畑充希、介護施設を経営する社長の息子に西島隆弘、練の幼なじみに森川葵、練の友人に坂口健太郎と注目の若手が揃う。その他、浦井健治、永野芽郁、高橋一生、松田美由紀、小日向文世、八千草薫らが物語に深みを与える。

 主題歌は、手嶌葵が歌う『明日への手紙』。手嶌が昨年発表したアルバムに収録されていた曲だが、その歌詞や手嶌の歌声がドラマの世界そのものとドラマ側が熱烈オファー。ドラマのために蔦屋好位置がリアレンジなどトータルプロデュースし、オリジナルバージョンとして完成させた。
フジロックが出演アーティスト追加、ステージ割も発表! 
コメディアン大統領誕生なるか?
ついに巨人戦も! DAZNがジャイアンツホーム全試合の配信を開始
トランプ氏、また言っちまう
TOKYO[5weeks]TOPICS Last 2weeks 2017.7.6〜20
デビュー作で芥川賞受賞