今日も食べ過ぎ東京グルメ探偵 「asitanohana」(三宿)

 おいしいものがあると聞けば、調査に行かずにはいられない「東京グルメ探偵」。メタボを気にしつつも食べ過ぎてしまうのがたまにキズ。さて、今日のタレコミは…?
「ラムもも肉ローズマリー風味」1000円
 年末年始と食べ過ぎどころじゃないほど食欲が暴走した探偵であるが、その甲斐もあり、おいしいお店のタレコミも多数寄せられた。今回は探偵があまりなじみのないおしゃれタウン三宿。早速調査開始!

 店に到着し、とりあえずお約束の駆けつけビールをググッと飲み干すと、探偵の中で戦いのゴングが鳴った。まずは前菜の中から、スパニッシュオムレツ、キャロットラペ、ブロッコリーのパルメザンサラダをチョイス。1種500円だが、2種なら900円、3種1200円とお得になるシステム。3〜4種の前菜だけでも結構なボリュームで、ひとつひとつきちんと作られているので、これだけでワインが飲めちゃう。1杯目。

 そして本日のおすすめから、「純情豚のリエット」「アメーラトマトとモッツアレラチーズのカプレーゼ」「レンコンのオリーブオイル焼き」を立て続けにオーダー。リエットをパンにつけて一口食べると、“トレビアーン”とフレンチ気分。塩気を感じるリエットがあまり好きじゃない探偵好みの、豚のうまさ丸出しの素朴な味。はい、ワイン2杯目。アメーラはさすがアメーラ。これはもはやトマト界のフルーツやー(by 彦摩呂兄貴)。そこにしっかりとした食感の新鮮なモッツアレラチーズに、バルサミコ酢を使ったちょっと酸味のあるソースがいい仕事してますねー。バジルの香りもさわやかで、ワインはすでに3杯目。ここで笑顔の素敵なオーナーが「フォッカッチャ焼けましたよ」と。焼き上がりの時間に遭遇するという大ラッキーに恵まれ1切れいただくと、これがやばいほどうまい。正直腹いっぱいでも別腹で1本いけるおいしさ。前菜とコレ、そしてワインで一人飯もできそう。メインに選んだのはラム。これをローズマリーで味付けし、ちょっと厚めに切ったほくほくの焼き加減のニンニクと食べる。ラムとローズマリー、そしてニンニクと個性の強いにおいの食材が調和がよく、五感で楽しめる一皿。ここでワインは一気に5杯目に。ワインに詳しいオーナーに味の好みを伝えたらメニューに合うものをすすめてくれるので、いろいろ試してみるのもいいかも。1人でもふらーっと立ち寄れる自分のキッチンのようなお店に認定!



「レンコンのオリーブオイル焼き」500円
「アメーラトマトとモッツアレラチーズのカプレーゼ」700円
「純情豚のリエット(パン付)600円
「前菜盛り合わせ」500円〜
「asitanohana(アシタノハナ)」
【住所】 世田谷区三宿1-19-16-101
【TEL】03-6323-2804
【営業時間】18〜翌2時
【定休日】火曜