家族みんなでメルセデスを“体験”!

六本木のメルセデス・ベンツ コネクションに登場した体験型新施設をフジモンが突撃
六本木のメルセデス・ベンツ コネクション隣接スペースにイベント型ブランド体験施設〈メルセデス・ベンツ コネクション ネクストドア〉が新オープン。人気芸人・藤本敏史(FUJIWARA)が体験アトラクションに挑戦!
第一弾はSUVの“真価”体験アトラクション

 メルセデス・ベンツの最新モデルや注目モデルの展示や試乗に加え、カフェやレストラン、バーも楽しめる人気スポット、メルセデス・ベンツ コネクション(以下:MBC)の隣接スペースに、驚きの体験型施設メルセデス・ベンツ コネクション ネクストドア(以下:ネクストドア)が登場! MBCでは、メルセデスの多彩なモデルを試乗することができるが、今回オープンしたネクストドアは、一般道を走る試乗だけでは実感しきれない魅力を、ユニークなアトラクションやイベントを通して体感する“イベント型ブランド体感施設”となっている。

 その第1弾として登場したのが〈SUV EXPERIENCE〉。本格的なオフロードコースを再現した3つのアトラクションを通して、メルセデスのSUVの真価を体感することができる。急こう配を再現したMOUNTAIN CLIMB、岩山をイメージしたCROSS HILL、岩場を再現したBALANCE MOGUL、それぞれで、パワーや乗り心地の良さ、最先端の四駆ならではの性能を体感してみよう。

 一般道を走るトライアルクルーズでは自らハンドルを握ることも、クルーに運転してもらうことも可能だが、この施設内ではクルーが解説しながら運転してくれるので、助手席・後部席で安心しながら本格オフロードを疑似体験できる。もちろんトライアルクルーズ同様、体験は無料。

 先日、新登場したGLCをはじめ、人気のG-ClassやプレミアムSUVのGLEなど、SUVの人気モデルを用意(アトラクションによりモデルが限定される場合あり)。当日の店頭受付もしているが、人気が殺到しそうなのでWEBで事前予約するのがおすすめだ。

【写真左奥、右奥、手前の順で】『蓮根と十穀米を詰めたヤリイカのオーブン焼き カリフラワーのクスクス仕立て』(1200円)、『バナナのキャラメリゼホットチョコレートをかけて バニラアイスを添えて』(700円)、『牛ハラミのバベットステーキ 色々なお芋のフレンチフライと海藻バター添え』(1800円)
充実の飲食スペースにキッズコーナーも

 ネクストドアでは、イベントスペースやコンテナハウスを用いたゲストラウンジが揃っており、アトラクションの順番待ちの間に、本格的な食事やスイーツを楽しみながら、くつろぐこともできる。〈SUV EXPERIENCE〉期間中は、SUVというテーマにピッタリな、アウトドアを演出するメニューを用意。人気のSTAUB鍋を使い、贅沢素材を使った本格料理で、リッチなグランピング気分を味わうことができる。

 コンテナハウス内には幼児が遊べるキッズスペースも用意。イベント期間中はテーマに合わせた催しも企画されるので、MBCの公式サイトやTwitterなどで情報をチェックして。
“天才”青井人が復活!2年8カ月ぶりの勝利をKOで飾る【2・16 修斗】
二代目バチェラーの小柳津、シャンパン60本開けた!?
「バズリズム02」”これがバズるぞ!2020″1位&2位が2月開催のROCK AXに出演
2019年どうだった? 1年の最後に、ニュースで1カ月ずつ振り返る
吉沢亮、カンヌ受賞監督と共演懇願「夢のような日来ればうれしい」
門脇麦「もう若手の気分ではいられない」エルシネマアワード2019