FUMIYAが中村を壮絶KO【3・10 Krush.86】

篠原(右)の強烈なパンチが細越を襲う(撮影・上岸卓史)
篠原が判定ながらも細越に完勝

「Krush.86」(3月10日、東京・後楽園ホール)で「Krush −65kg次期挑戦者決定トーナメント」の準決勝2試合が行われた。

 第1試合では篠原悠人と細越貴己が対戦。篠原が3-0の判定で勝利を収めた。

 篠原は1Rから左ジャブを起点としたパンチを的確に細越の顔面に集める。細越は右目の下を大きくはらし、鼻血も噴き出しながらも下がることなく前に出続ける。ラウンドを重ねてもこの展開は変わらない。3Rには篠原の左ストレートがクリーンヒットし、ぐらつく細越。なおもパンチの連打で攻め込む篠原だったが、細越は最後まで立ち続け、試合は判定に。ダウンこそ奪えなかったものの、ジャッジ3者とも30-27の3-0で篠原が完勝した。
FUMIYA(右)のバックブローが見事なタイミングで決まる(撮影・上岸卓史)
FUMIYAと中村が壮絶なダウンの奪い合い

 第2試合では中村広輝とFUMIYAが対戦。FUMIYAが3R1分1秒、KOで勝利を収めた。

 1R開始早々から積極的な攻撃を見せるFUMIYA。中村はガードを固めパンチで反撃。FUMIYAの勢いに押され気味だった中村だったが、ラウンド終盤、FUMIYAの右フックに合わせて放った右フックが空振りだったものの返しの左フックがクリーンヒット。先制のダウンを奪う。立ち上がったFUMIYAに飛びヒザから右フックと決めにかかった中村だったが、FUMIYAがしのぎゴング。2Rも中村は重いパンチで攻め込むが蘇生したFUMIYAもパンチで反撃。一進一退の攻防が続くが、残り10秒の拍子木が鳴ったところでFUMIYAの右バックブローが炸裂。FUMIYAがダウンを奪い返す。

 こうなると立場は逆転。3Rはまだダメージが残る中村をFUMIYAが重いパンチで追い詰める。中村もガードを固め、パンチを返すが、FUMIYAは右フックで再度ダウンを奪う。なんとか立ち上がった中村に今度はパンチの連打から最後はバックブローを決め、このラウンド2度目のダウンを奪うとレフェリーが試合を止めた。

 この結果、篠原とFUMIYAが同級王者・中澤純への挑戦権をかけて「Krush.87」(5月17日、東京・後楽園ホール)で戦うこととなった。
島野がパンチで3つのダウンを奪った(撮影・上岸卓史)
島野が郷州への挑戦権を獲得

「Krush -60kg次期挑戦者決定戦」で島野浩太朗と山本直樹が対戦。島野が1Rに3度のダウンを奪い、1R1分53秒、KO勝利を収め、郷州征宜への挑戦権を獲得した。

 島野はゴング前からかかり気味の島野はゴングと同時にラッシュ。エンジンがかかる前の山本は後手に回る。それでも山本は飛びヒザで局面の打開を図る。これがクリーンヒットし下がった島野に一気に襲いかかるが、島野はカウンターの右フック一発でダウンを奪う。立ち上がった山本に連打を浴びせる島野。今度は左フックで2度目のダウンを奪う。山本も懸命にパンチを繰り出すが、すでに力はなく、最後は島野が連打でコーナーに追い込むと左フック。山本は腰から崩れるようにダウンを喫し、島野のKO勝ちとなった。

 島野は試合後のマイクで「7年前からずっとKrushのリングに上がりベルトをずっとほしいと思っていた。あと一つでベルトにたどり着く。次は全力で仕上げてぶっ倒して、このベルトを取ってやります」と力強く宣言。

 王者の郷州もリングに上がり「私がチャンピオンになれたのは島野選手の代打出場がきっかけ。島野選手とは縁があると思っていたので対戦できるのはうれしい。でも勝つのは私。絶対に防衛する。その前に、3月にK-1のトーナメントがあります。そこで優勝して、今度ここに来るときはK-1の王者として帰ってきます」とこちらも必勝を誓った。