渋谷小町 小林愛三【ジョシカク美女図鑑 第7回】

9・8「KNOCK OUT 2018 OSAKA 2nd」で大阪のファンの前に初登場
 女子格闘家の素顔に迫るインタビュー企画「ジョシカク美女図鑑」。第7回は「KNOCK OUT 2018 OSAKA 2nd」(9月8日、大阪・エディオンアリーナ大阪第2競技場)に出場する小林愛三。

 小林は2015年12月にデビュー。デビュー2戦目にして天才ムエタイ少女ペットジージャ・オー・ミークンを破り脚光を浴び、デビュー1年後の2016年にはMuayThaiOpenフライ級王座を獲得。2017年からはKNOCK OUTにも参戦と一気に女子キック界のメインストリームに躍り出た。
(撮影・辰根東醐)
前戦でプロ初黒星。気分転換に愛知のおばあちゃんの家に行く

 順調にキャリアを重ねる小林だったが、今年7月に参戦したシュートボクシング「Girls S-cup」では48kg世界トーナメント1回戦でイリアーナ・バレンティーノにプロ初の敗戦を喫してしまった。

「しかも初めてダウンを取られて…ですね」

 この間どういう気持ちで過ごしてきた?

「試合直後は悔しくて“うわーっ”という気持ちが続いていたんですが、今は“本当に強い選手と戦えたんだ”というように気持ちを切り替えることができています。自分が勝つということは自分のほうが強いということで、自分が負けるということは自分より強い選手だったということですから。そう考えるといい意味での経験になったとは思うんですが、試合直後はとにかく悔しいという気持ちはずっとありました。でもいろいろなところに気分転換に行ったり、とにかく練習をやりこんだりして、前に進む気持ちが出てきました」

 気分転換はどこに?

「おばあちゃんの家が愛知にあって、一泊二日だったんですが一人で行って畑仕事なんかを一緒にやってきました(笑)。おばあちゃんについていって、一緒に野菜を採って、造花を一緒に作って(笑)。それがすごくいい気分転換になりました」

 もともと試合間隔が短い。今回もすぐに試合が決まった。

「初めて負けた後で、いろいろ考えちゃうこともあったので、すぐに試合を組んでもらえてありがたかったです」

 今回対戦する喜多村美紀とはデビュー3戦目で対戦しドロー。当時は新宿FACEの第2試合。今回はエディオンアリーナ大阪。たった2年で取り巻く環境が激変した。

「それはKNOCK OUTさんのお陰です(笑)。KNOCK OUTさんが道を作ってくださるのでありがたいです」
 
 喜多村選手の印象は?

「気持ちが強い選手で、こちらにスキがあれば突いてくる。あの時は連勝していて、私はすぐに調子に乗っちゃうタイプなので“次もいけるだろう”って余裕をかまして臨んでしまった試合だったんです。そこでドローに終わって、その時に初めて“格闘技には余裕というものはないんだな”ということに気づかせてもらいました。やはりどんな相手だろうと気を抜いてはいけないということを教えてもらった気がします」

 喜多村戦を経て、また快進撃が続くのだが前戦で初黒星。ここではどんなことを学んだ?

「イリアーナ選手とは体づくりの基礎から違ったなと思いました。それに気持ちも強かったですし、スキもなかった。今までの自分の中では最高で万全な状態で臨んだんですけど、それでも自分の体の基礎がまだなっていないということを感じました。私がフィジカル的に強いと思っていたことは表面的なもので、その表面を壊されると中身がないという状態でした。なので今回は追い込みもするんですけど、基本の部分の片足立ち30分を毎日しっかりやるとか、そういう体の基本を徹底的にやってきています」

 大阪で試合をするのは初めて。調整に不安は?

「私、あんまり計画を立てないタイプなんです(笑)。その日の荷物をその日に調達するタイプなので(笑)、結構バタバタしちゃうことが多いんですけど、今回は2週間前から地道に計画を立てて、周りの人にサポートしてもらって準備しています」

 そういう性格だと減量とかは大変なのでは?
「あんまりよくないです(笑)。細かいことは気にしないんで、なんかいつもバタバタしちゃう」
1 2 3>>>
玖村「3人とのレベルの違い見せる」、森坂「これまでにないチャンピオンになる」【Krush.119】
ベルト奪取へ菅原美優「勝ちにこだわる」、MOEは女子高生王者に虎視眈々【Krush.119】
第5代女子フライ級王座決定トーナメント開催。壽美vs芳美、真優vsNA☆NAが決定【Krush.121】
やるかやらぬか東京2020 ―現場に入るカメラマン―【アフロスポーツ プロの瞬撮】
アレクサが元盟友ニッキーをだましてシスター・アビゲイル葬【WWE】
王者アスカと“最弱”ラナがWWE女子タッグ王者に勝利【WWE】