“もしも”で世界を見てみると、もっと平和でおもしろい/2月2日(土)の東京イベント

「ヨシダリュウタ展 もしも視点 」11日まで開催中


 Twitterフォロワー数11万6000人を持つ人気クリエイター・ヨシダリュウタの初個展が代官山モンキーギャラリーにて11日まで開催中。

 身近にあるものをモチーフに、少し視点をずらすことで生まれる作品がSNSで大きな話題を呼んでいる新進気鋭のクリエイター・ヨシダリュウタ。作家初の個展となる本展では「おもしろさの仕組み」をテーマに作成された立体・イラスト作品を一挙紹介。


 SNSで話題をよんだ作品はもちろん、未発表の作品も直に見ることができる初めての機会。イラストレーションから立体作品まで、くすりと笑って癒されるヨシダリュウタワールドを、さまざまなコンテンツで体感できる。

 さらに会場では、頭に浮かんだ「もしも視点」をどのように作品にしているのか、 制作風景も少しだけお披露目! 会期中は作家が在廊している日もあるので、直接、本人に疑問や質問をぶつけてみては。


 また、お気に入りの作品をトートバッグにプリントできる、ROOTOTE(ルートート)とのコラボ企画も実施。作家在廊日には10種のこびとの中からお気に入りの3人を選び、 その場でROOTOTEにプリントする「こびトートをつくろうワークショップ」も開催(予約不要)。
ヨシダリュウタ展 もしも視点
【期間】2019年2月2日(土)〜11日(月・祝)
【時間】10〜19時(最終日のみ17時まで)
【場所】MONKEY GALLERY(渋谷区猿楽町12-8 The SOHO CORNER D.K.Y.)
【入場料】入場無料
【作家在廊日】2月2日(土)、3日(日)、10日(日)、11日(月・祝)11〜19時(最終日17時まで)※変更の場合あり
※こびトートワークショップ参加費:ROOTOTE サイズ大 2400円、 サイズ小 2200円(各税別)
小宮山雄飛、渋谷エリア限定ビール「渋生」の初栓抜きに「本来ならばZeebraさんが」
人気店の本格フレンチをいつもより気軽に堪能『ダイナースクラブ フランス レストランウィーク2020』
回され続けて40年!実はハンガリー生まれ「ルービックキューブ40周年展」開幕
白亜の大邸宅で悪戯ヴィランズモチーフのスイーツ&フードが食べ放題!
にんべん“だしが世界を旨くする”シリーズに「うまみ塩 鍋スープ」が新登場
生でもおいしい!「八ヶ岳生とうもろこし」を使った期間限定シェイクが登場