湯浅麗歌子が山本美憂に「QUINTETに出てください」【2・3 QUINTET FIGHT NIGHT2】

 桜庭和志がプロデューサーを務めるグラップリングの格闘技「QUINTET」の2019年第1弾大会「QUINTET FIGHT NIGHT2 in TOKYO-Japan Open Team Championship 2019-」(2月3日、東京・アリーナ立川立飛)で初の女子の試合が行われた。
湯浅が腕十字固めで石黒に一本勝ち(撮影・蔦野裕)
QUINTET初の女子マッチは世界王者・湯浅が貫禄の一本勝ち

 世界柔術4連覇の湯浅麗歌子とアジア選手権3連覇の石黒遥希が対戦し、湯浅が石黒を腕十字固めで破った。

 終始、湯浅が試合をリードする展開となったが、石黒もマウントを取られてもすぐに脱出、流れの中でサイドポジションを奪う場面を作るなど善戦。しかし最後は湯浅が下から左腕を取って十字固めを極めタップを奪った。

 試合後、湯浅は「今日は女子初めてのQUINTETの試合にオファーをいただき、とりあえず勝てて安心しました。QUINTETは、男子が盛り上がっていますが、4月7日、同じ場所で女子のQUINTETが開催されることになりました。男子は柔術チーム、柔道チーム、MMAチームなどありますが、女子もレスリング、柔道、MMAチームに出てほしい。今日はゲスト解説に私の憧れの山本美憂選手が来てくれているので、レスリングの女子強豪チームで出てくれたらうれしいです」と「QUINTET FIGHT NIGHT3 in TOKYO-Female Open Team Championship 2019-」(4月7日、東京・アリーナ立川立飛)への出場をアピール。
試合場に上がった山本美憂(左)と湯浅ががっちり握手(撮影・蔦野裕)
QUINTETに誘われた美憂が湯浅をMMAに逆勧誘

 すると美憂が解説席から試合場に上がり「ぜひ強いレスラーを集めて4月に参加できたらいいなと。グラップリングの強化のために自分にとってもいい機会。ちゃんと当日までに集めてきます」と湯浅の呼びかけに応じた。そして解説席に戻りかけたところで「もう1個忘れてました! ここで私も誘わなくては。MMAにも来てください! チームは作らなくていいから」とまさかの逆勧誘。これには湯浅は「出たい気持ちはあるんですけど…、ちょっと頑張ります」と戸惑いながら返答した。

 試合後の会見場にRIZINの榊原信行実行委員長とともに姿を見せた美憂はQUINTETについて「ポイント制じゃないというところでスピード、展開が早くてとてもアグレッシブで良い試合ばかりだった」と話し「すごく勉強になったというか、ほとんど追いつけてなかったけどとてもいい経験」と続けた。4月の女子の大会への参戦については「出ると言っちゃったんですけど、このレベルの試合を見ていて、自分の一番弱いポイントがグラップリングなので、私にとっても強くなるいいチャンスを与えてもらえるかと思っています」と前向きな姿勢を見せた。

 湯浅を総合格闘技に誘ったことについては「相乗効果はお互いにあるし、私にはすごいプラスなので、すごく楽しみ」などと語った。
桜庭、湯浅、美憂、榊原氏(左から)
RIZINの榊原氏は「村田夏南子も浅倉カンナもいる」

 榊原氏は「QUINTETを見るのは2回目なんですけど、極める力もあり、スピード感もあるし、展開も速いし、相変わらず面白い。RIZINとしては”変なことする年”にしようと思っているので、そろそろQUINTETも荒らしてやろうかなと思う。RIZINと絡む以上は、変なことになる。チームRIZINとして送り出すこともやぶさかではないし、レスリングチームとしてなら女子には村田夏南子も浅倉カンナもいるし、美憂のところにいるあいちゃんとかもいる。僕の秘密兵器にはギャビ・ガルシアというとんでもないのがいるので、思い切ってサクとギャビのエキシビジョンも。せっかくなので中途半端に関わるのではなくいろんなことができたら面白いと思う」などと話した。また「女子の選手たちに限らず当然アーセンとかも。桜庭はレスリング出身なので学ぶことたくさんある。QUINTETと関わるのであれば、一過性のものというよりは、総合的にやれたら面白いかと思うし、神取忍さんも女子チームに入れて、4月7日は変なチームで、チームRIZINを組むのもいいかなと思う。僕の変な考えにどこまで付き合えるかはプロデューサーの桜庭さん次第」とも話した。

 そして湯浅はもちろん、男子のハイサム・リダにも「RIZINに出てほしい」とラブコールを送った。
QUINTETに大きなインパクトを残した湯浅
湯浅は「ふわふわしていた」と勝っても反省。MMAについては「練習環境が整えば…」

 一方、湯浅は試合後の会見では「プロのいろいろな人が見ている中で試合をするのが苦手で、JEWELSに出ていたときも、気持ちだけ浮いちゃって結構安定しない試合が多かった。今日も最初ふわふわしていてセコンドに落ち着けと怒られたんですが、最後はいい感じで勝てた。一応、練習してきたことは出せたかと思うんですけど、最初からそれが出せるようにしないといけないなと反省しました」と試合を振り返った。

 試合後のアピールについては「事前に解説で美憂さんが来るって言われていた。ずっと、美憂さんも聖子さんも憧れの選手だったので、出てくれるんじゃないかと思って言ってみたらいい方向に行ったので、よかったです」と話した。

 RIZINチームについて榊原氏から浅倉、村田といった名前が出たことについては「できたらすごくいいですね。私、強い人とやると、ワクワクしちゃうんです。勝負事なので勝ち負けはあるけど、自分が対戦相手のところに行くまでにしっかり練習して、モチベーションが上がるくらいの選手とできることが一番楽しいので、強い選手をぜひ集めてほしいです」と目を輝かせた。

 美憂からのMMAへの誘いについては「総合に興味はあるんですけど」としながらも、「今年は世界選手権が6月、基本的にはそこがメインでそのあとにADCCもある。寝技で1週間で34~35時間くらい練習しているんですが、その中で総合をやるとなると打撃の練習や、際の練習も、下から、壁際も…と、練習しなきゃいけない項目がいっぱいある。やるならちゃんとその全部の練習をしてから出たい、ということが引っかかっている。チャンスがあって、その練習を全部できる環境が整うならやりたい」と慎重な姿勢を見せた。

 湯浅は今年は4月にQUINTET、5月にADCCの予選、6月に柔術の世界選手権、9月にADCCの世界大会というスケジュールになっているという。
敗れはしたものの、世界王者相手に善戦した石黒遥希
石黒は「湯浅さんに近づけるようにと改めて思いました」

 湯浅に敗れた石黒は「世界のレベルがよく分かったけど、これから何年もかけて湯浅さんに近づけるようにと改めて思いました。(プロの試合は)すごく緊張しました。でも気合が入ったので楽しく試合することできました。私が思っていたプランで最初はできたので良かったです。極めをとにかく狙われた。そういう極めの強さは今まで体感したことがなかった」と試合を振り返った。また4月に開催される女子の大会「QUINTET FIGHT NIGHT3 in TOKYO-Female Open Team Championship 2019-」については「私のチームでは組めないと思うけど、出られるようにはしていきたい」などと話した。

 またプロデューサーの桜庭は女子の試合について「重い階級とは違うパワーとスピードといった、女子ならではの動きや女性のほうが男性より身体が柔らかかったりするところをグラップリングでどう使うのかといったところを見てみたい」などと女子の試合に期待を寄せた。
トーナメントは「TEAM CARPE DIEM」が優勝(撮影・蔦野裕)
「QUINTET FIGHT NIGHT2 in TOKYO-Japan Open Team Championship 2019-」(2月3日、東京・アリーナ立川立飛)
◆第1試合
「TEAM NEO JUDO」vs「TEAM U-JAPAN」
◯出花崇太郎(12秒、腕十字固め)ミノワマン●
◯出花崇太郎(3分23秒。エゼキエルチョーク)所英男●
△出花崇太郎(4分引き分け)高阪剛△
△吉田善行(8分引き分け)中村大介△
△松本光史(4分引き分け)横井宏考△
※2人残しでTEAM NEO JUDOが勝利

◆第2試合
「TEAM CARPE DIEM」vs「TEAM SOLDIER」
△レダ・メブトゥシュ(8分引き分け)セルジオ・リオス・ダ・シルバ△
△デヴィッド・ガルモ(4分引き分け)関根“シュレック”秀樹△
◯ハイサム・リダ(24秒、膝十字固め)デクラン・ムーディー●
△ハイサム・リダ(ともに指導3回で失格)イゴール“ファットニンジャ”タナベ△
◯山田崇太郎(2分3秒、フロントチョーク)中村勇太●
※2人残しでTEAM CARPE DIEMが勝利

◆第3試合 Exhibition match/4分
桜庭和志vs美木航
※桜庭が2本取るもExhibitionのため勝敗なし

◆第4試合 Special Single match/8分
〇湯浅麗歌子(4分10秒、腕十字固め)石黒遥希●

◆第5試合
「TEAM NEO JUDO」vs「TEAM CARPE DIEM」
△小見川道大(8分引き分け)トーマス・ミッツ△
△小澤幸康(8分引き分け)レダ・メブトゥシュ
〇松本光史(2分42秒、アンクルロック)デヴィッド・ガルモ●
●松本光史(1分32秒、ネッククランク)山田崇太郎〇
●吉田善行(3分52秒、ネッククランク)山田崇太郎〇
●出花崇太郎(6分35秒、スリーパーホールド)山田崇太郎〇
※2人残しでTEAM CARPE DIEMが勝利し優勝