フランス発祥のトリュフ専門店でたまーにぜいたく気分【Artisan de la Truffe Paris(六本木)】

【今日も食べ過ぎ東京グルメ探偵】
 おいしいものがあると聞けば、調査に行かずにはいられない「東京グルメ探偵」。メタボを気にしつつも食べ過ぎてしまうのがたまにキズ。さて、今日のタレコミは…?
メイン「季節のお肉料理」から「山形県産 米沢豚のロースト トリュフソース」(アルティザン ディナーコースより。以下すべて)6500円(税別)
 フランス発祥のトリュフ専門店「Artisan de la Truffe Paris(アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリ)」のディナーが、これまでのコースメニューから、アラカルト主体の選べるプリフィックスコースへリニューアル!

 この世で一番うまいものは焼き鳥とビール! と言ってはばからない探偵だが、トリュフは大、大、大、大好物。といっても、本物をそんなにしょっちゅう食べられるワケもなく、トリュフオイルやトリュフ塩でその香りを楽しむのが関の山。しかし、同店は、結構気軽に食べられるし、専門店のため何を食べてもトリュフなので、たまーにぜいたく気分を味わいたい時にお邪魔している。
「パテ・ド・カンパーニュ トリュフマスタードとメスクランサラダ」 
 今回登場のプリフィックスコースは「ディスカバリーコース」と「アルティザンディナーコース」の2種類。この日いただいたのは、「アルティザンディナーコース」。グランドメニューだけではなく、季節の前菜、季節のお肉料理、季節の魚料理など、旬のスペシャルメニューからも自由に選ぶことができるのがうれしい。
「ホタテのポワレ 根セロリのクーリ トリュフ ドレッシング」 
 前菜は「パテ・ド・カンパーニュ トリュフマスタードとメスクランサラダ」とその日の「季節の前菜」を友人とシェア。この日は軽く炙ったホタテのサラダ。春っぽいメニューにほっこり。そしてドリンクを「白トリュフビール」に変え、「フレッシュトリュフのチーズリゾット」と「ポルチーニ茸とトリュフのラビオリ リコッタチーズ」。ビールもトリュフ、リゾットもラビオリもぜーんぶトリュフ。いい香り〜。そしてメインは「本日の肉料理」から「山形県産 米沢豚のロースト トリュフソース」。これでもかと削りたてのトリュフをかけて、ひと口ほおばる。肉の野性味に負けないトリュフの味わいが奏でるハーモニーに酔いしれ、ダウン寸前。デザートもしっかりトリュフがきいてて大満足。トリュフを堪能するならココしかない! 店に認定。
「フレッシュトリュフのチーズリゾット」
「季節のフルーツとソルベを添えたパブロヴァ トリュフハチミツ」
Artisan de la Truffe Paris
【住所】港区赤坂9-7-4 D-0118 東京ミッドタウンガーデンテラス 1階
【営業時間】平日11〜15時30分(L.O.14時30分)、17時30分〜23時(L.O.22時)/土日祝11〜23時(L.O.22時)
【TEL】03-5413-3830
【URL】 http://artisandelatruffeparis.jp