WSOF-GC世界フライ級王者・中村優作が緊急参戦【3・24 修斗】

 プロフェッショナル修斗公式戦「SHOOTO 30th ANNIVERSARY TOUR 第2戦」(3月24日、東京・ニューピアホール)の新たな対戦カードが2月14日、発表された。WSOF-GC世界フライ級王者の中村優作(チーム・アルファメールジャパン)が緊急参戦する。
緊急参戦が発表された中村優作
群雄割拠の修斗フライ級に新たな強豪現る

 中村は昨年5月、「RIZIN.10」で那須川天心とキックルールで対戦。KO負けを喫したものの、バックボーンとする日本拳法仕込みの独特の間合いの打撃で勝負を挑み、会場を沸かせた。

 この試合の戦いっぷりが評価され、「RIZIN.13」では第1試合でマネル・ケイプと対戦。序盤こそテイクダウンを奪い、有利に試合を進めたが、最後の最後にチョークを決められ一本負け。これでここ3戦はルールが違えど3連敗となってしまったが、会場にしっかり火をつけるファイトを見せた。

 中村は現在、WSOF-GC世界フライ級王座を保持しているのだが、今年は修斗を主戦場にすることを決め、今回の参戦となった。

 修斗のフライ級は世界王者・扇久保博正を頂点に、前田吉朗、清水清隆といったベテラン勢に田丸匠、覇彌斗といった新星、RIZIN出場経験もあるオニボウズ、元ONE世界ストロー級王者・内藤のび太の実弟の内藤頌貴といった実力派と多彩な顔ぶれが揃う。中村との対戦はどれも新鮮で、迎え撃つ選手たちにとっては中村のキャリアはおいしく映るもの。フライ級戦線がより一層アグレッシブに展開しそうだ。中村の対戦相手は後日発表される。
対戦が決まった木内(左)と楳沢
ストロー級の「木内vs楳沢」は激シブ対決

 また、昨年開催されたストロー級のインフィニティリーグに参戦した楳沢智治が上位ランカーの木内“SKINNY ZONBIE”崇雅と対戦する。楳沢は41歳ながら若い選手たちに引けを取らないファイトを見せ、優勝候補の一角だった箕輪ひろばに勝利するなどリーグ戦を盛り上げた

 木内も前戦では注目の”高校生シューター”安芸柊斗をフロントスリーパーで一蹴。ストロー級屈指のグランドテクニックを披露した。木内は31歳とまだまだ老け込む年ではないのだが、10代のシューターが次々とデビューする現在の修斗では“古豪”といった位置づけ。この2人の試合は目の肥えたファンをうならせるテクニカルな試合となりそうだ。
「SHOOTO 30th ANNIVERSARY TOUR 第2戦」(3月24日、東京・ニューピアホール)
〈この日発表されたカード〉
◆ストロー級5分3R
木内“SKINNY ZONBIE”崇雅(同級世界6位/和術慧舟會GODS)vs楳沢智治(同級世界9位/AACC×SPIDER)

◆バンタム級5分2R
海下DRAGON竜太(パラエストラTB)vs倉本一真(修斗GYM東京)

◆ストロー級5分2R
飯野タテオ(和術慧舟會HEARTS)vs児玉勇也(トイカツ道場/とらの子レスリングクラブ)

◆バンタム級5分2R
鬼神光司(ブレイブハート)vs松下祐介(パラエストラTB)

◆バンタム級5分2R
岩鬼(フリー)vsよしずみ(SHOOTO GYM K'zFACTORY)

◆ライト級5分2R
宍戸航太(SHOOTO GYM K'zFACTORY)vsヨシ・イノウエ(パラエストラTB)※デビュー戦

◆2019年度新人王決定トーナメント1回戦 バンタム級5分2R
野尻 定由(赤崎道場A-SPIRIT)vs奥平 季之(CROW FOREST)

〈出場予定選手〉
中村優作(チーム・アルファメールジャパン)※WSOF-GC世界フライ級王者
関口祐冬(修斗GYM東京)
内田タケル(パラエストラ松戸)他

〈既報の対戦カード〉
◆バンタム級5分3R
平川智也(同級世界3位/MASTER JAPAN)vs安藤達也(同級世界8位/フリー)

◆フェザー級5分3R
内藤太尊(同級世界10位/roots)vs工藤諒司(同級環太平洋10位/TRIBE TOKYO M.M.A.)

◆フェザー級5分2R
高橋孝徳(同級環太平洋9位/和術慧舟會AKZA)vs稲葉聡(秋本道場JungleJunction)

◆フェザー級5分2R
ほしのゆたか(和術慧舟會HEARTS)vs久保村ヨシTERU(飛翔塾コンドル)

◆フェザー級5分2R
藤木龍一郎(和術慧舟會AKZA)vs木下たけあき(和術慧舟會HEARTS)