東北と東京の学生たちがキャンドルの灯りで被災地の思いを伝える/3月11日(月)の東京イベント

「和紙キャンドルガーデン-TOHOKU 2019-」本日11日まで開催


 キャンドルの光とともに、東日本大震災における被災地の人々の思いを伝える『和紙キャンドルガーデン-TOHOKU 2019-』が本日11日まで、東京ミッドタウンにて開催中。

 9回目の開催を迎えた今年のテーマは「伝える」。幼稚園や高齢者施設などに訪問して日本の伝統文化を伝承していく活動を行う同ゼミの学生が、被災地である東北3県42市町村(岩手県・宮城県・福島県)を訪れ、約2500名のメッセージを手漉きの和紙に書き入れてもらい、その和紙を使ったキャンドルを芝生広場に灯す。

 また、今回の新しい取り組みとして、東北の人々にも1500枚の和紙を漉いてもらい、その和紙に来場者がメッセージを書き入れたキャンドルをミッドタウン・ガーデンに灯し、東京から東北へ向けてメッセージを伝える。

 被災地と東京がつながり、思いを全国に伝えるキャンドルイベント。震災から8年が経った今、キャンドルの灯りに包まれながら被災地への思いを新たにしてみては。
『和紙キャンドルガーデン-TOHOKU 2019-』
【期間】2019年3月9日(土)~11日(月)
【時間】17~21時
【場所】東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン、芝生広場他
【入場】入場無料
6月4日「ショートフィルムの日」に行定勲監督と別所哲也が“コロナと映画業界”を考えるオンラインイベント
都内近郊の水族館・動物園が営業再開へ!アクアパークに八景島も
渋谷PARCO、営業再開で無観客前夜祭! BiSH、オカモトレイジらが盛り上げる
都内映画館も営業へ。アップリンク再開初日は一律500円で傑作選上映
川越で宅配温泉サービス「ハイタツミゼット」スタート!昭和のミゼットがお届け
IKEA原宿、6月8日に開業へ 来店時はマスク着用など新型コロナ対策