11月の東京のイベント|紅葉狩り、酉の市、イルミネーションなど初冬を楽しむ

11月の東京は、紅葉シーズンの真っ最中。東京の庭園や公園では、イチョウやもみじ、コスモスなどの美しい紅葉を見ることができます。神社などでは多くの紅葉祭りが開催し、夏のお祭りとはまた違った、幻想的な雰囲気の秋のお祭りを楽しめます。また、12月に向けて、早くからイルミネーションが開催されている場所も。11月のうちに行けば、寒さに凍えることなく、思う存分イルミネーションを堪能できるでしょう。


大東京の真ん中で伝統的なお祭り「花園神社大酉祭」


 新宿駅からほど近い花園神社で行われる「大酉祭」。商売繁盛のご利益がある熊手を求めて、毎年60万人以上の人が訪れる。熊手は大きくて立派なお店で使えるものから、家庭で飾れる小さなものまで、さまざまな大きさやデザインのものが販売される。値段は1000円ぐらいから。「見世物小屋」があることでも有名。ここでしか見られないような珍しかったり、少しグロテスクだったりするパフォーマンスが楽しめる。定番のお好み焼き、じゃがバター、お面屋さんなどなど、200店以上の露店が出るので、食べ歩きをするのがおすすめ。

http://www.hanazono-jinja.or.jp/mt/cms/webdir/index.html


幻想的な雰囲気の紅葉イルミネーション 六義園『紅葉と大名庭園のライトアップ』


 文京区にある六義園は、1695年に造園された歴史のある庭園。園内を周りながら眺める回遊式庭園で、日本庭園の集大成ともいわれる。春は桜、秋は紅葉と四季折々の景色を楽しめて、観光名所として人気が高く、海外からも多くの観光客が訪れる。11月下旬から毎年紅葉のライトアップが行われる。水面にライトアップされた紅葉が映る光景は、幻想的で美しく、デートにもぴったり。また。期間中は毎日ボランティアによって庭園のガイドも行われている。園内にいくつかある茶屋では、おいしいお抹茶と季節に合ったお茶菓子がいただける。茶屋によっては軽食を食べられるところもある。ライトアップの時間になると園内は立ち入りが一部制限される場所があるので、先にある程度庭園を回ってからライトアップを楽しむのがおすすめ。

https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index031.html



有名なロケ地でおいしいグルメを!「神宮外苑いちょう祭り」


 青山通りから聖徳記念絵画館の道を146本ものいちょうが連なるいちょう並木。ドラマや映画でのロケ地としてもよく使われている。「神宮外苑いちょう祭り」はそのいちょう並木で、毎年黄葉の季節に約半月もの間行われる恒例のイベントで、約180万人もの人が訪れる。神宮外苑軟式球場に並ぶ約40店の屋台が特に人気で、普段一般の人は入れない球場に入るチャンスでもある。きれいないちょうを見ながらおいしい食べ物を食べるのは格別。夜にはライトアップされ、幻想的な雰囲気の美しいいちょうを見ることができる。デートにも。

http://www.jingugaien-ichomatsuri.jp/


国際的な芸術のお祭り「フェスティバル/トーキョー」


 国内最大級ともいわれる、国際的な舞台芸術フェスティバル。2019年で12回目の開催。毎年約1カ月にわたって、国内外からアーティストが集い、演劇、ダンス、アートなどさまざまなパフォーマンスする。多種多様な価値との出会いをコンセプトに、既存の舞台演劇に囚われない野外演劇や毎年アジアの国を招待し披露、その国独特の舞台芸術など、今まであまり見たことのないようなパフォーマンスも見られる。他にも、演劇のワークショップやディスカッションなどの体験プログラムや学生向けプログラム、写真家や建築家などアートにかかわる職業をしている方々のトークショーなど、さまざまなプログラムが用意されている。

https://www.festival-tokyo.jp/


激安で靴を買える?「靴のめぐみ祭り市」


 浅草玉姫稲荷神社にて行われる靴に感謝をする祭り。毎年春は「こんこん靴市」、秋は「靴のめぐみ祭り市」と名前を変えて行われる。30社以上の靴メーカーが出店、靴をメインに、かばんやベルトなどの10万点以上もの革関連製品を市価より2割から8割程度安く販売する。古靴供養やハイヒールの靴神輿なども行われる。また、シューズが似合う有名人に贈られる「日本シューズベストドレッサー賞」と、オリジナルの靴を公募し、すばらしい靴を制作した若きデザイナーに贈られる「クラフトマン賞」という企画も開催し、受賞した有名人が来場して授賞式を行っている。

https://www.city.taito.lg.jp/index/index.html(台東区ホームページ)




寒くなりすぎないうちに楽しもう!「クリスマスイルミネーション」


 冬のデートスポットといえば、美しいイルミネーション。11月はクリスマスに向けて、イルミネーションの点灯が始まる時期。丸の内イルミネーション、六本木ヒルズ「Roppongi Hills Chistmas」、横浜赤レンガ倉庫のクリスマスマーケット・イルミネーションなど、点灯式も多くあります。11月であれば、クリスマス前後よりも寒さも強くないので、凍えずにイルミネーションを楽しめそう。ゆっくり見られてロマンチックな気分に浸れるのでおすすめ。

本に囲まれるお祭り「神田古本祭り」


 東京では有名な古書街の神田神保町で毎年11月に行われる古書市。1960年から開催されている伝統のあるお祭り。約100万冊ともいわれる古書が靖国通り添いに並ぶ姿は”本の回廊”と呼ばれ、圧巻の光景。純文学などの小説から、学術書や図鑑、写真集まで本であればどんなジャンルも網羅している。本好きなら行けばほしくなる本が見つかること間違いなし。期間中は、神保町の飲食店から屋台も。カレーで有名な神保町らしくカレーの屋台、お酒を売っている屋台もあるので、歩き疲れたらビールにおつまみで休憩というのもよさそう。他にもチャリティーオークションや作家の先生によるトークショーなどのイベントもあり、ヘビーな古書マニアからライトな本好きまで一日楽しめる。

http://jimbou.info/index.html


東京ドームシティ・桜や七夕、富士山も登場【TOKYO ILLUMINATION 2019−2020】
「海と日本PROJECT」今年も開催 東京の離島「神津島」を都内の小学生14人がPR
1日30食限定!長崎にこだわった特別な「ちゃんぽん」銀座に誕生
御代替わりの「大嘗祭」を記念してキラキラ箔押し御朱印を授与
オフィスに1箱の置きみかん「働くひとの西宇和みかん」
有楽町・新橋エリアに大人の遊び場「URACORI」誕生!