「五輪のエンブレムにやられました」 陣内貴美子が語る1992バルセロナ五輪と2020東京五輪【Be Style】

 “~になりたい”――。女性が思う“Be”の部分にフォーカスを当て、さまざまな立場の女性ゲストを招き、仕事や育児、ライフスタイルなどについてクロストークを展開するTBSラジオの新番組「Be Style(ビースタイル)」。

 Nagatacho GRiD[永田町グリッド]にて公開収録された第8・9回目の放送は、MCを務める菊池亜希子さんとともに、スポーツジャーナリスト、ニュースキャスターとして活躍する陣内貴美子さんが登場。切符をつかんだバルセロナ五輪までの紆余曲折、そして新時代を迎える日本バドミントン界について言葉を紡いだ。



 「バドミントンは、緩急の世界。スマッシュ時のシャトルの初速は、時速490キロに上ります。対して、ネット間際のドロップショットは時速0キロ。重力でシャトルが急降下していく。コートの中では、0から490の緩急を使い分ける戦いが行われているんですね。それがバドミントンの魅力です」

 日本バドミントン界のパイオニアである陣内貴美子さんは、屈託のない笑顔でそう話す。

 2020年東京オリンピック・パラリンピックのメダル有力候補の一つとして熱視線を注がれている競技、バドミントン。男子シングルス世界ランキング1位に上り詰めた桃田賢斗選手、リオ五輪女子シングルス銅メダリスト・奥原希望選手、リオ五輪女子ダブルス金メダリスト・“高松ペア”こと高橋礼華選手&松友美佐紀選手……日本のバドミントン界は、黄金期を迎えようとしている。

1 2>>>
部下2000人! 国連職員・加藤美和さんに聞いた 「国連って働きやすいのでしょうか?」
ドッグコミュニケーショントレーナー・小林里香が教える ワンちゃんの個性を伸ばすための“褒め方”
森口博子、ガンダムへの恩と愛を語る 「人生のターニングポイントには、いつもガンダムがいてくれた」
スピーチコンサルタント・矢野香が教える キャリアアップを手繰り寄せる武器としての言葉の使い方
ハヤカワ五味の新たな挑戦、モノを通じて課題を解決する 「生理用品という語られてこなかった文化に、光を照らしたい」
「無理をして成熟した女性を演じていた」 知花くららが明かす、苦悩した想定外の人生