ご当地キャラから食べるムツゴロウまで!「おすすめふるさと博覧会」レポート②

茨城県筑西市のマスコットキャラクター「ちっくん」
『にっぽん自慢ステージ』ではご当地キャラクターや観光大使が登場し、ご当地クイズ大会やゲーム、講座などのステージイベントを開催。ご当地キャラたちは会場内の各ブースでもお茶を振る舞ったり記念写真を撮ったりと大活躍だ。
お茶を振る舞う山口県岩国市由宇町のタウンヒーロー「ユウグレイト」
 そのほかにも『まるごとおいしいスタジオ』では、時間帯によってお茶の飲み比べや利き海苔などのおいしいイベントが盛りだくさん。『ふるさと食堂』ではご当地食材を活かした12種類のメニューが楽しめる。

「おすすめふるさと博覧会」は、東京・浅草の「まるごとにっぽん」3Fの「浅草にっぽん区」にて7月15日まで行われる。
「おすすめふるさと博覧会」
【期間】2019年7月13日(土)〜7月15日(月・祝)
【時間】10〜20時
【会場】「まるごとにっぽん」3F「浅草にっぽん区」(東京都台東区浅草2-6-7)
【料金】入場無料
【参加自治体】岩手県平泉町・一関市・奥州市(世界遺産 平泉圏域)、茨城県筑西市、静岡県浜松市、愛知県豊橋市・東三河、兵庫県養父市、広島県神石高原町(備後圏域)、広島県呉市(広島中央地域連携中枢都市圏)、山口県岩国市、高知県れんけいこうち広域都市圏(こうちプレミアム)、福岡県柳川市、鹿児島県南九州市、鹿児島県西之表市(種子島)
【URL】https://marugotonippon.com/
<<< 1 2 3
パラ卓球のアート展が渋谷で開幕。パラスポーツ×アーティストのコラボで新たな魅力届ける
日本のこだわりチョコやカカオ豆で作るDIYチョコも!「松屋銀座」のバレンタインフェア
【開催延期】クラファンで製作された巨大ゾッド像も登場! 初の単独大規模作品展「大ベルセルク展」
深海生物は冬が“旬”!? 「ゾクゾク深海生物2021」
凛々しくも可憐「クリスマスローズ」の魅力伝える国内最大規模の本格展覧会
煉獄さん「鬼滅」「うまい!」モードも選択可能の日輪刀が大人向けアイテムとして登場