新宿の守り神「花園神社」酉の市に恒例の見世物小屋が登場!

大鳥居から入ってすぐ左手に構える「見世物小屋」
 そんな花園神社の酉の市の最大の特長といえるのが、境内でひらかれる「見世物小屋」だ。現存する最後の見世物小屋「大寅興行社」が興行しており、現在は劇団とコラボレーションしながらパフォーマンスを行なっている。今年の演目は「デリシャスウィートス」とのコラボで「カッパ御殿」。料金は大人800円、小人500円、幼児300円で入場したところから同じところまで見て出口で料金を支払う。あっと驚くようなものから思わず笑ってしまうものまで、玉石混交のパフォーマンスは一見の価値ありだ。

今年の演目は「デリシャスウィートス」の「カッパ御殿」