「切る」とは何かを体験できる『貝印プレゼンツ「切るとは」展』

 六本木の東京ミッドタウン アトリウムにて、2019年に創業111周年を迎えた総合刃物メーカー貝印の体験型イベント『貝印プレゼンツ「切るとは」展』が行われている。「切る」とは何かを知ることができる辞典の中に入り込み、「切る」行為を見つめ直すというコンセプトで、視覚・聴覚・触覚などさまざまな角度から「切る」ことについて表現する。

 会場ではスマートフォンが配布され、「切る」を体験できる5つのコンテンツをご用意。それぞれのコンテンツでARスタンプを集め、5つのスタンプを集めると貝印商品がプレゼントされる(先着順、なくなり次第終了)。
「KAI HISTORY」
 受付でスマートフォンを受け取って会場奥に進むと、最初のコンテンツ「KAI HISTORY」。大きな辞典型のヒストリーボードで、貝印の111年の歩みを振り返ることができる。その手前には「KAI SHOWCASE」。貝印の三大商品である「包丁」、「ツメキリ」、「カミソリ」などが展示されている。身近な刃物に、用途に応じてこんなに種類があるなんて驚き!

「KAI SHOWCASE」
1 2 3>>>
【写真特集】老舗ホストクラブ「愛本店」ラストを飾るカフェ営業に行ってみた
世界一のインスタ映え!?老舗ホストクラブ「愛本店」ラストを飾るカフェ営業に行ってみた
国立科学博物館を独り占め!VRコンテンツ「かはくVR」公開【今日のおうち時間】
【開催中止】超人気「うんこドリル」コラボ 東京ドームシティで金のうんこ探し
有楽町に本の世界に迷い込むキャンディショップ『絵本の中のスイーツBAR』出現!
震災から9年、倉本聰が福島・夜の森の木を描いた絵画展が開幕