「切る」とは何かを体験できる『貝印プレゼンツ「切るとは」展』

 六本木の東京ミッドタウン アトリウムにて、2019年に創業111周年を迎えた総合刃物メーカー貝印の体験型イベント『貝印プレゼンツ「切るとは」展』が行われている。「切る」とは何かを知ることができる辞典の中に入り込み、「切る」行為を見つめ直すというコンセプトで、視覚・聴覚・触覚などさまざまな角度から「切る」ことについて表現する。

 会場ではスマートフォンが配布され、「切る」を体験できる5つのコンテンツをご用意。それぞれのコンテンツでARスタンプを集め、5つのスタンプを集めると貝印商品がプレゼントされる(先着順、なくなり次第終了)。
「KAI HISTORY」
 受付でスマートフォンを受け取って会場奥に進むと、最初のコンテンツ「KAI HISTORY」。大きな辞典型のヒストリーボードで、貝印の111年の歩みを振り返ることができる。その手前には「KAI SHOWCASE」。貝印の三大商品である「包丁」、「ツメキリ」、「カミソリ」などが展示されている。身近な刃物に、用途に応じてこんなに種類があるなんて驚き!

「KAI SHOWCASE」
1 2 3>>>
回され続けて40年!実はハンガリー生まれ「ルービックキューブ40周年展」開幕
ステイホームで東京ゲームショウ「東京ゲームショウ2020オンライン」
ドラえもんの50年をふりかえる 川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム
屋久島や小笠原の自然美を堪能。国立科学博物館の企画展がスタート
貴重なクレイ人形や撮影フィルムも!「ピングー」40周年、銀座で初の大規模展
世界で一番有名なペンギン「ピングー」 松屋銀座で40周年を記念した展覧会